【ワシントン共同】24日の安倍晋三首相オバマ米大統領の首脳会談で、

沖縄県・尖閣諸島に対する米 国の防衛義務を明記した共同文書を発表するよう日本側が提案したのに対し、

米側は日本の施政権の及ぶ範囲は防衛義務を定めた日米安全保障条約の対象とする にとどめ、

具体名を盛り込まないよう求めていることが17日、分かった。

日米関係筋が明らかにした。

 「尖閣諸島と書かなくても安保条約の適用範囲であることは十分伝わる」との判断だが、

尖閣諸島の領有権を主張する中国を過度に刺激したくないとの思惑もあるとみられる。

尖閣をめぐる日米の微妙な温度差が浮き彫りになった形だ。