肥後守傳感応録〜兵法〜 | 熊本城おもてなし武将隊武録ー百古不磨ー

熊本城おもてなし武将隊武録ー百古不磨ー

熊本城おもてなし武将隊公式ブログ


八月二十四日
此度も清正一代記を書する。

先の細川殿、立花殿の武録にも綴ってあった様に、昨日はとある場所に足を運んでおった。



{3E82ED1E-6F2C-43DB-B566-59EF9D762A98}



公務の中身については、また後日。

唯一、言える事は、皆々も心浮き立つ戦であると言う事!

然るべき時に、改めて報せて参る。

何時の世も戦を良き方向へと進める基本は、兵法に則り奇をてらう事。

焦らず、絶好の機会を伺い、此処ぞ!と言う時に仕掛ける。

虚をつく事が肝心じゃ。



{C6A74789-160A-47F4-8A03-BF0277D47717}



ふっふっふっ、知らぬ間に作戦は実行されておる!

左様っ!

此の武録を読んで内容が気になった其処の御主は、既に我が手の内で御座る。

案ずるな、後悔はさせぬ。

皆々は我等の作戦にいつでも参戦出来る様、確と戦支度を整えておくようにっ!!



{CD92E19F-DBA4-46F1-A3AD-0BC8A50A5E93}



披見、大儀であった。



◎加藤肥後守清正