努めて明るく過ごすということ | 心と身体の備忘録 _φ(・_・ 双極性障害と上手くお付き合い。ときどき胸腺腫的な?

努めて明るく過ごすということ

病院の診察前後が頭おかしくなりそうMAX。


今はとにかく暗い感じが出ないよう、嫁とご飯食べてチビ達と漫画の話したりと普段通り過ごしてます。


『努めて明るく。』
これ、周りのためじゃ無く自分ために言い聞かせてる。


1個前のブログの内容や書き方、まさに自分なりの努めて明るくです。

計算で無く、無意識でしたが。。。





気持ちが沈んでる時に、無理して明るく振る舞うこと程、キツくて辛いことはないです。



私は双極性障害ですが、コレは同じような疾患を持っている人は分かる。。。かなぁ。

個人的には少数派意見ではないと、そう思ってます。



では、どうして無理に振る舞うのか?
それは簡単なこと。



診断名聞いてモヤモヤし続けることの方がもっと辛い。

心がそう感じた、そう判断したからです。



残念ながら人生初の腫瘍発見。
結果が良性でも悪性でも、
オペでも経過観察でも、

無理にでも元気でいないと、自分の心が受け止められるキャパを超えそう。


さすがにそんなに強い人間じゃないよ。



後々、無理した分の反動が来るかもな。

でも今はブログを更新できてます。


化石のように眠っていたこのブログ。
掘り返して本当に良かった。

アクセス数が1つでもあるだけでありがたい。

というか、どうして名もない自分のブログにアクセス履歴があるんだろう。

その仕組みが分からない。アクセスって何?


分かっていないことを良いことに、そのアクセスが『ありがたい』から『支えになる』に変わっていくはず。


もし気持ちが落ちてベッドから起き上がれなくなっても、1行でも書いていたい。

そう思った次第です。