監督    リドリー・スコット
脚本    ジョン・ローガン、ダンテ・ハーパー
原案    ジャック・パグレン、マイケル・グリーン
原作    キャラクター創造
ダン・オバノン、ロナルド・シャセット
製作    デヴィッド・ガイラー、ウォルター・ヒル
リドリー・スコット、マーク・ハッファム(英語版)
マイケル・シェイファー(英語版)
出演者    マイケル・ファスベンダー、キャサリン・ウォーターストン
ビリー・クラダップ、ダニー・マクブライド、デミアン・ビチル

 

2104年

植民船コヴェナント号は、2000人の休眠中入植者と

1000体の胎芽を乗せて移動中、目的地はオリガエ6

アンドロイドのウォルターが一人で船を管理して

乗組員も休眠中であった

 

ニュートリノ衝撃波を受け、船が重大な故障を受け

乗組員は次々と目覚めるが、船長はカプセル事故で死亡してしまう

妻で移住計画責任者のダニエルズは悲観に暮れる中

船の修理を行っていた

その時、雑音交じりの信号が受信され

解析すると歌のように聞こえ、発信源を探すと惑星からであった

その惑星を調べると、オリガエ6よりかは地球に環境が近く

その惑星の調査を行うため、地表へ降りることを決めた

 

感想

実に久しぶりに映画を見ました!とてつもなく忙しくて

ろくに見れなかったんで、やっとこ休み取れてね~

見に行ってきました、アウトレイジと悩みましたが(笑)

やはり映画っていいもんですね、面白かったですよ

 

さてさて、本作品はプロメテウスの続編ということで

マイケル・ファスベンダーさんが引き続き出ています。

偶然にも到着してしまった、デヴィッドが移動した惑星へ

そんな展開なのかい!と思いつつ

地表に降り立った人たちが捜索中で、ここで出るんだろうと

どうやってエイリアンがでてくるんかと思ったけど

最初の登場は、変な花粉か何かを吸い込んだら

その人の中から、じゃじゃーんとエイリアンが出てくる

そーなのー?今回はそうなのー?と思ってました

でも、終盤にはいつものあれ

卵みたいなのから、フェイスハガーが飛び出す

出てきますよ、あれ

そして、いつものエイリアン登場

という感じですねえ

なにはともあれ、デヴィッドの計画が始まってしまった

 

次作 あるんだよな!

それも見に行くつもりです