リメイク実例その③【作業工程 後編】 | 国立毛皮工房ブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

国立毛皮工房ブログ

当店の基本コンセプトは「貴重な毛皮を1点ずつ大切に加工すること」です。
工房を兼ねた店舗で、お客様とご一緒に、ご納得いただける1点ものを製作させていただきます。

いよいよ作業も佳境です爆  笑

 

 

レットアウト修正した毛皮をレザーリングにより縫い合わせていきます。

 

 

この段階で綺麗に縫い合わせる技術もさることながら、一本ずつのレットアウトの修正が正確に美しく無ければ縫製技術だけではどうすることも出来ません。

 

 

形になってきましたキラキラ

 

 

正しく精密に加工すれば、自ずと毛皮も綺麗に仕上がります。

 

 

同業者に裏を見られても恥ずかしく無い仕事」ですニヤリ

 

 

 

形を整えます。

 

 

ステープルピンを細かく打ち、ネーリングし、整形します。

 

 

よく見ると沢山のピンが見えます。

 

 

ネーリングしたパーツを縫い上げます。

 

 

 
作業完了です拍手

 

 

 

表はこんなかんじです。

 

これは半製品です。

ここからの部材を取り付け、裏地を縫い付けていきます。