連載【国立北口 探検隊 #6 Found & Made】 | 国立情報WEBマガジン くにたちハッピースポット

国立情報WEBマガジン くにたちハッピースポット

東京都国立市のハッピー情報をお届けします♪
http://kunitachi.happyspot.jp/


テーマ:

連載【国立北口 探検隊 #6 Found & Made】

 

「いいですか、決してこの扉を開けてはいけませんよ」
娘はそう言って奥の部屋へと消えていきます。

部屋からは毎夜、コトンコトンと言う音が…。

 

みなさんご存知、「鶴の恩返し」ですね。

でも機織り機なんて実際に見たことがあります?

実は国立北口にはあるんです。

素敵な手工芸のお店なので、お散歩がてら探しに行きましょうか。

 

駅を出てから左手、立川方面へ。

あとはひたすら線路沿いをまっ直ぐです。

途中から住宅地を抜け、10分ちょっと歩きます。

そろそろかな?と思った頃に道が大きく開けてきます。

お店の前の看板と、ちょっとゴツい車が目印です。

 

建物は1階が旦那さんのデザイン事務所、

2階が奥さんであるオーナーの営む手工芸店となっています。

デザイン事務所には木工の作業場も併設されており、

こちらも気になるところですが、今回は2階へ。

 

スウェーデンのサマースクールに参加し、その時にお店のイメージが出来たそうです。

それを旦那さんが実際に形にしたとの事…、なのですが。

さらっとお話してくれましたが、なかなか普通は出来ないですよね。

元はお寿司屋さんだったお店を、旦那さんがコツコツ1年ほどかけて改装したそうです。

 

お店に置いてある品物は織物用の糸を中心に、

手工芸の道具や実際の作品、変わった所では食器やライトもあります。

オーナーがデザイン、旦那さんが作った織物キットも販売されており、

ここでも夫婦のコンビネーションが遺憾なく発揮されています。

 

オーナーの織物に対する知識と情熱には圧倒されます。

日本とヨーロッパの織物の違い、

なぜスウェーデンの糸を輸入しているのか、

道具の選び方について…。

 

お店には小さな作業スペースも併設されています。

オーナーのアドバイスを受けながら、

手編みを始めてみるのも良いかもしれません。

全ての手織りはスウェーデンに通じるのかも、とのお話も伺いました。

国立北口から北欧への扉が開かれる…かも。

 

 


<書いている人>
自称うぉーりー。
国立うまれの国立育ち、と見せかけた国分寺うまれ。
北口育ちにはありがちな、国立×国分寺のハイブリッド。
国境はめったに飛び越えないが、市境は毎日飛び越える。
北口エリアで探してください。

 

協力 くにきたべーす

https://www.facebook.com/kunikita.base/

 

※連載【国立北口 探検隊】は毎月5・20日掲載予定です。お楽しみに!

 

≪バックナンバー≫

#1 くにきたべーす

#2 ワインバル うららかくにたち

#3 ひかりプラザ

#4 福田屋

#5 嶋寿し

 

 

国立情報WEBマガジン くにたちハッピースポット
http://kunitachi.happyspot.jp/

https://www.facebook.com/kunitachi.happy.spot

 

国立情報WEBマガジン くにたちハッピースポットさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります