骨格診断を致します。

テーマ:

東京美容外科赤坂院の宮崎です。

 

本日は当院に導入されました

RayScanというコーンビームCTのご紹介です。

 

コーンビームCTは被曝量が少なく、

必要な部位のCTが撮れる優れた検査機器です。

特に、頭蓋顎顔面領域で威力を発揮します。

 

このRayScanは撮影範囲が20㎝x20㎝なので、

顎先から頭頂部近くまでしっかりと撮影ができます。

前額形成術の術前評価も

頰骨骨切り術やVライン形成、

顎矯正手術までも

骨切りに関する全ての術前検査が行えます。

 

この最新機器、まだ日本での導入4台目だそうです。

 

導入を記念して皆様に骨格診断を受けていただきたく、

今回のイベントを企画しました。

 

この機会に気になる輪郭を骨格から診断してみませんか?

お問い合わせは東京美容外科赤坂院へ。

https://www.tkc110.jp/akasaka/