【エコハウス通信】(3)引越しについて思ったこと 「そらどまとひかりの家」完成見学会 | 国立情報WEBマガジン くにたちハッピースポット

国立情報WEBマガジン くにたちハッピースポット

東京都国立市のハッピー情報をお届けします♪
http://kunitachi.happyspot.jp/


テーマ:

【エコハウス通信】(3)

引越しについて思ったこと

 

前回、マンションから「そらどまの家」で新築した

戸建注文住宅への引越しについて思ったことを書きました。

今回は、引越しの片付けをしてみて感じたことや

考えたことについて書きたいと思います。


・収納量がわかるのが注文住宅のメリットの一つ
注文住宅では、収納の位置や寸法などを

あらかじめ設計の段階で指定することができます。

とはいえ、どのくらいの収納量があるのかは、

なかなか判断できないことも多いと思います。

 

気の利いた設計事務所や工務店の設計者によっては、

引越し前の自宅を一回見て、収納する量などを

把握してから設計してもらえる場合もあります。

 

実際、うちのマンションにも設計の方がいらして、

荷物や家具のサイズを測り、その後設置場所を考えてもらいました。

家事や生活の動きを考えた場所に収納を配置したり、

収納の出し入れしやすい高さや奥行を考えたりと、

居住者に配慮して工夫した設計をしてもらえるのが注文住宅のメリットですね。

 

・段ボールはできるだけ早く処分したい
段ボールは収納性や経済性、重量の面で非常に使いやすいですが、

長期間使用するのは良くないといわれています。

 

それは、段ボールの保湿性がよくてカビが生えやすかったり、

虫が入ってしまったりするからです。

実際に、今回の引越し日は雨で一部段ボールがぬれているところもありました。

冬場でしたのでカビの心配はそれほどありませんが、

それでもあまり気持ちよくはないので、

頑張って早めに荷解きを行い、段ボールを回収してもらいました。

最近では、引っ越し業者が段ボール回収もしてもらえるので、

ごみの日を待たずに済んで便利です。

 

・実際に使ってみながら置き場所の変更も
急いで段ボールの梱包をとき、とりあえず収納してみました。

収納量は十分で、荷物が入らない、ということはありませんでした。

ですが、実際においてみると意外に使いにくかったり、

逆にもっと使いやすいように置き場所を変えた方が

よかったりすることも多くありました。

このあたりは、やはり設計の段階で想定するのは少し難しいですね。


・まとめ
出来るだけスムーズに引越しの片付けを終えると、

その後の生活もしっかりとはじめられるように感じました。

人生の中でそれほど多くありませんが、

引越しの片付けの際の参考になれば幸いです。

 

 

「そらどまとひかり 日野の家」完成見学会開催

3/30(土)・31(日)
一般社団法人エコハウス研究会・監修

「そらどまとひかり・日野の家」完成見学会を開催します。

エコな暮らしを実際に“体感”してみませんか?

詳細お申し込みはコチラから

主催:一般社団法人エコハウス研究会 http://ecohouse.ac/

 

【エコハウス通信】

<バックナンバー>

①太陽と地球が住まいと暮らしをやさしく包む「そらどまとひかりの家」

②「そらどまとひかりの家」へ、いざ引っ越し!

 

 

国立情報WEBマガジン くにたちハッピースポット
http://kunitachi.happyspot.jp/
https://www.facebook.com/kunitachi.happy.spot
https://twitter.com/Kunitachi_Happy

 

国立情報WEBマガジン くにたちハッピースポットさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります