サワッディーカー♪


人生をふわっと軽やかに♡
 
幸せオーラを取り戻す

 

 

 
 
 
最初にお礼を。
 
1ヶ月オンラインカウンセリングに
お申し込みいただいた皆さま、
 
ありがとうございました!
 
 
これから
一緒に取り組んでいきましょう〜
 
 
 
 
 
 
 
 
私がタイに来てから
意識していることがあって・・・
 
 
 
 
何かというと
 
 
 
本来の自分に戻る
 
 
ということ。
 
 
 
 
 
 
子どもの頃から
 
”自分”というものを
抑圧されたり、
 
自分で抑えて
きてしまうと、
 
 
”本当の自分”
というのが
よくわからず育ちます。
 
 
 
 
大人になる過程で
 
他人に合わせるという
社交を身につけると
 
余計に混乱しますよね。
 
 
 
 
 
 
私は
 
嫌われないために
他人の期待に応える
 
 
というのを最優先にしてきたので
 
 
 
自分というものを
知ろうともしませんでした。
 
 
 
 
 
今考えると
自分のことがキライだったので、
 
そうすることで
 
醜い(と考えていた)自分を
 
 
直視することから
逃げていたのかもしれません。
 
 
 
 
 
 
 
で、
 
やっと自分と向き合う準備が
できてから
 
 
本来の自分って
なんだろうと考えていて、
 
 
 
子どもの頃に
ヒントがあるなと思いつきました。
 
 
 
 
 
辛いことが
多かったからか、
 
抑圧されて育った
後遺症なのか、
 
 
子どもの頃の記憶が
 
あんまりないのですが・・・
 
 
 
 
とてもシャイで
 
誰かと遊ぶよりも
 
マンガを読むのを
優先したかった
子どもでした。
 
 
 
 
本を読めば、
寝食も忘れるほど
のめり込み
 
 
 
ポエム?小説?
のようなものを書き
 
 
 
あまりの話し下手に、
中学生のとき
 
朝一緒に登校する子と
何を話すかを
 
事前にメモにまとめて
いったほど、、汗
 
 
 
 
辛い現実から
目を背けるために、
 
私は本当は
違う国のお姫様なんだ
 
と必死で思おうとした
こともあります…
 
 
 
 
そんな妄想も好きな
超内向的な子どもでした。
 
 
 
 
そんな私でしたが、
成長するにしたがって
 
外交的にふるまう術を
身につけ(?)
 
笑顔を顔に貼り付け
 
とにかく明るく
ふるまうようになったのですが、
 
 
 
なんだか
違和感を感じていたんですよね・・・。
 
 
 
 
 
そこで、
 
誰かと会ったときの
社交スキルはそのままに
 
 
無理に話を続けようとしない
 
ずっと笑顔を心がけない
 
誰とでも仲良くしようとしない
 
ひとりの時間を設ける
 
本を読む時間を取る
 
などなど、
 
 
 
昔の自分(内向型)っぽい
ふるまい
 
増やすようにしたんです。
 
 
 
 
そうしたら、
 
なんだか荷が下りたような
 
ふっと肩から力が抜けたような
 
 
楽な自分でいられるようになりました。
 
 
 
 
 
でも、
全部戻るのではなくって、
 
 
昔は
誰かに話しかけるというのが
すごく抵抗があったのですが、
 
 
成長したからか、
AC克服の効果なのか、
 
 
この抵抗は少なくなったので、
 
話しかけたい人に
気軽に話すというのは継続しています。
 
 
 
 
 
こんな感じで、
 
子どもの頃の自分をヒントに
 
 
楽にできることは
そのままに
 
 
なんだか疲れることは
少しずつやめてみること
 
 
これが
本来の自分に戻るということ、
 
なのだと思います。
 
 
 
私も模索中なのですけどね(・・;)
 
 
 
 
自分がわからない
 
という方のヒントになれば幸いです。
 
 
 
 
 
雲ゆりえ
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
 
雲はじめての方へ 
自己紹介はこちら 
 
 


雲期間限定 小冊子無料プレゼント!

元アダルトチルドレンの私が

28年間の生きづらさを解決した方法

全て盛り込みました。

読めば人生が変わります!

 

\ダウンロードはこちら/

 

 

 

雲メルマガ
「アダルトチルドレンが自分を好きになって幸せになるを叶えるメールレッスン」
アダルトチルドレンが前に進むためのメッセージが満載!
 
 


 

  どくしゃになってね…

 



 
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