毒親への怒り!どうする?〜アンガーマネジメント | ◆ 戸田久実のコミュニケーションブログ

◆ 戸田久実のコミュニケーションブログ

相手との向き合い方と、言葉を変えるだけで相手との関係を変えることができる!そのためにはどうしたらいい? コミュニケーション力をアップするためのヒントやアンガーマネジメントについてのブログです


テーマ:

研修を担当すると、いろいろな相談を受けますが、

職場での研修でも、相談事はプライベートの話も多く、

 

「母親がいつまでも干渉してきてつらい…」

という相談を女性から受けることが

ここのところ続きました。

 

子どもの頃はもちろんですが、

成人になっても干渉の度合いは減ることなく、

かえって強くなるようで、

 

就職先が決まったのだけれど、

「転勤があるの?そんな会社ダメよ!

自宅から通えないなんてダメダメ!断りなさい。

もし断れないんだったら お母さんが言ってあげるわ」

とまで言われて、断った

 

「男の人なんて、信じちゃダメよ。

お付き合いなんてやめなさい。どうせ騙されているのよ」

と男性との付き合いも制限される

 

身体的な虐待をするわけではないのですが、

子どもの意思は無視して自分の価値観を押し付け、

それが成人になってまでも当たり前のように続いている……

いわゆる毒親のケースです。

 

このような親に対して苦しみ、

自分の思い通りに生きられない、という状況のなかで、

 

「こうなったのは、すべて親のせいだ」

「あんな親のせいで自分の人生はダメになった」

 

という恨みにつながるような思いにまで怒りは増大し、

さらには、そのような状況の中でどうにもできない自分にも

苛立ちを感じて、責めてしまうこともあるというのです。

 

しかし、親や自分を責めても何も解決しません。

 

親の関わり方や過去は変えられないとするならば、

どうすればいいのか。

 

アンガーマネジメントの考え方、対処の仕方を

DRESSの連載記事で書きました。

 

コチラ の記事です

 

 

自分の怒りの感情を客観視し、自分はどうしたいのか、

自分の生きたい未来はどのようなものなのかをじっくり考える。

 

親の支配と、怒りに満ちた現状から抜け出し、

自分の人生を生きるための第一歩として、

アンガーマネジメントを活用していただけばと思い、

書いた記事です。

 

お読みいただけると嬉しいです。

 

 

 

戸田久実 さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス