連載【国立北口 探検隊 #5 嶋寿し 】 | 国立情報WEBマガジン くにたちハッピースポット

国立情報WEBマガジン くにたちハッピースポット

東京都国立市のハッピー情報をお届けします♪
http://kunitachi.happyspot.jp/


テーマ:

連載【国立北口 探検隊 #5 嶋寿し】

 

「今夜はワインが飲みたいわ。フレンチに行きましょうよ。」
「いやー、俺は米が食べたいんだよな。夕飯は寿司にしようよ。」
「嫌。私はフランス料理がいいの。そういう気分なの。わかるでしょ?」
「何を言ってるんだよ。俺は和食派だっていっつも言ってるじゃないか!!!」

 

よくあるケンカですね。
こんな時、寿司とフレンチが一緒に食べられるお店があればいいのですが…!!

 

はい、国立北口にはあります。
さすが国立北口、なんでもありですね。
早速覗いてみましょう。

 

駅から5分ほど北に歩くと、歴史を感じさせる
「光ショッピングセンター」の看板が右手に見えます。
このショッピングセンター、実は侮れない穴場。
またご紹介する機会があるかもしれません。

 

本日ご紹介するお店は「嶋寿し」。
こてこてのお寿司屋さんの門構えですが、臆せず入ってみましょう。
おっと、カウンター席はスーツのお父さん達の憩いの場になっているようですね。
ここはテーブル席で様子を見ましょう。

 

まずはお寿司屋さんですので、握りから行ってみましょう。
「松竹梅」の中から選ぶのが無難ですね。
「大将!竹ひとつ!」
「アイヨッ!!」
キャッチボールの様に気持ちいい返答。
こちらのお店では店主は「大将」が基本です。

 

どのネタも美味でしたが、個人的にはイカが一押し。
甘みがあり、舌でとろける一品です。
さて、いよいよ真相に迫りましょうか。
店内の黒板を覗くと、確かにそこにはフレンチのメニューが。
お魚を食べた後なので、お肉にしてみましょうか。
「大将!テリーヌひとつ!」
「アイヨッ!!」

 

ごく自然にテリーヌが運ばれてきます。
聞けば息子さんがフレンチのお店に勤めていたとの事。
現在は大将のサポートをしつつ、フレンチも提供しているとのお話です。

お寿司屋さんですので、お箸で頂きます。
オリーブの香りを楽しみつつ、お肉の味を活かしたテリーヌをパクリ。
うーん、これはワインが欲しくなるやつですね。

 

ご安心ください。ワインもちゃんとそろっています。
女性にはシナモン香るサングリアも。しかもグラスがデカい!
隣にiPhone並べるべきでしたね。
たっぷり楽しめるサイズです。

ちょっとした変化球かと思いきや、お寿司もフレンチも本格派。
光ショッピングセンターの誇る二刀流、是非ご賞味あれ。

 

 

 


<書いている人>
自称うぉーりー。
国立うまれの国立育ち、と見せかけた国分寺うまれ。
北口育ちにはありがちな、国立×国分寺のハイブリッド。
国境はめったに飛び越えないが、市境は毎日飛び越える。
北口エリアで探してください。

 

協力 くにきたべーす

2/17(土)・18(日) 「きたいち」開催!

 

≪バックナンバー≫

#1 くにきたべーす

#2 ワインバル うららかくにたち

#3 ひかりプラザ

#4 福田屋

 

※連載【国立北口 探検隊】は毎月5・20日掲載予定です。お楽しみに!

 

 

国立情報WEBマガジン くにたちハッピースポット
http://kunitachi.happyspot.jp/

https://www.facebook.com/kunitachi.happy.spot

https://twitter.com/Kunitachi_Happy

 

国立情報WEBマガジン くにたちハッピースポットさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります