晴れ、ときどき、美学。 皆川公美子のクミシュラン~★★★ 

感性キッズ〜感性は人生のセンサー。
親も子も、本来の自分で自分の人生に熱中しながら生きていく


テーマ:

感性キッズ主宰 皆川公美子です。

 

毎朝くりひろげられるドキドキな

 

「留年すれすれチャレンジ」。


起きられる?起きられない?

行く?行かない?

 

というのを親も子もドキドキしながら繰り返しています。

 

それはひとえに高校の卒業証書がほしいから。
高校卒業認定試験(昔の大検)より簡単に手に入るから。


その奥には

「自分のやりたい勉強をできる大学には行きたい」

という娘の希望と
 

バイトにしてもなんにしても

高卒と中卒で差別される日本の慣習にトラウマを感じるかもしれない

というわたしの杞憂があります。

そんなのほんとはいらないんだけどね!
 

でもなんか

「卒業証書ほしいだけ」

の毎朝のストレスにだんだん耐えられなくなってきて、

今朝はじっと考えていました。
 
そのとき、思ったんです。
 
私は娘に、生きることそのものをガマンさせてないか?

 


  

ガマンというものにも種類があります。
 
①生命の根元レベルのガマン。 
 
②やりたいことのために、これをすれば到達できるのガマン。
 
③ささいな日常レベルのガマン。
 
・・・・・・・・・・・・・・・

①は行動や移動の自由を奪われるという生命レベルのガマン。

存在そのものを認められてない、

ありのままをなかったことにされてるという、

存在否認に対するガマン。

→これ致命的。
 

②はこのイベント成立させるためには、

こんなめんどくさいラベリングでも頑張ろうというのや、

この子に学校いかせたいから

それほど好きでないパートでもやっちゃおうとか。

 

目的のためにがんばるガマン。
  
 
③洗濯物毎日たたむのはめんどくさい、とか(笑)
毎回支払いをするのはめんどくさい、

引き落としにしてほしい、とか(笑)

電車通勤しんどい、とか。

(これが日常レベルガマンでない精神状態の方もいらっしゃります)
 

少し前に

「全員が自由に生きるなんてありえない。

ガマンすることも大事だと子どもに教えるべきだ」

 

というご意見をいただいて、

もやもやしていたのですが、わかりました。
 

②と③のガマンは教えるべきで

仕事している人は全員、

生きている人は全員しているガマン。
 

でもこれ、子どもは実は知ってます。

 

ほんとうにやりたいことのためだったら、教えなくてもガマン強くやります。
 
重大問題なのは、

生きることそのものを、【ガマン】にさせていないか?

 

子どもにとって生きる、とは日中の時間全部。


わたしは 生きることをガマンとイコールにさせてないか?
 

生きることは、ガマンなんだと、

親として一番やっちゃいけないことをやっていなか?
 
 
全国のがんばってくださってる先生方、ありがとうございます。


いい先生がたくさん命をかけてやってくださってることを

ひしひしと感じていま==す!

 

問題はそうでない先生も多いってことです^ ^

 

 


 

 

高感受性ちゃん、繊細ちゃん、敏感ちゃんと

社会の融合点を見つける感性キッズ。

育児書の普通にはまらないその個性は、ギフトです。

 

 

 

サイトオープンもうすぐですので楽しみにしてください!

image

 

これからの社会を生きる子に、自分の個性を表現する、心を動かす体験を

クリックhttp://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-12291085996.html

 

 

感性キッズには

 

① お子様の体験ゾーン

 

1月13日(土)
オーガニック料理家 菅野のなさんと味覚体験イベントを開催しました。

詳細はこちらからどうぞ

image

image

imageimageimage

 

 

 

 

image

2017年5月のキッズレコーディング体験満席にて開催しました!

image

2017年11月 第2回キッズレコーディング体験満席にて開催しました!

 

image

8月には「夏休み親子おかたづけ体験」を満席にて開催しました!

