バスソルト | kunistyleのブログ

kunistyleのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
kunistyle 原です。

バスソルトって皆さん使ったことありますか?そもそもバスソルトって何だろう?という方も多いかもしれません。

バスソルトとはハーブや花などの精油で香りがつけられた塩のことです。

主な使用はお風呂やボディースクラブ、足湯、ルームフレグランスとして使用可能です。

バスソルトの歴史は古く紀元前2700年前頃の中国の書物にはすでに多種多様な塩の配合法、用途の記載が残されています。

昔から皮膚疾患の治療に用いられてきたバスソルトは現代も美容ケアの一環として認識されています。

バスソルトの種類は2種類あり
ひとつは 「天然塩のバスソルト」 です。

ヒマラヤ岩塩や死海の海(デッドシーソルト)など塩化ナトリウムを主成分としたバスソルト。
天然塩を成分としたもので塩の産地によって効果、効能が異なりますが、主に保湿効果や老化した皮膚細胞を剥離しやすくする効果があります。

二つ目は
「エプムソルト(硫酸マグネシウム)のバスソルト」 です。

海外セレブやモデルに愛好家の多いエプムソルトは15~16世紀頃のイングラン、エプソムで発見されたエプムソルトを主成分としたバスソルトです。バスソルトといえど塩が含まれておらず水に溶けやすいのが特徴です。

効果や効能としては
保湿効果や
バスソルトを含んだお風呂に入ることで発汗作用がおこり、新陳代謝がアップしお肌の調子を整えてくれたり、
腸の働き改善
肩こりや冷え性にも効果があると言われております。

バスソルトの使い方は

お風呂場で使う場合は
お湯を貼った浴槽に40~50グラムのバスソルトを入れます。入浴時間は10分~20分前後に抑え水分補給をしながら浸かります。

注意点としては
①天然塩が主成分のバスソルトには異物が混入している場合があり、浴槽を傷つけてしまう場合がある為ガーゼのネットや綿の巾着にいれての所用をおすすめします。

②追い焚きをしない。この理由も①と同じ理由です。


③入浴後は浴槽をしっかり洗い塩分を流す

④バスソルトの入ったお湯で頭は洗わない。




ボディーマッサージ
細か目の粒子のバスソルトを選びます。
体の末端から心臓へ向けて強くこすらず体温と水分でバスソルトをゆっくり溶かしながらもみほぐします。
週2ぐらいが目安です。



足湯
こさじ一杯分ぐらいが目安
バスソルトがお湯に全て溶けるくらいの量がちょうどよいです。

ルームフレグランス
小さな布の袋や器に一回分の使用料を入れてお部屋などに置いておくと、ほのかに香ってルームフレグランスのかわりになります。

さてここまで読んでほしくなったあなたに嬉しいお知らせです。kunishopでこのバスソルト販売しております。下記にリンクを張り付けておきますのでご興味ある方はぜひ



20グラム 540円
40グラム 972円
500グラム  3240円

kunistyleのshopはこちらから  http://www.kunishop.net/

kunistyle加圧のご予約はこちらから  http://kunistyle.com/





kunistyle Ginza さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス