HSP HSCを理解する助けになる本 最新版 【基本編1】 | HSPが、自分の個性を社会で活かす。

HSPが、自分の個性を社会で活かす。

敏感、繊細、感受性の高いHSP(highly sensitive person)が、生まれ持った感性と強みを仕事に活かして生きていくことをサポートします。

HSP/HSC 専門 国家資格キャリアコンサルタント皆川公美子です。 

 

HSPメッセンジャー講座などでもご紹介しています。

HSPのことをもっとよく知りたいので本を紹介してください、

と言う方向けに。

HSPの基本的特性について知るための本をご紹介いたします。

 

 

①ご存知アーロン博士のこのHSP学説発表の一番最初の本。
HSPという世界的なムーブメントは1996年に出版されたこの一冊の本からはじまりました。

一昨年まで『ささいなことにも動揺してしまうあなたへ』というタイトルででていましたが

25周年エディションとしてアーロン博士ご自身によって加筆された本です。
100万部以上売れていて、世界で30数カ国語の言語に翻訳されています。

 

 

 

②日本の精神科医でHSPの権威・長沼睦雄先生の本

 

長沼先生ご自身がHSPでいらっしゃいます。
温厚な先生にはとってもたくさんのファンがいて、北海道の診察室はいつも

混んでいるようです。

 

一昨年NHKのバリバラでHSCちゃんの特集がありましたが、長沼先生が監修・出演をされていました。

トラウマ治療などにも造詣が深く、わたしも5〜6回講座に参加させていただいています。

 

 

 

 

こちらは先生の最新本・極度の疲労には脳の炎症が関わっているという知見が

載っています。

 

 

 



 

③心理学者で関西大学教授 串崎真志先生の本

 

 

 


 

 

串崎先生は若者の支援にも力をいれておられ、いつもその暖かい眼差しにほっとします。
こちらもどうぞ 大阪の寺子屋ヒュッゲ

 

 

 

 

④デンマークのイルセ・サン女史(心理学者)による

日本でもよく売れているHSP本。

 

2019年8月にデンマークでお会いすることができました。

とっても素敵な内向的な女性でした。

心理カウンセラーであり、心理学者さんです。

細やかな息遣いにあふれ、牧師さんでもあるイルセサン女史は、HSPであってHSS(刺激追求型)ではない、もっとも内向的な方です。

HSSがかけあわせになっている方は、ちょっと違うタイプだなと思われるかもしれません。

 

 

 

 

 


 

 

上記の第2弾。人の心理の深いところに触れたものすごくいい著作だと思います。

 

 

 

 

④HSPに関して直接書いてある本ではないのですが

愛着障害によって過敏さや傷つきやすさが倍増している人を扱った精神科医・岡田尊司先生の本。

 

この本はとても重要な本です。

HSPの敏感さの表出は、神経系によってだけつくられるものではない、
いきていくなかでの後天的な愛着障害に助長されていることがとてもとても多い。

HSPの敏感性の2重構造について

 

 

 

⑤HSCの子どもを持つ親のための本

 

アーロン博士が上記の「ささいなことにも動揺してしまうあなたへ」の次に発表した HSC

の本。大人が読んでも発達段階や育ちのメカニズムがよくわかります。

 

 

 

⑥上記「ひといちばい敏感な子」を訳し、日本でHSP/HSCのもうお一人の第一人者

富山の精神科医・明橋大二先生

 

 


 

明橋先生は、ご自身はHSPではないとおっしゃっていました。
でも奥様がHSPなので飲み会から帰ってくると、今日は天ぷらだったのか、居酒屋だったのか当てられるほどの嗅覚を持っている、とか(笑)

 

HSPでない人にとって、こういう言い方をしてもらえるとわかりやすい、ということを端的に

示してくださってありがたいです。

 

学校の先生やHSCの子供をとりまくおとなが「じゃあ、どうすればいいの?」という疑問を持つときに、とても参考になる本です。19章は著作権フリーにしてありますよ、とおっしゃっていました。

 

 

⑦長沼睦雄先生のHSCのための本

 

 

 

10代むけにはこちら

 

 

 

 

 

⑥武田友紀さんが、日本で繊細さんを広めてくださった功績はほんとうにすごいですね!

感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてこの本は最近もっとも感動した本でした。↓↓↓

 

 


 

この本がすごかった!!と友紀さんにメールを送ったら、「エッセイがこんなに

骨が折れるものだとは知らなかったわ」と軽やかにおっしゃっていました。

繊細な人が、自分の心のなかのやわらかいところを世の中に出していくって

どれほどの落ち着き力と幸せ力が必要かを思います。すごい💖

 

 

 

 

 

ご参考になれば幸いです。




HSPの理解の助けになる本【基本編2】はこちらです。

HSPの理解の助けになる本【中・上級編】はこちらです。