ダイエットに効くお茶 No259 | kunistyleのブログ

kunistyleのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

kunistyle japanの原です。


ダイエットに効くお茶ってあるのか調べてみました  NO259


まず、ダイエット効果が期待出来るお茶の特徴ですが


①便秘改善


②冷えの改善


③血糖値を下げる


④脂肪燃焼を高める


⑤食べ過ぎを防止する


が上げられます。





ではさっそくこの特徴にあわせて紹介していきたいと思います。


便秘改善


「たんぽぽ茶」

たんぽぽの根や茎、葉を煎じて飲むのがたんぽぽ茶です。

たんぽぽ茶に含まれるイヌリンは水溶性の食物繊維で腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整えお通じを促します。

ノンカフェインです。


「よもぎ茶」

よもぎには食物繊維の他、葉緑素のクロロフィルが含まれており、小腸の蓄積した有害物質を排出して腸内環境を整える働きがあると言われてます。


「ごぼう茶」

ごぼうには不溶性、水溶性両方の食物繊維が含まれていて便秘解消に効果があると言われてます。





冷えの改善(むくみ解消)


「黒豆茶」

黒豆には、イソフラボンやポリフェノールといった血液の流れを促進する成分が含まれています。

血行が促進されると、体に溜まった余分な水分や老廃物の排出が促されるため、むくみ解消に効果があると言われてます。


「とうもろこし茶」

とうもろこしには体内の余分な水分を排出する働きに優れたカリウムが多く含まれることから、むくみ改善に効果があると言われてます。


「ルイボスティー」

アスパラスリネアリスという植物の根から作られるお茶で現地では、長きに渡り ”不老不死のお茶” として親しまれています。

様々なミネラルが含まれており、血行を促進してむくみを解消すると言われてます。





セルライトに効くお茶


「杜仲茶」

主成分であるゲニポシド酸やグッタペルカという成分には食事によって摂取した脂肪の蓄積を抑えるだけではなく、すでに溜まってしまった脂肪を分解して排出する働きがあることから、セルライトの解消にも効果があると言われてます。


「明日葉茶」

緑黄色野菜の王様を称されるほど、数多くの栄養成分を含む明日葉は、カルコンという特有の成分に肥満を抑制し、セルライトを解消する効果があることが分かっています。


「サラシア茶」

原料はインドなどに自生するニシキギ科のツル性樹の幹でサラシア茶に含まれる特有の成分であるサラシノールには体内にすでに溜まってしまった脂肪を分解して排出する働きがあると言われており、セルライトにも効果があると言われてます。


脂肪燃焼に効果のあるお茶


「緑茶」


脂肪燃焼効果が期待出来るカテキン、サボニン、カフェインが多く含まれています。


「プーアル茶」

中国茶の一種でプーアル茶は重合型カテキンと呼ばれる緑茶にはない有効成分が含まれており、食事によって摂取した脂肪の吸収を抑えたり、脂肪分解酵素のリパーゼの働きを活発にする効果があると言われてます。


「黒烏龍茶」


プーアル茶と同じ集合型カテキンが含まれています。

通常の烏龍茶より黒烏龍茶の方が多くの集合型カテキンが含まれている為、色も烏龍茶より黒いです。





食べ過ぎ防止に効果のあるお茶


「ギムネマ茶」

ギムネマ茶には、舌にある味雷と呼ばれる部分の甘さを感じる働きを抑制する作用があることから、ギムネマ茶を飲んだ後でケーキなどを食べても美味しく感じなくなり、自然と食欲を抑えることができると言われてます。


「ガルニシア茶」


原料は東南アジアに自生するオトギソウ科の常緑木の実です。

この実は、カレーなどのスパイスとして古くから使用されており、通常はスパイスによって食欲が増進すると言われていますが、実には食欲を抑える働きがあると言われています。


「ジャスミンティー」


リラックスを促す作用のあるジャスミンティーはストレスなどで過食してしまいそうな時に飲むと気分を落ち着かせてくれるので暴飲暴食を防ぐと言われています。





さてここまで色々なお茶を紹介してきましたが、ダイエットにお勧めのお茶を選ぶ時のポイントと基準ですが


①ご自分にあったお茶を選ぶ

自分がどんなことが原因で太っているかを見極めそれにあったお茶を選ぶことです。


②好みの味で続けられるお茶を選ぶ

ダイエット効果は一日、二日で現れるものではないので毎日飲んでも苦にならない味を選ぶことです。





正しい方法とやり方としては


まずお茶を飲む量ですが一日 1リットルを目安に飲むと良いでしょう。ただあくまでもダイエットにおいて推奨される量なで300ml、500mlでも普段飲まない人にとってはダイエット効果が期待出来ます。


飲むタイミングは

①食事の前


②起床後


③運動や活動の前に飲む


ただ飲むのは冷たいお茶ではなく、常温で温かいお茶を飲むようにしてください。


またお茶には利尿効果があるので日中はたっぷり飲んで大丈夫ですが夜間は適度に飲むようにしましょう。


kunistyle japanの加圧のご予約等はこちらから


kunistyle の shopサイト





kunistyle Ginza さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス