国立情報WEBマガジン くにたちハッピースポット

東京都国立市のハッピー情報をお届けします♪
http://kunitachi.happyspot.jp/


テーマ:

連載【国立北口探検 #8 たとぱに

 

春の訪れを感じるようになりましたね。

この春、新しい生活を始める方もいるかもしれません。

部屋の模様替えをしてみるのもいいですね。

さて、どこから変えていきましょうか。

ベッドなどの大型の家具は処分も含めて大変そう。

それでもガラッと雰囲気を変えたい場合、カーテンを変えるのも良いですね。

でもどこにでもあるカーテンじゃつまらないし・・・。

貴方だけのカーテンを探しに、くにきたに行きましょう。

 

北口を出て立川方向へ。

廃線を利用した散歩道、ポッポみちを抜けた先が今回の目的地、「たとぱに」さんです。

お店は南向きで明るい雰囲気。

早速戸を開けて入ってみましょうか。

店内には自然素材を用いたインテリアや小物が並んでいます。

まずは右手に並んでいるカーテンから見てみましょう。

 

自然の綿を使ったカーテンはどれも優しく、落ち着いた色合い。

自分の好きなもの、好きな素材に囲まれて暮らしたい。

そんな風に考える方が多く来店するのだとか。

カーテンの前には照明やモビールも飾ってあり、

なるほど、こう言った雰囲気に憧れるのも良くわかります。

 

左手には手織物が積まれています。

これらの手織物は床にラグとして敷くだけではなく、壁に飾ったりもするのだとか。

壁にラグと聞くとちょっと違和感がありますが、

タペストリーと言われれば、なるほどと納得される方もいるかもしれません。

 

見せて頂いたものはメキシコの手織物。

そう言えば以前ご紹介したFound & Madeさんは北欧の織物でしたね。

両方のお店を訪ねて、北欧と中米の違いを見比べるのも面白そうです。

 

すきの紙も扱っています。手すきの紙って何に使えばいいの?と言う人もご安心ください。

下に敷いても良いし、張り付けても良い。自由に使っていいんです。だって紙なんですから。
壁紙としてペタペタ張ってしまうのも良いですよ、とのお話。

霧吹きで水をかければ綺麗に剥がれるので、賃貸でもチャレンジ出来そうです。

 

いきなり内装はちょっとハードルが高いかも…と言う方もご安心。

ハンドタオルや靴下などの小物も扱っています。

まずは自分で肌触りを確かめてみてはいかがでしょうか?

千里の道も一歩から。

憧れの生活への道は一足の靴下から、かも知れませんね。

 

 

たとぱに

〒186-0001

東京都国立市北2-6-2
Tel/Fax :042-574-2169

 

【営業日】
火~金 / 11:00~5:00
土,月の最後の日曜日 / 11:00~6:00
【休店日】
月,日曜日,祝日
http://tatopani.jp/

 

 

<書いている人>
自称うぉーりー。
国立うまれの国立育ち、と見せかけた国分寺うまれ。
北口育ちにはありがちな、国立×国分寺のハイブリッド。
国境はめったに飛び越えないが、市境は毎日飛び越える。
北口エリアで探してください。

 

協力 くにきたべーす

 

≪バックナンバー≫

#1 くにきたべーす

#2 ワインバル うららかくにたち

#3 ひかりプラザ

#4 福田屋

#5 嶋寿し

#6 Found & Made

#7 Regalo

 

※連載【国立北口 探検隊】は毎月5・20日掲載予定です。お楽しみに!

 

 

国立情報WEBマガジン くにたちハッピースポット
http://kunitachi.happyspot.jp/

https://www.facebook.com/kunitachi.happy.spot

https://twitter.com/Kunitachi_Happy

 

 

国立情報WEBマガジン くにたちハッピースポットさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります