紹介する、される〜縁を大切にすること | ◆ 戸田久実のコミュニケーションブログ

◆ 戸田久実のコミュニケーションブログ

相手との向き合い方と、言葉を変えるだけで相手との関係を変えることができる!そのためにはどうしたらいい? コミュニケーション力をアップするためのヒントやアンガーマネジメントについてのブログです


テーマ:

昨日のブログに書きましたが、

昨年1年、お世話になった方、

お世話になっている方リストを

書いていたら、

  

昨年も多くのご縁に恵まれましたことを

改めて実感しました。

 

ご縁を繋いでいただくことが多いからこそ、

私も今年もご縁を繋ぐことを

大切にしたいと思います。

 

「紹介してくれてありがとう」と、

紹介した双方からおっしゃっていただけること

があると、とても嬉しく思います。

 

しかし、残念なことに、

「紹介しなければよかったのかも…」

と思うこともありました。

 

どういう時にそう思うかというと、

それは紹介したことにより、

大切な人が不快に思うことがあったとき。

 

「久実さん、実は先日紹介してくれた〜さんだけど、

こんなことに…」

というように、

 

大切に思っている人が、私が紹介した人によって

困っている、不快に思うことがあると知ったとき、

心の底から申し訳ないなと思ってしまいます。

 

だからこそ、

「紹介してほしい」と頼まれるときは

見極めなければいけないとも思います。

 

私が大切にしている方たちは

仕事につながるご縁を繋いだときなどは特に、

 

「先日、久実さんから紹介された

〜さんと、その後このような

仕事に繋がりました」

または

「このようなやり取りを進めています」

というように

その後の報告をしてくださいます。

 

そういう報告をしてくださるからこそ、

またこの方に頼まれたときは

ご縁を繋ぎたいと思うのでしょう。

 

しかし、中には何の報告もなく、

紹介をした先の方から

「実はあの後、〜のようなことに

なっているのだけれど、

久実さん、聞いてないの?」と

言われてしまうことも…

 

そういう方への紹介は今後は

しにくいな…と正直なところ

思ってしまいます。

 

だから私も

紹介されたときは、

紹介してくださった方への報告と御礼は

心がけたいと思っています。

 

紹介する、紹介される

ご縁を繋ぐ、繋いでもらう

とても大切なこと。

 

ご縁を大切にすることが

良いご縁へと繋がることになるのだと

思います。

 

 

今晩は、夫と近所のお寿司屋さんへ

お正月なので、

普段はあまり飲まない日本酒を

少しだけ いただきました。

 

ちょっとだけお酒も入ったからかな、

思っていることを

そのまま書いてみました!笑

 

image

 

 

 

 

 

戸田久実 さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス