アーロン博士のHSPバイブル本を読む④〜感情反応が強く共感力が高い | 晴れ、ときどき、美学。 皆川公美子のクミシュラン~★★★ 

晴れ、ときどき、美学。 皆川公美子のクミシュラン~★★★ 

感性キッズ〜感性は人生のセンサー。
親も子も、本来の自分で自分の人生に熱中しながら生きていく

このHSP/HSC理論はアーロン博士によって1996年に提唱された理論ですが
そのおおもとの本は『ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。』です。

 

忙しい方のために、

大切なところだけ抜き出し、まずは全体を俯瞰することを目的として

連載を組んでみます。

 

 

 

 

highly sensitive personは神経系の特徴であるため

パッと見てわかる外見や行動などの特徴から一歩進んで

身近な人を「観察」し、「理解」していくものです。

HSPを理解するためのシンプルな疑問に対し、アーロン博士はどう言っているのか?を記します。

ピンクの文字はわたしのコメントです。

 

わたしはHSP?という方はHSPセルフチェックテストをどうぞ

https://kanseikids.com/wp/wp/wp-content/uploads/2018/05/HSPcheck-1.pdf

(アーロン博士のチームに許諾をいただいています)

 

 

HSP理論は1996年に発表されたものですが、HSC(子どもの理論)をアーロン博士が出版したのは2002年。日本版が出版されたのは2015年になってからのことです。

そちらには新しい研究成果が付与されていますので、最新の学説としてアーロン博士が「この4つがすべてそろうことがHSPの特徴です」と定義する、その4つの面について触れていきます。


4つの必ず兼ね備えている特徴とは・・・

 

1、深く処理する
2、過剰に刺激を受けやすい

3、感情反応が強く、共感力が強い  ➡︎今日はこちら

4、ささいな刺激を察知する

 

 

3.感情反応が強く、共感力が高い (Emotional , high Enpathy)

感情反応も、深く処理することと密接に関係しています。(中略)

子どもなら、暖かい場所にいるにはどうしたらいいのか、
お母さんに笑ってもらう方法は、
お父さんにクッキーをもらうポイントは何か、

あるいは、いい成績をとる方法、やけどを防ぐ注意点、

親を怒らせない工夫、ひどい成績をとらないための注意点を覚えていきます。

敏感な子供の場合、どんなことにも人一倍注意を払い観察し、学んでいきます。
感情とはつまり、他の人が知っていることを知り、その人の気持ちを感じることであり、社会生活からごく自然に学んでいくための1つの方法です。共感が強いほど思いやりが生まれるのです。


HSCの親はこの感情反応と共感力の強さがどのようなものか、すでに目にしていると思います。物事の一つひとつを深く感じ取り、涙もろく、人の心を読むことにたけていて、完璧主義で、ささいな問題にも強く反応します。他人のストレスによく気づきます。小さな子ヒツジがラム・チョップになるとか、ホッキョクグマの子どもが温暖化のために溺れて死んでしまうことを知って、心を痛めます。

 

中略

 

HSPは非 HSPに比べて、ミラーニューロン系の働きも活発です。ミラーニューロンとはほんの20数年前に発見された神経細胞です。

例えば人がダンスしているのを見て、筋肉がピクッとする等

他の人が何かしたり感じたりしているのを見るとあたかも自分が同じことをしている感じるかのようになるのです。
 

ビアンカ・アセヴェドの研究で、このミラーニューロンはHSPで特に活発に働くことが認められた脳の部位と共同して、他人の意思や気持ちを深く汲み取る助けとなることがわかりました。HSPは非HSPに比べて、この共感をうむ部位が活発に働き、残酷なことや不公平なことに動揺しやすいのです。


ミラーニューロンの働きが活発、だから人をかわいそう、と思う程度が人よりも数段高い。
脳のこの働きはおもしろいと思いませんか?

正義感や不公平への怒り、暴力的な映画への悲しみは、脳科学的に証明ができることだということです。

「ニュースなどで災害で人が流されたり、家が流されたりする映像を見ると、それだけで気持ちにダメージをうけてしまう」

「子どものころ、飼っていた動物が死んで、他の兄弟よりもずっと長く泣いていた。」

「先生が不公平な扱いをすることに対して、なんでみんながそんなに怒らないのかふしぎだった」

こういうことをおっしゃる方も多いです。

 

次回は4つの特徴の最後、ささいな刺激を察知する。です。

 

 

 


10月17日「視点のマジックを知る」仏教ゼミ第2期がはじまります

 

 

■持って生まれた感性と仕事を一致させる

➡︎周波数講座 11月16日〜12月7日

 場所・東京23区内  講義は11月16日と12月7日の2日間

 あとはメッセンジャーでおひとりおひとりの進度に寄り添います

 

 

■11月7日  HSP会 PART1  highly sensitive person同士みんなで集まりましょう!

満席になりました。
キャンセル待ちのお申し込みはこちらからどうぞ。

https://ws.formzu.net/fgen/S75403232/

 

■12月18日 HSP会 PART2 
※Part1にご参加された方のみの募集となります。

 

 

クミシュラン ~ 皆川公美子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります