一、未だ酒を飲まないというだけの理由で殺された者はいない。

 

二、飲む酒が違うというだけの理由で戦争が起こった試しはない。

 

三、判断力のない未成年に飲酒を強要することは法で禁じられている。

 

四、飲む酒の銘柄を変えたことで裏切り者呼ばわりされることはない。

 

五、しかるべき酒を飲まないというだけの理由で火炙りや石責めの刑に処せられた者はいない。

 

六、次の酒の注文をするのに、二〇〇〇年も待つ必要はない。

 

七、酒を売りさばくためにインチキな手段を講じるとちゃんと法で罰せられる。

 

八、酒を実際に飲んでいるということは、簡単に証明することができる。

 

…うん、めっちゃグッときた。

 
今宵も「聖なる杯」に与りますかね。
 
締めには…ラーメン(笑)
 
{77CF3E2F-CF0B-4921-858C-24F7B9656B9B}