鬼面仏心録~姶良武勇~ | 熊本城おもてなし武将隊武録ー百古不磨ー

熊本城おもてなし武将隊武録ー百古不磨ー

熊本城おもてなし武将隊公式ブログ


テーマ:

皆の衆、関ヶ原の戦いにて本陣中央突破を果たし、姶良の民に尊敬されておる男…島津義弘である。


本日わしは清正殿、あま姫父娘と共に、薩摩の国は姶良(あいら)市にて行われた「あいらん家うまいもんフェスタ2013」に出陣致した!!


以前も少し話したが、この姶良の地はわし島津義弘が武士としての初陣を飾った地であり、関ヶ原敗戦後に移り住み、終焉を迎えた地である。


…島津義弘の武勇伝は姶良の地から始まり、姶良の地で終結したと言っても過言ではない。

今でもわしの生きた証が残る、非常に縁の深い地なのじゃ。


しかし我らが姶良へ参った理由はこれだけではない。


photo:01


薩摩の姶良市 、肥前(佐賀)の武雄市、そして肥後の熊本市。
この三都市には日本最大級の大きさを誇るクスの木があり、これらを後世に残すため、互いの交流を深めながら周知活動を行っておるのじゃ。


熊本市は熊本城のすぐ近くにある「藤崎台のクスの木群」が有名であるな。大きなものは樹齢推定1000年とも言われておる。
これも驚きの大きさなのじゃが…


この姶良市にあるクスの木がこちらじゃ!!


photo:02



…見よ!!この大きさを!!
わしがまるで小人のようじゃ!!


それもそのはず。
この蒲生(かもう)の大クスは推定樹齢1500年、幹回り24.22めーとるで、昭和六十三年に環境庁より「日本一の巨樹」と認定されたとのこと。


その圧倒的な存在感は見ておるだけで心が癒される。
ぜひとも後世まで永く残してほしいものじゃ。


武雄市には樹齢が3000年を越えると言われる川古の大楠があり、これも見事なものじゃ!



熊本城の本丸の大銀杏や飯田丸の大楠も素晴らしいが、熊本城へ登城のついでに、たまには藤崎台のクスの木群も眺めてみてはいかがであろうか!?

きっと悩み事も消えてしまうぞ!!



もちろん、舞台では二回に渡って演舞も披露致した!!


photo:03



ひごまるも共に…な。



そしてここで不思議なことが。


おはら祭り、やっちくまつり、そして此度のうまいもんフェスタ。
これで鹿児島の祭りに参戦するのは三度目であるが…



…三度全て、雨が降っておる!!



「なんだ、島津は本当は雨武将なんじゃないか…」と思った者もおるであろう…



しかし!それは違うのじゃ!!



やっちくまつりの際にも話したが、鹿児島では祝い事の際に雨が降ることを“島津雨”と言うて大変縁起がよいものとして喜ばれるのじゃ。


そしてわしがすごいのは…
我らの演舞の際には不思議と雨が止み、御天道様が顔を出すのじゃ!!


此度も祝いの“島津雨”を降らせ、演舞の際には後光が差す…
やはり薩摩に帰ってきたわしは一味違う!!


そして不思議な縁はまだまだ続く!!


photo:04



この中央の殿方は笹山(ささやま)姶良市長である。
実はこの方、名前がわしと同じ「義弘」なのじゃ!!


わしの名前をとって名付けられたとのこと。
…ここに姶良の地を治めし新旧の「義弘」が並び立った!!


四百年経ってもわしの武勇が生き続けておることに深く感銘を受けた。

この縁を大切に、これからも姶良の地がより魅力ある市になることを、かつての当主として心より願っておるぞ!!


photo:05


他にも、からくり箱の取材を受けたり…


photo:06



あいら観光大使の上原清香姫と岡佳奈子姫、姶良市のゆるきゃら「くすみん」と写真を撮ったり、姶良の民と多くの交流をはかることができた。


姶良の民は誠に温かい!!

此度も日帰りでの里帰りであったが、とても思い出深いものとなった!!


昨日から熊本市の観光案内に奮闘していただいたくまもと観光親善大使の高村加奈姫をはじめ、たくさんの方に世話になり申した。

この場をかりて感謝申し上げる!!

関係者の皆様、誠にありがとう御座った!!


援軍に来てくれた者も大儀であった!!

明日から仕事の者もおるであろう。
また明日からも笑顔で参ろう!!




さて、明日は熊本城に登城致す。


本日から師走…2013年もあと一月。


皆の衆、一日一日を大切に、一年の締めくくりをしていこう!!



photo:07


くも合戦…
これもわしが広めたものじゃ。



懐かしいな…



では本日はこれにて。
皆の衆、明日もよき一日に。



photo:08




島津義弘

熊本城おもてなし武将隊さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント