サビ猫感謝デー | ごんしろこうのブログ

ごんしろこうのブログ

徒然なるままに、家猫、保護猫、動物ボランティア等


美人さんの避妊手術とニコ


断尾手術が終わってニコ

世界で一番サビ猫を愛するラブラブラブラブ
獣医に手厚く手厚くラブラブラブラブ
対処して貰ったのでニコ


回復期には、そう!!
こちら💁‍♀️


エナジーチュールも付けてラブラブ

早く回復しておばあさんの元に
戻れるよう頑張るにゃんよ音譜

この美人さんはS京線高架下付近の
おばあさんがご飯あげてる
猫さんでしてぐすん


足掛け数年に及ぶTNRと
数百時間による
献身的なポラさんの努力の
交渉の上やっと避妊手術に
こぎつけました笑い泣き笑い泣き

そんな年寄り無視して手術して
しまえば良いのにグラサン

と、言う方もおりますショボーン

でも、少しだけ
想像してみてくださいショボーン
自分の40年後…うーん

40年間高架下に捨てられてきた
猫達のご飯や病気をみてきた
90代のおばあさんショボーン
40年前はTNRなんて無かったし
動物病院も今ほど無かったはずですニコ
でも何か高架下の猫達に何か
出来る事はないか?と餌やり
し続けて、出来る範囲で手術してきた
けれど到底追いついていきませんショボーン

気がつけば猫だらけになっていてえーん
自分でも良い事をしていたはずが
皆から反対されてえーん

おばあさん
悔しかったと思いますショボーン
40年前はこんなに沢山の
薬や治療法も無くて…
救えなくて助けられなくて…ショボーン
獣医への信頼も
無くなっていったと思います…ショボーン

でも、何時間も何日も何ヶ月も
時間をかけて ニコ
交渉役のポラさんが話し合って
少しずつ おばあさんとの
信頼が出来はじめて来て照れ

徐々に
あの猫も、この猫も おばあさんの
家にご飯食べに来る猫の手術を
許してもらえるようになって爆笑
ずっとずっと心配していた
美人サビ猫さんの断尾と避妊手術が
実現しました照れ

90歳の高齢なので術後抜糸までの
保護が難しい、との事で
抜糸まで うちの倉庫部屋にて
一時保護しますあせるあせる

AD缶で元気になろうねおーっ!



そんな事を考えながらぶー
美人さん用のケージを組み立てして
ましたところ
電話が☎️鳴りましてあせるあせる



今度はこちらのサビ猫
捕獲であせるあせる

一日中サビ猫さんデーでした汗汗