アーロン博士のHSPバイブル本を読む③〜過剰に刺激をうけやすい | HSP、敏感さん、繊細さんが、自分の個性(感性と強み)を社会で活かす。

HSP、敏感さん、繊細さんが、自分の個性(感性と強み)を社会で活かす。

敏感、繊細、感受性の高いHSP(highly sensitive person)が、生まれ持った感性と強みを仕事に活かして生きていくことをサポートします。

このHSP/HSC理論はアーロン博士によって1996年に提唱された理論ですが
そのおおもとの本は『ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。』です。

 

忙しい方のために、

大切なところだけ抜き出し、まずは全体を俯瞰することを目的として

連載を組んでみます。

 

 

 

 

highly sensitive personは神経系の特徴であるため

パッと見てわかる外見や行動などの特徴から一歩進んで

身近な人を「観察」し、「理解」していくものです。

HSPを理解するためのシンプルな疑問に対し、アーロン博士はどう言っているのか?を記します。

ピンクの文字はわたしのコメントです。

 

わたしはHSP?という方はHSPセルフチェックテストをどうぞ

https://kanseikids.com/wp/wp/wp-content/uploads/2018/05/HSPcheck-1.pdf

(アーロン博士のチームに許諾をいただいています)

 

 

HSP理論は1996年に発表されたものですが、HSC(子どもの理論)をアーロン博士が出版したのは2002年。日本版が出版されたのは2015年になってからのことです。

そちらには新しい研究成果が付与されていますので、最新の学説としてアーロン博士が「この4つがすべてそろうことがHSPの特徴です」と発言する、その4つの面について触れていきます。


4つの必ず兼ね備えている特徴とは・・・

 

1、深く処理する
2、過剰に刺激を受けやすい ➡︎今日はこちら

3、感情反応が強く、共感力が強い

4、ささいな刺激を察知する

 

 

 

 

2.過剰に刺激を受けやすい(being easily Overstimulated)

自分の内外で起こっている全てに人一倍気がつき、処理する人は、精神的にかなり負担がかかり、それゆえに体も1人早く疲労を感じます(脳は体の1部です)。彼らは敏感でない子(人)よりもすべての新しいことに気づき、考えるように生まれついています。 

 

中略

 

刺激の多い外出の後や楽しいはずのイベントや旅行の時ですら、驚いて圧倒され、ストレスを感じてくったりしている姿、興奮することがあった日の夜には、眠れず目が冴えてしまう姿、そして何かが変わったり、痛みに極端なまでに反応する姿をあなたを日々目にしていることと思います。

HSCは大きな音にダメージを受けます。

電車がすれ違うときの窓のバンっという音にもいつもびっくりしてしまうというお話もよく聞きます。 

暑さや寒さ、自分に合わない靴、ぬれたりチクチクしたりする服などに文句を言います。

人一倍「ダウンタイム」や静かん時間が必要です。サプライズパーティが苦手で、過剰な刺激を避けたがるので、

パーティやチームスポーツ、クラスの前で発表するなどの行動をしたがりません。得意なことでも、例えば学校の

音楽会など、「大きな」大会のように、人に見られたり実力を試される場面では、ふだんの力を発揮することができません。

多分強烈な罰を与えるよりも、穏やかにしつけるほうが効果的であることもお気づきでしょう。

 

アーロン博士は敏感であることの本質は、感覚面での不快が募りやすいということだとも言及しています。
 

小さい子どもほど不快に対して敏感で、

よく泣くことで訴えるので

親はとっても大変です。
親もHSPである場合は、精も根も尽き果てた・・・という日が

頻繁にあるのではないでしょうか。

 

HSCは育て方のせいでなるものではないので、どうぞご自身をいたわって

ダウンタイムととることができるよう、まわりに協力を要請しましょう。
 

同僚が口にしたほんの少しのトゲ、

上司のほんの少しの威圧感、

友人のお断りではないほどのちょっとした拒否、

そういうものを感じすぎてしまうというご相談もよくあります。

 

そうなんです。

感じないのは無理なんだけど、

他の人はそこまで感じていない、というのは

本当のことなんですよね。

 

自分のための時間を確保して、そこで用事を済ませるのではなくて

なるべくご自身のパワーチャージの時間として

ご自身のエネルギーをチャージする

嬉しいことに使う時間として

確保しましょう!

ほんとうに笑顔になれるために^ - ^

 

 

次は3つ目の特徴

感情反応が強く共感力が高い についてです

 

 

 

 

 

 


10月17日「視点のマジックを知る」仏教ゼミ第2期がはじまります

 

 

■持って生まれた感性と仕事を一致させる

➡︎周波数講座 11月16日〜12月7日

 場所・東京23区内  講義は11月16日と12月7日の2日間

 あとはメッセンジャーでおひとりおひとりの進度に寄り添います

 

 

■11月7日  HSP会 PART1  highly sensitive person同士みんなで集まりましょう!

満席になりました。
キャンセル待ちのお申し込みはこちらからどうぞ。
https://ws.formzu.net/fgen/S75403232/

 

 

■12月18日 HSP会 PART2 
※Part1にご参加された方のみの募集となります。

 

 

HSP/HSC才能発掘プロデューサー~皆川公美子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります