働く人の健康管理・健康づくりの情報誌

『へるすあっぷ21 8月号』の連鎖

「ストレス・ハラスメント対策に役立つコミュニケーション術」

 

今回のテーマは

「周囲の迷惑も考えず怒りやいらだちを露わにする人が

気になって仕事が手につきません」

 

image

 

 

image

 

そして、転職サイト「ビズリーチ」が発行している

中小企業経営者向けのフリーマガジン

「ビズヒントマガジン」の連載

『“怒力”は必ず報われる』

 

今回のテーマは「自分が若いときは簡単にできたことが

できない若手社員にイライラします!」

が、それぞれ掲載されました!

 

 

image

 

image

 

 

「わたしが若い頃はこれが当たり前だった、昔は…」

と自分と比べたり、自分の価値観を押し付けることなく、

価値観のアップデートをすること。

 

“なぜプライベートを優先させる?“

“なぜメモをとらない?”

 

と、世代と価値観が違う相手に腹をたてても

相手は変わらず平行線になり、

さらに怒りが増すことも…。

 

自分と相手はここまで生きてきた時代、環境が違う

ということは価値観が異なることが当たり前。

 

なんでこうなんだ!

と怒りを抱えたり、ぶつけたりするよりも、

仕事をする上でこれはできるようになってほしいこと

それができるようになるためには

どうすればいいのか、

どのような指導をすればいいのかに意識を向ける

 

そして、他者の怒りに影響を受けて

自分がイライラしないこと。

 

この人はなんでこんなふうにイライラするんだろう!

と思えば思うほど、ますますイライラするでしょう。

 

相手の感情はコントロールできないものと割り切り、

では、相手の怒りの影響を受けないために

何ができるのか

そちらに意識を向け、行動の選択ができること

 

 

どちらもアンガーマネジメントをするうえで

大切なことです。

 

怒りは感じてもいいけれど、

「何でこの人は!!」と思えば思うほど、

更なる怒りを抱えてしまうもの。

 

そんなことにならないようにアンガーマネジメントが

できる人が増えれば…と思います。

 

 

 

 

 

アンガーマネジメントをテーマにした研修や講演

に登壇すると、嫉妬についてのご相談を受けることがあります。

 

Aさん(30代前半女性)からの相談

 

同僚の女性に対して、

「なぜ彼女ばかり、仕事のチャンスがまわってくるのだろう…」

「ちょっとかわいいからって、チヤホヤされてずるい…」

と、嫉妬の気持ちが湧き、日々イライラする

そんな自分にも後で自己嫌悪に陥ることもある

ということでした。

 

身近な同僚だけに、「なんであの人ばかり」

と心穏やかでいられないこともあるでしょう。

 

でも、嫉妬や妬みを抱いていると、佇まいや雰囲気から、

負の空気がにじみ出てしまいます。

まわりから、怖い人だと思われてしまっているかもしれません。

妬みが強ければ強いほど、自分が損をする悪循環になってしまう

のは避けたいですね。

 

ところで、嫉妬と妬みについて少し説明をします。

心理学を大学にて研究している親友から聞いたのですが、

嫉妬と妬みは、似ているようで違います。

 

「嫉妬」は、自分の持っているものを奪われることへの

恐れやいら立ち。

長所を含めた相手の性質をうらやんだり、

腹立たしくなるときに抱く気持ち

 

一方、「妬み」は、自分にないものを持っている人が

うらやましくて、腹立たしく感じる気持ち

 

今抱いているのはどちらだろう?

整理してみませんか?

 

《嫉妬の例》

・いまの自分の役割や、ポジションが奪われてしまう

・いままで自分がひいきされていたのに、

 新入社員や若くてかわいい子が入ったら、

 上司たちがそちらに目をかけるようになってしまった

 

《妬みの例》

・自分よりうまくいっている◯◯さんががうらやましい

・あの人は自分にない能力を持っている…

・◯◯さんはわたしより容姿がいい…

 

どうがんばっても手に入らないものや、

身につかないものもあるでしょう。

 

たとえば、容姿の場合は、うらやましく思い続けるだけでは、

なかなか解決にはつながりませんよね。

 

嫉妬や妬みを持つこと自体は、いけないことではありません。

 

何について嫉妬しているのか・妬んでいるのかを客観的に分析してみると、

どうにかできること・どうにもならないことに分けられます。

 

もしどうにもならないことであれば、

「自分の別の能力を磨くことで、ほかにがんばれることはないか」

と考えてみることが得策です。

 

相手がいい評価を受けている部分があれば、

よきモデルとして真似できるところを取り入れてみるのもいいでしょう。

 

嫉妬は、建設的な動きに変えていくことで、

成長の原動力にもなります。

 

嫉妬の気持ちを否定するのではなく、

味方につけられるといいですね。

 

 

image

 

 

今日は山の日

箱根に今いますが、今朝の朝焼けは綺麗でした!

 

 

 

 

アドラー流たった1分で伝わる言い方』(かんき出版)の

増刷(17刷)が決まったと、

いつもお世話になっている

かんき出版の山下常務からご連絡をいただきました!

 

image

 

 

2014年11月に出版したこの本は、

わたしにとって特に思い入れのある本です。

 

執筆中に母が悪性リンパ腫であることがわかり、

初校が出来上がる頃にはあと2ヶ月弱だと

余命宣告をされました。

 

出版のパートナーである星野友絵さんと

ゲラチェックをしながら涙が止まらなく

なってしまったこともあり、友絵さんが、

 

「あとがきに、ご両親への感謝のメッセージも

入れましょうよ!」

 

と提案してくれ、メッセージを残すことができました。

 

出版した頃には母は、毎日欠かさず読んでいた

新聞さえも読めない状況だったのに、

この本は全部読み切り喜んでくれました。

 

母のことを思い出すこの本が、

長きにわたり増刷を重ねることが本当に嬉しく、

手にとってくださった方々、営業の方々に感謝の

気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございました!

 

フロイト、ユングと並び、心理学の三大巨頭と言われる

アルフレッド・アドラーは、

「人間の悩みはすべて対人関係の悩みである」

と言います。

 

そして、その人間関係の悩みへの対処法について、

「力によるのではなく、言葉をつかって

問題解決をすることが重要」

とアドラー心理学では考えています。

 

こんな時、どう関わり、伝えたらいい?

というさまざまなシーンの事例や

人間関係がうまくいくためにはどうしたらいいのか

について、考え方や取り組み方もご紹介しています。

 

こちらのブログで、そのエッセンスも今後

ご紹介していきたいと思います。

 

 

今日のオンライン研修の登壇はちょうど

黄色いジャケットだったので、

黄色の表紙のこの本と、黄色のピーちゃんと。

 

夫に写真を撮ってもらいました