「腹をくくる・覚悟を決める」それによって今後が変わる | ◆ 戸田久実のコミュニケーションブログ

◆ 戸田久実のコミュニケーションブログ

相手との向き合い方と、言葉を変えるだけで相手との関係を変えることができる!そのためにはどうしたらいい? コミュニケーション力をアップするためのヒントやアンガーマネジメントについてのブログです


テーマ:

今日は、ある大手企業にて

社内インストラクターの方々を対象にした

研修に登壇しました。

 

インストラクター養成研修や

インストラクター向けの

インストラクションスキルアップ研修に

登壇することがあり

多くの社内インストラクターに出会い、

指導をすることがあります。

 

中には…

様々な迷いや不安を抱えている人もいます

 

インストラクターになったけど、

これは会社が決めたこと

私の意志ではないのに

 

私でいいのだろうか…

インストラクターとして皆の立つには自信がない

人に教えられるだけの知識、経験が未熟

 

中には受講生の方が自分よりもキャリアが

長い人がいる

そして、ある分野に関しては

自分よりも知識が豊富な人がいる

その人たちに、どう思われるかが不安

 

現場の方がよかった

インストラクターとして覚えなければいけない

こともあるし、大変…

などなど…

 

私から伝えたのは

 

様々な思いをもつのはわかります。

でも、

「どうぞ腹をくくってください」

ということ。

 

そして、

 

ご自身が希望した役割では

なかったとしても、

人事権がないので変えることは不可能だし

 

この役割を引き受けた自分もいる

そう引き受けたのは自分!

 

なんで私が…

と色々と考えても、何かが変わるわけでもない

しかも、ストレスも大きくなるだけ

 

だったら 腹をくくりましょう!

そして、不安や悩みが少なくなるために

何ができるかを考え行動しましょう!

 

それに、そんな迷いを抱えていたら

あなたの研修を受ける人に対して失礼だし

相手の心に響く研修もできない

 

ちょっと厳しいけど、

そう伝えました。

 

さらに

組織の大切な人材育成に関わる役割であり、

組織の成長や信頼度をアップさせるための仕事

 

どうぞ選ばれたことへの自信と誇りを持って

取り組んでほしい

と伝えました。

 

心構えやインストラクションスキルに関わること

受講者とのコミュニケーションについて など

 

様々なことを講義やワークを通して

伝えた研修が終わった後、

 

ある受講者の女性が私のところにいらして

「今まで不満がたくさんあったけど、

大切な役割を担っていることがわかりました。

そう思って頑張ります!」

とおっしゃり帰ったのでした。

 

その表情から、

腹をくくったのかな、とも感じました。

 

何かを引き受けるとき

取り組むとき

 

覚悟を決める

腹をくくる

 

それによって

その後の行動や結果が

変わると思います。

 

 

 

写真はアフリカローズ

何事もに覚悟を決め 取り組んでいる

尊敬する親友からの

お誕生日プレゼントです

 

 

 

 

 

 

 

 

戸田久実 さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス