猪狩ともかさん車いすで勇気届ける 仮面女子メンバー、障スポ開会式に | ポエマー★あきさん☆の✨SHOW TIME

ポエマー★あきさん☆の✨SHOW TIME

ブログの説明を入力します。


テーマ:

不慮の事故で車いす生活を送るアイドルグループ「仮面女子」のメンバー猪狩ともかさん(26)が10月13日、福井県福井市の9・98スタジアム(福井県営陸上競技場)で行われる福井しあわせ元気大会(全国障害者スポーツ大会=障スポ)の開会式に出演する。「車いすに乗りながら楽しめることがたくさんある。希望の光になりたい」と前を向き、ステージ上から勇気と元気を届ける。

 猪狩さんは今年4月、都内で強風に飛ばされた看板がぶつかり脊髄を損傷、車いすが必要になった。足が動かせないと知り「ライブができない」とショックを受け「なんで私が? なんでこんな思いしなきゃいけないの?」と落ち込んだこともあった。

 家族に「車いすに乗っていても人を幸せにすることができる」と言われ、ファンからの励ましにも支えられ、リハビリに励んだ。5月下旬、福井県から障スポ開会式出演のオファーを受け、「めがねのまちさばえ大使として関わっているので、福井県で仕事ができることがうれしい」と快諾した。

 9月26日の退院時は「不便に感じることや苦しむことも多くあると思うけれど、それを乗り越えてポジティブに生きたい。ここからが本当の頑張りどき」と奮い立った。

 開会式当日は、式典前の歓迎県民イベント(午前8時50分~9時50分)に出演し、力強いエールを送る。午後1時半からは「はぴりゅう広場」で他のメンバーとステージに立つ。「今の自分にできる精いっぱいのパフォーマンスを見せ、勇気を与えたい」と意欲を示す。

 今後は徐々にライブ活動を増やす予定。障害者スポーツにも挑戦し、「いろんな種目に挑戦する姿をブログなどで伝え、知名度が高くないパラスポーツに興味を持ってもらいたい」。さらに「まだバリアフリーと呼べる場所が少ない。必要としている人が声を上げ、障害のある人に優しい社会になるよう、発信していく存在になりたい」と夢を描く。

 久しぶりの来県に「とても楽しみにしています。皆さんの記憶に残るすてきな一日になりますように」とコメント。障害に負けず、明るい笑顔で前向きな生き方を提言し続ける。


なんて、素敵な猪狩さん💕

ずっと、応援してるからね♥゛

ポエマー★あきさん☆彡さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス