パロミノフロストフォックス | 国立毛皮工房ブログ

国立毛皮工房ブログ

当店の基本コンセプトは「貴重な毛皮を1点ずつ大切に加工すること」です。
工房を兼ねた店舗で、お客様とご一緒に、ご納得いただける1点ものを製作させていただきます。

パロミノフロストフォックスの原皮です。
 
 
パロミノは、白葡萄の品種のひとつでもあり、
亜麻色の鬣と尾を持つ黄褐色の馬やまたその色を意味します。
スペインのイザベラ女王もたいそう好まれた色だそうで、
エルメスはスカーフ等のアイテムに数多く取り入れています。
 
白葡萄にしても、馬の鬣にしても個体差があり、
淡いベージュ系からややブラウンに近い色まで、
色調に幅があるようです。
 
パロミノフロストフォックスは、
その名の通り「パロミノ色の霧」のイメージにマッチした色と質感を持ったフォックスです。
工房にある原皮は、バイヤーが納得できる美しい個体だけを厳選したものです。
 
 
昨年末、成人式用のストールのオーダーも頂戴しました。
シルクの上品な光沢との相性も良くご満足いただけました。
 
工房では、素材の原皮をお選びいただき、
お好みのアイエムにお仕立ていたします。