講師は家と心の片付け師 新見和恵さん。

お片付けについて考えたことのなかった子どもたちの、

意識と気持ちを【変心】させました。

その様子はクリックこちらです。

 

 

② 22時オンラインの場があります。

image

 

 

パソコンこれからの22時オンライン のラインナップはこちらです

 

先取り情報はメルマガ(無料)にてお知らせしております。

K子メールどうぞご登録ください

 

 

22時オンラインでは

 

外国や関東以外からもご参加いただき、

自宅にいながらにしてステキな講師と会えて

世界が広がる!というご感想をいただいています。

 

お子様の環境を広げるさまざまな視点のお話を聞いてみませんか

 

《これからのオンライン22》

 

高感受性ちゃん、繊細ちゃん、敏感ちゃんの

天才性と社会の融合点を見つけるオンライン。

 

以下のような指針でプログラムを作成しています。

・豊かな世界、はどうやってどこへ行けば体験できるか。➡︎世界を知る

・子どもと私を「社会の需要」からでなく「その人の資質」から見る➡︎本人の資質を知る

・上記の基準を満たすお話を、普段会えない人から聞く

・HSC(Highly Sensitive Child)のお子様のお母さんがつながる

 


映画動画販売しています映画
これまで開催した会の動画を販売しています。

 

ご参加を逃した方、是非ご利用ください。

オンライン22動画販売フォーム

→https://ws.formzu.net/fgen/S37082942/


 

パソコン1月11日(木)

HSCの子の感覚〜シュタイナー学校協会代表のはたりえ先生

シュタイナー教育とは?子どもの本質、発達段階を知る。
~からだ、こころ、あたまが育つ時期~

シュタイナー学校・元校長&オイリュトミスト はたりえさん

詳細: 

http://ptix.at/KcT9WI

 

 

パソコン1月29日(月)22時~

「それでHSC(highly sensitive child)って、どゆこと?」
〜皆川公美子より


プロファイルすることは目的じゃない、
でもそういう子が20%いると知ることは
お母さんがラクになることかもしれない。
定義や現状を知る限りお話しします。

 

お申込み http://ptix.at/IkXhVl

詳細 https://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-12346503115.html

image

 

パソコン2月8日(木)

「HSCだった私。」
でも今起業家たちとバンバン仕事してて、大学休学してるけど全然平気
〜ベンチャーとシッターの仕事で
今を生きる小島祐衣里さんゲスト

 

お申込み詳細 http://ptix.at/GfB4Bc

 

月に2本以上の講座をご用意いたします。

 

 

◆【参加ホーダイ】月5,000円プラス税

 

*一月に2〜3本を見放題。

*見忘れた、子どもと一緒に寝落ちした!も大丈夫

 復習にも使える記録動画見放題。

*お友達へご紹介特典:参加ホーダイにご入会された場合はAmazonチケットをプレゼントします!

 

ご入会はこちらからどうぞ。

クリック http://peatix.com/group/53989/

※「メンバ―になる」をクリックしてください

ご退会方法はこちらをご覧ください

 

◆【お試し(単発)受講】ご希望のかたは

各イベントページからお申込みください。

お申込みください。

サンキュー価格ハート3,900円(+税)➡︎12月より価格改訂させていただきます

 

ニコ幼児のお母様 

小小学生のお母様

㊥中学生のお母様

boy中学生・高校生ご自身 向きのアイコンです。 

(お支払いはカード決済またはコンビニATM決済で、ひと月ごと5,400円(税込))

 

お母様もお子様も自分を生かして自由に生きるための、
世界観と具体策のデパートです。

 

これからのラインナップはこちらです。

 

※最初にPeatixへのログインが必要です。

お名前・メールアドレス・パスワードのみでご登録いただけます。

Facebook/Twitter/Google+のアカウントからもログインできます。

 

※オンラインCafe のコンセプトはこちらをご覧ください。

 

※ご参加方法の具体的な流れについて知りたい方はこちらをどうぞ。

 

K子メール先行情報をメルマガ(無料)にて配信しています。

  是非ご登録ください

 

 

メガホンオンライン22・ご感想いただいています

http://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-12297551181.html

 

 

お問い合わせはこちらへどうぞ。

info@kumichelin.com

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

クミシュラン ~ 皆川公美子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります