連載【国立北口 探検隊 #13 黄色い鳥器店】 | 国立情報WEBマガジン くにたちハッピースポット

国立情報WEBマガジン くにたちハッピースポット

東京都国立市のハッピー情報をお届けします♪
http://kunitachi.happyspot.jp/


テーマ:

連載【国立北口 探検隊 #13 黄色い鳥器店】

 

「ガシャン!」

年に1回くらいは食器を割ることがありますよね。お酒が好きな人だと、もう少し頻度は高いかも知れません。
割れてしまったのはお気に入りのコーヒーカップかも知れませんし、使い勝手の良かったお皿かも知れません。ともあれ、覆水盆に返らず。過ぎたことをクヨクヨしていても始まりません。春は別れと出会いの季節。新しいお気に入りを探しに、くにきたに向かいましょう。

 

線路沿いを立川方面に3分。卓球専門店「多摩スポーツ」の2階が今回ご紹介する「黄色い鳥器店」さんです。外階段を上り、店内へ入りましょう。

 

明るい店内には陶芸の器を中心に、網かごや木のさじ、アクセサリーや絵ハガキ。店主の高橋さんが「ピンときた」作家さんの作品が並びます。品数が多いのに、統一感のあるこの店内。それはきっとこの「ピンときた」がキーポイント!

緑茶をいただきながらお話を伺っていると、徐々にではありますが、その理由が垣間見えてきました。印象に残った言葉と写真でお送りします。

 

「自分のお店にしかないものを扱いたい」

黄色い鳥器店には遠くからのお客さんも訪れるとのこと。日本国内だけではなく、海外の方も見えると言うから驚きです。その理由は簡単、このお店でないと出会えない作品があるからとのお話。
ふむふむと納得する一方、「そういった作品、そもそもどこから見つけてくるのかな?」と言う単純な疑問が浮かんできました。

 

「誠実な人が作った作品は、誠実な作品になる」

長らく器の業界にいた高橋さん、ご自身が制作を学んでいた時期もあり、多くの作家さんと交流があります。その繋がりから、新たな作家さんとの出会いがあるとのこと。
作家の持つ誠実さは、その作品にも反映される。これってモノに関わらず、文章や音楽にも通じるところがありそうです。

 

「自分の目で見て判断する」

通販は行わず、店頭販売のみを行う理由は「作品をちゃんと手に取って、自分の目で見て欲しいから」。時々地方に出かけては、自分が見て気に入ったもの、お店に置きたいと思ったものを買ってくるのだとか。

 

今回の探検隊、正直、個々の作品の価値を完全に理解するには至りませんでした。が、お店全体に漂う心地よさ、その理由は少しだけわかった気がします。

器が好きな人も、ちょっとだけ興味がある人も、全然わからない人も。どんな人も居心地よく感じられる、大きい器の、ではなく、器の大きいお店です。


黄色い鳥器店

〒186-0001 東京都国立市北 1-12-2 2F
TEL 042-537-8502

【営業日】
12:00~19:00
月曜・火曜定休

http://kiiroi-tori.com/

 

 

<書いている人>
自称うぉーりー。
国立うまれの国立育ち、と見せかけた国分寺うまれ。
北口育ちにはありがちな、国立×国分寺のハイブリッド。
国境はめったに飛び越えないが、市境は毎日飛び越える。
北口エリアで探してください。

 

協力 くにきたべーす

 

≪バックナンバー≫

#1 くにきたべーす

#2 ワインバル うららかくにたち

#3 ひかりプラザ

#4 福田屋

#5 嶋寿し

#6 Found & Made

#7 Regalo

#8 たとぱに

#9 餅や蔵王

#10 公園

#11 KWEEBUU

#12 くにきたべーす

 

※連載【国立北口 探検隊】は毎月20日掲載予定です。お楽しみに!

 

 

国立情報WEBマガジン くにたちハッピースポット
http://kunitachi.happyspot.jp/

https://www.facebook.com/kunitachi.happy.spot

https://twitter.com/Kunitachi_Happy

 

 

国立情報WEBマガジン くにたちハッピースポットさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります