連載【国立北口 探検隊 #4 福田屋】 | 国立情報WEBマガジン くにたちハッピースポット

国立情報WEBマガジン くにたちハッピースポット

東京都国立市のハッピー情報をお届けします♪
http://kunitachi.happyspot.jp/


テーマ:

連載【国立北口 探検隊 #4 福田屋】

 

寒い日が続きますね。
皆さん、寒い夜は何が食べたくなります?ラーメン?

 

いいえ、あなた方の体にも江戸っ子の血が流れているはずです。

江戸と言うには田舎のこの多摩地域、それでもDNAに刻まれた記憶があるはずです。

そう、寒い夜には「そば」。暖かいかけそばを食べに出かけましょう。

 

国立駅から北口に歩くこと4分。輝く看板と昔ながらののれん。

福田屋は道路の西側、あらかじめ立川寄りの歩道を歩くと良いでしょう。

小粋にのれんを跳ね上げ、お店に入りましょう。

 

早速温かいお蕎麦・・・と行きたいところですが、今回はじっくりと行きましょう。

「そば焼酎のお湯割りとお新香、頼めますか?」まずはここから攻めていきましょう。

 

 

そば焼酎をそば湯で割る。そばとそばの奇跡のマリアージュです。

その味は・・・どこまでも柔らかい。包み込むような温かさに包まれます。

そしてお新香。カブは少し浅漬け、キュウリはしっかりと深い。

ソフトなそば焼酎に心地よいリズムをもたらします。

 

おっと、肝心なお蕎麦を頼み忘れてはいけません。

少々時間がかかりますので、最初に合わせて注文しても良いでしょう。

お蕎麦はどれもリーズナブル、好みのものを頼んで大丈夫です。

今回は「月見」を注文。

 

メインディッシュ、ではなくメインボールの到着です。

こちらのお蕎麦、麺はやや柔らかめ。そして、量が多い。

〆のお蕎麦と言うにはたっぷりなボリューム、メインと考えておいた方が無難です。
焼酎は一旦休憩、お蕎麦を啜りましょう。

汁の味付けも濃くないので、一気に食べても抵抗ありません。

お腹が程よく満たされるはずです。

 

さて、そろそろ焼酎を再開・・・あれ?お新香がもうない!!
そんな貴方にも、暖かい救いの手が差し伸べられています。

お蕎麦の運ばれてきたお盆をもう一度よく見てください。

 

そう、冷ややっこ。

けして大きくはありませんが、きちんと薬味ののった冷ややっこがあなたを待っています。

そばの余韻を楽しみつつ、最後はさっぱりと冷ややっこで〆ましょう。
隣のテーブルではビールをゆっくりと傾けるお父さん。お互い、言葉は不要です。

店内には今日一日の疲れをねぎらう、ゆっくりした空気が流れていきます。

 

福田屋さん、実は「裏メニュー」も豊富との噂ですが、既に紙面一杯、お腹もいっぱいです。

裏メニューのレポートは、また次の機会に。

 

 

福田屋
東京都国分寺市光町1-44-22
国立駅北口から徒歩10分
042-575-2256
11:00~20:00
日曜定休

 


<書いている人>
自称うぉーりー。
国立うまれの国立育ち、と見せかけた国分寺うまれ。
北口育ちにはありがちな、国立×国分寺のハイブリッド。
国境はめったに飛び越えないが、市境は毎日飛び越える。
北口エリアで探してください。

 

 

協力 くにきたべーす

 

 

≪バックナンバー≫

#1 くにきたべーす

#2 ワインバル うららかくにたち

#3 ひかりプラザ

 

※連載【国立北口 探検隊】は毎月5・20日掲載予定です。お楽しみに!

 

 

国立情報WEBマガジン くにたちハッピースポット
http://kunitachi.happyspot.jp/

https://www.facebook.com/kunitachi.happy.spot
 

 

国立情報WEBマガジン くにたちハッピースポットさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります