A-Yoga for Trainers 京都勉強会、からの夢を語れ! | Feel the Vibes Yogi的人生の旅

Feel the Vibes Yogi的人生の旅

アスレティックトレーナーでありA-Yoga主宰者
身体を動かすことで人生を豊かにする道の追求ダイアリー


テーマ:
昨日はA-Yoga for Trainers 京都の勉強会でした。
1月に開催した1回目。
今回もたくさんの皆さんが参加してくださいました。

半年の間に試してみて感じた事、疑問
考え方をどう実践に反映させていくか。

スタートはみんなの近況報告。
様々な現場でみなさんいろいろと試して発見があったようでとても楽しいスタートでした。

目のトレーニングはとても重要なポイント。
まずは目のトレーニングで遊ぶという時間。

{C91EFD48-1278-4D47-8EB3-34DE78F9BAC1}



何が正解か、、、は動きがよくなれば、体が楽になればそれでよし、という判断で十分だと思います。


{CCB1BEF7-1DA1-4442-B911-8A89DD6628EA}


主体性の持てない人にどう意識づけしていくのか。
受け身
やらされている
自分から行動ができない、、、

これはアスリートにも一般の方にもよくあることですよね。

なぜ自分事として物事を受け取れていないのか、、、。
そのためにトレーナーとしてできることは何か、、、。

内受容の大切さ、そのポイントも少し話して。
感覚というフィードバックが内受容として自分事になり、主体性を生み出す可能性があることを実践の中で体験、そして結果が見えてくれば、きっとその体験は強化されるはず。


{6E9F1AFF-C100-4E26-AC2C-77593AEA16B1}


考え方をもとに、みんなでテーマを決めて実践につなげるワーク。
3つのグループがそれぞれ違った進め方をしていて、見ていて面白かったです。

この”やじろべい”組は何をしているのか?
これにも意図があります。
フェルデンクライス的に作り上げることもできるなぁ、、、とアドバイスを伝えながら私の中でイメージが広がりました。


{5177420A-E144-46F4-9847-807A7624E3FE}



2か月前にアキレス腱を断裂して、保存療法で回復に向かっているゴッキーの固くなった軟組織の感覚も不思議でした。それでも触ればそこには細胞の粒がきちんと存在している感じはあった。

最後にみんなで45分くらいがっつり動いて。
みんな汗だく。
心拍数も上がって、きつい、、、と感じるのに、終わるとすっきり、不思議ですよね。
多くの人が、キューイングの質とタイミング、そしてタッチがどれだけ体に変化を与えるうえで大切かを実感したといってくれていたので、そこのヒントをあげることができたのであればと思います。

半年ごと位に集まって勉強会をしたいとみんなが言ってくれたので、また考えたいと思います。

ランチの時にシンちゃま(東ATC)が、深い言葉を言ってくれたんだけど、忘れちゃった、、、。

私の「どうこういう考え方を伝えるのか、やり方ではないからこそいつも伝え方に悩む、、、」という話をした一言への何気ない言葉だったんだけど、こういう柔軟な考え方、視野の広さがこの人の存在を大切に思ってくれる人がいる理由なんだろうな、、、って思った。シンちゃま、尊敬いたしますパー

終了後はみんなで食事会。
そして食事会を途中退席して、この3名は東京にいる仲間とスカイプミーティング3時間。

{50E830E1-96A5-4536-97AD-DFBC3612911E}



松本ATC、寺田ATCの立命館大学ペア、私
東京には6名のATCの仲間が集まって、夜10時過ぎまでミーティング。

物事を進めるうえで、いろいろな人のアイディアを集め決定に向けて歩むことの大変さと面白さと大切さ。すべての意見を実行には移せないけど、その中でどうバランスをとって最良のものを生み出すか。

ゼロベースから物事を生み出す。

昨夜のミーティング、そして夜中の話、そして今朝の自分の振り返りで思ったこと。

グループにはそれぞれの役割のバランスが不思議とできる。
無作為的に集められたメンバーでもそこには役割が見えてくる。

現実的な実務をベースに考える人
その場で起こり得る感情をベースに考える人
自分の今までの経験をベースに考える人
自分のワクワク感をベースに考える人
それらの調整役に回る人

そしてそのどれもが大切。
でもそのベースの違いをきちんとお互いが理解して会話をしないと、いろいろな支障がでる。

すべての人の役割が大切。
でも絶対に必要で失ってはいけない存在は「大きく夢を語る」その人なのだと思う。
特にリーダーはそれを語ることが大切。
そしてそれに振り回され、現実として動きを出す他のメンバーがいることに感謝をしなくてはいけない。(まさしくKyoto MBM LaboやA-Yogaの状態、、、笑。みんなありがとうね!)

全員が現実をみて話をしていたら、小さなことで終わってしまう。

世界を変える、現実を動かす人は、周りが「無理でしょう、、、」と言ってもその無理と思えることを語り、それをどう現実にするかを考えることができる人なのだと思う。

私もそれなりに現実を知っているつもりではいるけど、でも現実だけで物事を語りたくはない、、、と思ったこの1日。

考えて、現実を見て実現可能な方法を模索する。

周りの意見も聞きながら。

夢を語ろうよ!

Kunikoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス