ソロモンの偽証

テーマ:

 

 

 

監督    成島出
脚本    真辺克彦
原作    宮部みゆき
製作    矢島孝
秋田周平
製作総指揮    大角正
出演者    藤野涼子、板垣瑞生
佐々木蔵之介、夏川結衣
永作博美、黒木華
小日向文世、尾野真千子

 

世の中がクリスマスの中での

クリスマスの朝

中学校内で、男子生徒が転落死していることが発見される

 

転落死した生徒は、柏木卓也

2年A組である

警察が介入し調べた結果、自殺と考えられていた

 

そんな中に、学校に告発状が届きます

そこには、大出俊次含む3名の名前があげられ

柏木卓也を学校の屋上から落としたことを

目撃したと記されていた

その告発状は、マスコミ、学校、担任先生へと

送られていた

 

そのことにより、大出は殺人者の烙印を押されてしまう

大出は不良グループのリーダー格であり

いじめ、暴力等を行いクラスからは疎まれていた

 

破り捨てられた告発状が発見され

担任の森内が、破り捨てたと疑われ

もみ消しを行ったと、テレビに報道されてしまう

森内は職員内やマスコミからの追及に耐えられずに

退職することになってしまう。

 

藤野涼子は、大出の乱暴なふるまいでの被害を

受けている生徒が助けを求めている時に、傍観してしまっていた

こと、それを生前の柏木に指摘され罵倒されたことを気に病んでいた

 

そして、柏木の友人である神原という他校の生徒に刺激を受け

マスコミの興味本位ばかりの報道で、何も明らかにならないことに

業を煮やした生徒たちは

藤野を中心に、学校内裁判を起こすこととなった

 

感想

前後編を両方見てみました。

真犯人は!

後半見て何となくわかってきましたが

最後まで見て、やはいrそうでしたか~~っとなりましたね

 

前編は、引き込まれる感覚が強く見入ってしまう感じに比べ

後編は、裁判がメインだからかちょっとだるく感じてしまう

とはいいつつも、派手さを感じないけども

原作がどんなか気になる作品でした

 

 

AD

ローンサバイバー

テーマ:

 

 

監督    ピーター・バーグ
脚本    ピーター・バーグ
原作    マーカス・ラトレル,パトリック・ロビンソン
製作    ピーター・バーグ,サラ・オーブリー
ランドール・エメット,ノートン・ヘリック
バリー・スパイキングス,マーク・ウォールバーグ
アキヴァ・ゴールズマン,ヴィタリー・グレゴリアンツ
製作総指揮    ジョージ・ファーラ
出演者    マーク・ウォールバーグ,テイラー・キッチュ
エミール・ハーシュ,ベン・フォスター
エリック・バナ

 

アフガニスタン山岳地帯

現地の武装集団、タリバンの幹部を排除目的のため

アメリカ軍のレッドウィング作戦目的で

特殊部隊ネイビーシールズの4名も兵士はヘリから

山岳地帯へと降りる

 

偵察チームの彼らは、現地を偵察して無線連絡し

攻撃チームを誘導する目的であった

 

山中で隠れていた彼らは、山羊を飼っている3人の現地人と

接触してしまう

三人を拘束した彼ら、本部とは電波状態が悪く

無線がつながらない、衛星電話を使用して連絡を取るものの

なかなかうまくつながらない

拘束した3人の現地人をどうするか

彼らは、3人を解放して引き返すこととする。

3人を解放することによって、タリバンからの交戦を予想したが

それを覚悟の上の解放であった

 

そして、引き返す途中で、山中でタリバン兵に囲まれて

やむなく交戦状態に陥ってしまう

ライフル片手に戦うが、タリバン兵は続々と増えてきて

機関銃や、RPG等の様々な兵器での攻撃で劣勢となり

やむなく後退、崖からも転がり落ちるように逃げる

さらにそこへ、タリバン兵が追いかけてくる

 

感想

本編に入る前に、訓練のシーンから始まる

そのシーンが、いやぁーすげえ訓練、

手足縛られてプールへどぼーん とか

 

ストーリーは実話とのことですが

感想もなにも、なんともすごい迫力の緊張感な映画です

タリバン兵の追いかけてくる速さが怖い

やたらRPG撃たれたりも怖いし、

崖を転がるように落ちるシーンがあるけども

非常に、痛そう、見てるこっちも うあ!とか あぁ!とか

声が出てしまう

迫力と緊迫感で圧倒される感覚を久しぶりに

感じる映画だと思いました。

 

AD

ザ・ガンマン

テーマ:

 

 

ザ・ガンマン [DVD] ザ・ガンマン [DVD]
4,212円
Amazon

監督    ピエール・モレル
脚本    ドン・マクファーソン(英語版)
ピート・トラヴィス
ショーン・ペン
原作    ジャン=パトリック・マンシェット『眠りなき狙撃者』(学習研究社)
製作    アドリアン・ゲラ,ショーン・ペン
ピーター・マカリーズ(英語版),アンドリュー・ローナ(英語版)
ジョエル・シルバー
製作総指揮    スティーヴ・リチャーズ,アーロン・オーク
ピーター・マカリーズ
出演者    ショーン・ペン,ハビエル・バルデム
イドリス・エルバ,マーク・ライランス
ジャスミン・トリンカ,ペーテル・フランツェーン(英語版)
レイ・ウィンストン

 

アフリカ・コンゴにて

民間軍事会社で働く元軍人のジムであった

政治家を暗殺し、国外へ脱出

交際していた医師アニーとも別れることとなった

 

8年後、NGOで働いていて

小さい村の井戸掘り等をしていた

ある日、村の井戸掘りを行っている最中に

襲撃を受け、殺されそうになるが返り討ちに

 

政治家暗殺に関わる人間を狙っていることを

悟ったジムは、親友のスタンリーに援助を求める

 

実は、ジムは脳に障害を負っておいて

記憶障害があったり、めまい、吐き気が起きたりする

そんな状況の中、ジムは自力で誰が狙っているのかを

操作するのだった

 

感想

銃撃が激しく!面白かったです

序盤、ちょいとだるさを感じたりしますが

中盤からですかね、面白くなってくるのです。

 

ショーン・ペンってさ、あんなムキムキだったっけか??

サーフィンから、ダッシュで戻るときの上半身の筋肉がスゲー

腕がふてー!

医師のアニー(ジャスミン・トリンカ)さん

何回か裸でワイシャツ来てたりしますがそそりますね

ハビエル・バルデムさんが出てますが

彼は、何かと濃い役が似合うなぁぁぁとつくづく思います。

 

 

AD

グラスホッパー

テーマ:

 

 

監督    瀧本智行
脚本    青島武
原作    伊坂幸太郎
製作    水上繁雄、杉崎隆行、椿宜和
出演者    生田斗真、浅野忠信
山田涼介、波瑠、麻生久美子
菜々緒、吉岡秀隆、村上淳
宇崎竜童、石橋蓮司、金児憲史
佐津川愛美、山崎ハコ

 

妻をひき逃げされた、鈴木

彼は中学校教師であったが、妻がひき逃げされた

真相を追うために、教師を辞め

裏社会へと入り込んでいく

 

妻をひき逃げした真犯人は、

「フロイライン」という会社の社長寺原の息子であった

しかし、フロイラインという会社は裏社会で暗躍している

会社であり普通の会社ではなかった

 

鈴木はそこで、ドラッグらしきものを売る仕事を

していたが

ある日、鈴木は寺原の息子(ジュニア)に会う

機会に遭遇する

あれが、寺原の息子だ

出迎えろと言われ出る、鈴木

交差点の向こう側で、背の高いノッポの男がいる

次の瞬間には、後ろから誰かに押され

ジュニアは、車にはねられて死んでしまう

 

鈴木は、追えと指示を受け

後ろから押した男を追う

どうやら、「押し屋」と呼ばれる稼業の仕業のようだ

電車を乗り継ぎ、鈴木は押し屋の家にまで

たどり着くのだった

 

感想

原作を読んだことあるので

スピード感を感じで面白い小説だったなぁ

感じてました。

映画自体はちょっと過激なシーンもありますが

ちょいと平凡な感じに収まってしまった感じがしました。

 

原作を読んでからすると

映画化すると、なんだかテンポが微妙な気もする

なかなか、原作のを再現するのは難しいものですねぇ

 

 

ナイトクローラー

テーマ:

 

 

 

監督    ダン・ギルロイ
脚本    ダン・ギルロイ
製作    ジェニファー・フォックス
ジェイク・ジレンホール
トニー・ギルロイ
デイヴィッド・ランカスター
ミシェル・リトヴァク
製作総指揮    ゲイリー・マイケル・ウォルターズ
ベッツィー・ダンバリー
出演者    ジェイク・ジレンホール、レネ・ルッソ
リズ・アーメッド、ビル・パクストン

 

工事現場にて、フェンスを切り取り盗んでいる

ルイス・ブルーム

警備員に見つかるが、彼を襲い時計も盗む

盗品を売り生活している

 

自動車事故の現場に遭遇し

そこへ現れたカメラマンを見て、刺激を受ける

ルーは無線機やカメラを手に入れ

車強盗の襲撃直後の現場撮影に成功

それをローカル局へ売り込む

朝の番組プロデューサーのニーナは

ルーの動画を購入した

ルーは局が求めている動画を撮るため

アシスタントのリックを雇うことにした

 

より刺激的な映像を撮るために

ルーは、遺体を動かしたりと現場を改ざんし始め

手に入れた金で、機材は新しく

車はより速い車へと買い替えた

競争相手からは、ビジネスオファーを受けるが

断り、その相手の車に細工を加えて事故を起こさせる

だんだんとエスカレートしていくのだった

 

感想

久しぶりに映画見た感じ、見ごたえありますね

なんとも、ジェイク・ギレンホールがギョロ目の怪しい男を

演じています

派手なアクションが特に無い中だけども

とにかく引き込まれる感じ、久しぶりにスリルを感じた

だんだんとエスカレートする感じが怖さを感じますね

意外と早く時間が過ぎる感じがします