元ブログ記事No.12 私がゆづくんファンだと言えない理由 | 君の見ている風景

君の見ている風景

魅了されたきっかけは2011年GPFの悲愴&ロミオ。何年経っても変わらない羽生結弦くんのスケートに対する情熱に今も惹かれ続け、心から応援中✧✧✧


テーマ:
私がゆづくんファンだと言えない理由
2012-08-24 20:17:36


私がゆづくんと出会ってもうすぐ1年が経とうとしています


毎日家事に育児に、そして時間がある時にゆづくんの動画や本を見たり、ブログを書いたりの生活が当たり前のこの頃


去年の今頃は何をして楽しんでいたのかも忘れるくらいに自分の生活は変わりました


羽生結弦という1人のスケーターに出会ってから





それからは色々なことが想定外


今までアイドルや俳優さんを「かっこいいなあ、好みだなあ」とは思ったことはあるけれど、ここまで夢中になるのは想定外


そしてそれをきっかけにブログを始めてしまったのも想定外





そして一番の想定外は、ゆづくんの「17歳」という年齢


これが私にとってはなんとも悩ましい問題で…





実は、今でもパパにはゆづくんファンということを明かしていません


ましてやブログで好きな思いを全開で綴っているとは夢にも思ってないでしょう


一応私のフィギュア好きには理解を示してしてくれていますが、サッカーや野球など点を入れて勝ちの決まる明解なスポーツを好むパパには、体で表現して採点するというのはあまり興味がないみたいで…


しかも男子フィギュアは女性的な要素も入っているので、いつも一歩引いている感じ


パパにはある程度こういうタイプが好きということは言ってはあるけれど、それがこの年齢… 


しかもヒラヒラ着て滑ってる(笑)





17歳のゆづくんは、私には何もかもがキラキラし過ぎて、眩しくて…


でも私はある程度もう年のいった人間で


「好き」って思うこと自体申し訳ないというか…
禁止事項というか…


いいのかな?って気持ちにさえ感じることがあって


それでもやっぱり、ゆづくんに惹かれる思いは増すばかり…




育児疲れや色々なことで悩んでいた時期、ゆづくんが震災で大変な経験をしたこと、リンクを失って各地を転々としながら練習していたことを知った

僅か17歳の男の子があれだけのスケート技術と表現力を持っているのもさることながら、限られた環境で最大限の努力を懸命にしていることに、本当に純粋に感動して尊敬の気持ちすら感じた


そしてあの世界フィギュアの演技でそれを見せてくれて...


彼の頑張る姿は、私に与えられた環境で頑張っていこうという気持ちを与えてくれた


ゆづくんを見続けていくことは、毎日の楽しみになり、刺激になっていった





でもこの感動を、大好き!という気持ちをパパにはやっぱり言えなくて...


周りにも好きって人がいなくて、こっそりブログも始めた


思い切ってブログを始めたことで、沢山私と同じ思いを持っている人がいることを知った


そして、ブログで思いを共有出来る方々にも出会えた





毎日毎日ゆづくんを見るのが嬉しくて、ずっとゆづくんのことばかり考えて…


この気持ちは恋?とも考えたけど…
何かそれとも違う気がして


現実的に距離が計れる人でないと、私はやっぱり恋とは呼べないから


だけど、私の中ですでにゆづくんは大切な存在なことは間違いなく


もしゆづくんという存在を失ってしまったら、心にぽっかりと大きな穴が空いてしまうのも間違いなく


…とはいえ、これが恋なのかというと、非常に微妙…


未だにその答えは出せないけど、私はこの気持ちが決して嫌いではないし、むしろこの微妙さを楽しんでいるのかも?


それは恋が始まる前の、憧れにも似たドキドキな時期


そんな想いが一生続くのも悪くないなあって




とはいえ、いつまでこうしているのかな…


ゆづくんがもう少し大人になったらファンだと言えるようになるのかな?


少しづつ小出しにしてみようかな…


でもでも、やっぱりゆづくんがキラキラ過ぎて...
言えません‼︎(笑)




今確実に言えることは、私にとってゆづくんがかけがえのない存在ということ


時には癒しをくれたり、ドキドキをくれたり、時には頑張る姿を見て私も!と思えること


毎日を送る上での刺激や活力になってくれる存在ということ


家族以外でこんな存在に出会えるなんて思ってもみなかった


遠い存在で気持ちもなかなか届けられないけど、毎日ありがとうの感謝を込めて…




ゆづくん、これからもあなたが大好き!


 

そう沢山言わせて下さい!














ここまでが元ブログで過去に書いた記事です
お付き合い下さった皆様、ありがとうございました




今回の記事は、私が結弦くんファンだとパパになかなかカミングアウトできずに悩むお話です


なかなか言えない...とこの時ブログで書いてから、なんとこの後4年もカミングアウトできないでいました!


びっくりしますよねw
もう自分で呆れますwww 


パパはいつ私の心に気がついたのか...
もう改めて聞きたくありませんがw


無事カミングアウトして、今パパはすっかり私のファン活動を応援してくれています


先日のパレードも快く送り出してくれて...
パレードの結弦くんの写真もパパにLINEで送ったりとか


この頃が懐かしいです


かなり先にカミングアウトの時の記事が出てくるので、そちらの記事も是非笑いながら読んで下さいね





結弦くんに対しての気持ちは、この時が一番微妙な時期でした


この時たぶん、心の中では自分の気持ちにもう気づいていると思います


もうきっと、きっかけさえあればグラッと行っちゃうくらいでしたね


そのきっかけが、しばらく後にやってくるのですが...


今は恋愛感情とは別な場所にいるので、この頃の自分の感情はとてもキラキラした大切な思い出です






元ブログに残した記事は私の応援の記録でもありますが、同時に結弦くんに対しての気持ちと想いの変化の記録でもあります


大事にしたい想いがたくさん詰まっています


そんなものも過去記事から感じてもらえたらと思っています










今日もご覧下さってありがとうございました


















ランキングに参加させていただいています!


フィギュアスケートランキングへ






くにこさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス