JR北海道わがまちご当地入場券の旅FINAL 16 名寄&美深を経て音威子府へ | すてきなたびを~Have a nice trip~

すてきなたびを~Have a nice trip~

鉄道旅行記メインで、その他いろいろとつれづれなるままに・・・

風っこそうやは士別駅を出発、次の停車駅は名寄になります。

 

天気予報に反して青空が広がってきました。

 

風っこそうや3号は名寄での停車時間は僅か2分。

事前予約していた復活ニシンカズノコ弁当の受け取りが心配でしたが、販売の方々が

乗り込んで購入者に届けてくれました。

ありがとうございます!

 

ニシンが特に美味しかったですね。

あともう全体的に少し量が多ければ良かったかな。

 

今回の復活ニシンカズノコ弁当はお茶付き。

プラスチック容器入りの熱いお茶を小さい蓋で冷ましながら飲むのも久しぶりで楽しい。

 

名寄から美深の特産物の車内販売も乗り込んで来たので美深産かぼちゃ甘酒を購入。

確かに甘酒でかぼちゃでもある不思議な美味しさでした。

 

名寄の次は美深に停車。

停車時間は8分の予定でしたが3分程遅れて到着のため5分となりました。

美深ではご当地入場券を購入するつもりだったので窓口の列に並びました。

ところが前の人々が常備券と一緒に購入や1人でご当地入場券を10枚購入とかで

中々進みません。

発車時間が近づいて来たのでご当地入場券は諦めてホーム上で風っこそうやグッズを

購入して車内へと戻りました。

まあ、何というか1人で10枚とか空気読めよといった感じでしょうかね。

 

それはそれとして、道北の素晴らしい車窓で癒されましょう。

 

旭川を出発して約5時間、いよいよ音威子府に到着します。

 

 

↓ぽちっとな、お願いいたします。

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村