【一晩で満席ありがとうございます】5/9 松嶋啓介シェフの料理の寺子屋 募集を開始します! | 晴れ、ときどき、美学。 皆川公美子のクミシュラン~★★★ 

晴れ、ときどき、美学。 皆川公美子のクミシュラン~★★★ 

感性キッズ〜感性は人生のセンサー。
親も子も、本来の自分で自分の人生に熱中しながら生きていく


テーマ:

クミシュラン感性キッズ主宰 皆川公美子です。

5月9日に原宿のレストランKEISUKE  MATSUSHIMA にて

料理の寺子屋@感性キッズを開催させていただくことになりました!

メルマガで先行ご案内をさせていただきましたところ

あっという間に満席となりました。ありがとうございます。
 

キャンセル待ちご希望のかたはクリックこちらからお申込みください

 

{9B5D8916-FA37-43AC-B905-B02F7AAE3071}

 

{7774D2CD-3623-489B-A692-13EB78A0E4BA}

 

TVや雑誌の出演も多く、とってもお忙しいシェフ、

活動はとっても派手に見えますが、

わたしはシェフの追求しているものが大好きで

この2年くらい勉強させていただいています。



その松嶋シェフの「追求しているもの」は

「ほっとする毎日の食」
「ダウナーな家庭料理です」

 

 

レストランといえば、アッパーな味、ピカピカしたエンタメな味を

出すという方針が普通です。

もちろんメモリアルな席、お祝いの席なども多いので

もちろんそれも楽しいですね!

 

 

けれど、松嶋シェフは「おうちではこういう風につくるといいよ」という

家庭の味をねばりづよく教えていらっしゃるのです。

食がすべての土台だから。

食から世界平和を目論んでいる方なんですね。

 

image

【松嶋シェフ語録】

 

・女性だって今は忙しいんだから、何品も作ろうとしないでいいの。
1品、たとえばロールキャベツだけとか

それを丁寧につくることができたら、ものすごく豊かなディナーですよ。

 

・野菜はね、グラグラしたお湯にいれちゃだめ。香りが飛びます。
今までそういう常識できたでしょう?

そうじゃなくてぬるいお風呂みたいなお湯にいれてあげると
甘みがでて美味しくなるんです。

 

・肉も最近低温調理が流行りだしましたけど、
オーブン180度190度じゃ温度が高すぎるんです。

もっとずっと低い温度(120度とか)で長〜い時間かけるんです。
ものすごいジューシーに焼けますよ。
 

image

・うまみ って日本が作り出したすごい味の概念です。

僕はこれをもって世界に啓蒙していきます。(実際に農水省などへの論文も提出されておられます)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
シェフは

フランスというきびしい料理の世界で(外国人最年少で)星をとっています。

(ニースに本店があります)

お母さんが松嶋シェフの味覚の才能に気づいていた、というところも

おもしろいですよ!

このVTRをぜひご覧ください。
 

 

 

松嶋シェフ プロフィール松嶋 啓介 1977年福岡県生まれ。20歳で渡仏。
25歳の誕生日に、ニースに自分の店
「Restaurant Kei’s Passion」(現「KEISUKE MATSUSHIMA」)をオープン。
開店から3年目、『ミシュラン06年版』で外国人シェフ最年少で一つ星を獲得。
以降、10年連続で星を獲得している。
09年に「Restaurant‐1」(現「KEISUKE MATSUSHIMA」)を渋谷区神宮前にオープン。
10年11月には『2011ミシュランガイド東京 横浜 鎌倉』にて一つ星を獲得。
同年7月には、フランス政府より日本人シェフとして初めて、
さらに最年少で「フランス芸術文化勲章」を授与される。

 

 

今までにわたしが書いた松嶋シェフの記事をリンクします。

 

 

 

ラタトゥイユラバーの皆様へ(^ ^)~松嶋シェフのラタトゥイユの作り方

https://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-12310658989.html

 

 

え?仲良し夫婦の秘訣?~ブイヤベースを食べながら心の中で泣く

https://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-12301132627.html

 

「ダウナーな味を追求しています」松嶋シェフの本物のラタトゥイユの作り方~夏の元気に

https://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-12291518557.html

 

念願のラタトゥユ。軽井沢のような原宿より。

https://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-12273892764.html

 

松嶋啓介シェフの美食の寺子屋で習うのは「哲学」「身体の感性」

https://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-12268152107.html

 

松嶋シェフの食ルネッサンスに大共感。~アッパー系の味、ダウナー系の味。

https://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-12250904103.html

 

松嶋啓介シェフの料理の寺子屋。

https://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-12238029165.html

 

image

おちゃめなシェフの写真も!
(先日のシェフのお誕生パーティでのひとこまです。
左はシェフのところへのご縁をいただきました酒巻尚代さんです)

 

 

 

日時:5月9日(水)11時〜13時 松嶋シェフによる料理の(哲学)寺子屋

           (シェフのデモンストレーション見学)

          13時〜15時 季節のランチコース

 

参加費 寺子屋+ランチコースすべて通しで8,000円

 

image

 

場所は原宿の軽井沢 Keisuke Matsushima
http://keisukematsushima.tokyo/

image

    


満席となりましたありがと
キャンセル待ち受付中です。

 

キャンセル待ちご希望のかたはクリックこちらからお申込みください

 

 

 

シェフの哲学をみなさまにご紹介できる日がくるなんて!

ほんとうにうれしくてたまりません。

シェフはぼそぼそと話す方なんですけど(笑)
その内容はとっても斬新で

食と家族への愛情にあふれています。

旨味という日本語は、世界語としてUMAMIと表記されて

使われているのをご存知ですか。

うまみのしくみと掛け合わせについても

熱心に啓蒙しておられます。

食への感性そのものにアプローチするお料理教室は

どこにもありません。

 

ぜひお越しくださいね。

お待ちしています!

 

image

クミシュラン ~ 皆川公美子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります