劣等感は人が進化し、成長するには不可欠なもの | ◆ 戸田久実のコミュニケーションブログ

◆ 戸田久実のコミュニケーションブログ

相手との向き合い方と、言葉を変えるだけで相手との関係を変えることができる!そのためにはどうしたらいい? コミュニケーション力をアップするためのヒントやアンガーマネジメントについてのブログです


テーマ:

昨日はマリーナ・ブルフシュタイン博士の講座、

『アドラー心理学(困難を乗り越える心理学)の

エッセンス』

を受講しました。

 

マリーナ博士は 北米アドラー心理学会理事で

北米アドラー心理学会認定のアドラー心理学専門家で

心理学、結婚・家族療法家のライセンスを所持

そしてICASSI教授陣の一員でもあり。

 

マリーナ博士の講座を初めて受講するので

とても楽しみにしていました。

 

image

 

様々な学び、気づきがありましたが、

改めて、

私たち人間には劣等感は必要なものだ

と認識しました。

 

劣等感は私たちが進化し、

成長するには不可欠

それがあるから克服しようと考えることができる

何もなければ克服しようなんて考えないもの。

 

そして、事実は変えられなくとも認知は変える

ことができますしね。

 

だからこそ、劣等感は悪いもの、

と認識している人が多いけれど、

むしろ成長するためには必要不可欠であり、

劣等感があることが素晴らしいこと!

 

さらに、印象に残ったメッセージは

人生の多くの問題は 

やり過ぎてしまう自分の強みであるということ

 

強みがあることはいいことではあるけれど、

完璧であろうとするために

そして誰かに良く思われるために

つい強みを使い過ぎたり、

やり過ぎてしまう

それが自分を苦しめることもある

 

そうだよね…

でも、使い過ぎていると見極めることも難しい…

でも、それに気づかないでいるより、

そういうことがあるものだと

知っておくと今後、違うのだと思いました。

 

そして、マリーナ博士のデモンストレーションを

目の前で見ることができたのも

素晴らしい体験でした。

 

クライアント役の男性の課題に対して

こんな質問からはじめるの?

この切り口での質問は思いつかないと

思いながら、

短時間で引き出す

しかも、あたたかく包み込むような

アプローチの仕方、関わり方に

見入ってしまいました。

 

いつもお世話になっている岩井先生の会社

ヒューマン・ギルドが主催ですので、

久しぶりに岩井俊憲先生

お目にかかることができました。

 

 

image

 

私が手にしているのは

岩井先生の新刊

『「勇気づけ」でやる気を引き出す!

アドラー流リーダーの伝え方』

です。

 

 

そして、久しぶりに

永藤かおるさん にも会え、

積もる話があり過ぎて、

時間が足りないほどでした!

 

 

 

ヒューマン・ギルドにて

愛と勇気づけの親子関係セミナーSMILE

を担当している三宅美絵子さん にも久しぶりに

お会いでき、

マリーナ博士の講座を何度も受講なさっているので

お隣りでいろいろと教えていただき、

フォローしていただきました!

 

 

image

 

久しぶりのアドラーの学び

ハワイから帰国した直後でしたが、

時差ボケも感じないほどの

とても充実した週末でした。

 

 

 

戸田久実 さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス