ミツバチ観察

テーマ:

いざ出陣!


煙、スタンバイ。
人間の私の方が、煙に巻かれそうな煙幕。


オープン!


ミツバチ、うじゃうじゃ…ちょっと私、集合体 恐怖症かも⁈ でも ばっちり ガン見。

このシートが、ダニ防止。


みんなで巣箱の周りで観察していると、蜂たちがブンブン。
巣箱の入り口に人が立つと、中に入れず戸惑ってしまうみたい。
ちゃんと門番がいて、他の巣箱のミツバチは追い出してくれるそう。警告だけで、アリのような攻撃にはならないそう。

きれい好きで、亡くなった蜂さんは、外に出されます。蜂から学ぶ公衆衛生学。

巣箱を木の板の上に置くのは、湿気がこもらないように。


ローヤルゼリー!
酸っぱく 程よい甘み…と、味見した おばちゃん。

刺されないかって⁈

人間と同じ。こちらがビビったり、攻撃しなければ、大丈夫なのです。

先生の会社では、巣箱は素手で扱うのが基本だそう。手袋などしてしまうと、刺されても平気という緩慢さから、どうしても扱いが雑になり、蜂の気性も荒くなるそう。

それでも、業者さんは、出荷の時期には、どうしても毎日 刺されてしまうそうです。

とはいえ、家畜化された蜂は、ほぼ刺さないんだそう。それって便利なようで、なんだか切ないような気も。



巣箱の下段の奥に、いました女王蜂!
左上にいる、背中に赤いぽっちのマーキングがある蜂さんです。
オスのミツバチと、体格は変わらないそう。
これはニホンミツバチと西洋の交雑種。

雄は、両目が近い。メスは目が離れています。
背中が フワフワしているほど若い。巣箱に出入りするうちに ハゲてくるそうです。


冬の間は花粉やお花がないので、ここに50%濃度の砂糖水を満載します。

生まれた時は皆 雌で、餌で性別が分かれ、働き蜂は雌で、1割が雄。
高度10〜40mに雄の集まる集合地があり、女王蜂がそこへ行き、交尾するんだそう。
生涯 一回の交尾で、女王蜂は精子を何年も保管できるそう。
交尾できた雄は絶命、ふだん雄は働かなくてよく、餌箱では 食っちゃ寝 生活。

人間は地ベタに這うような生息圏で、
ビルの屋上に行けばわかるけど、
高度30m位にはカラスの生活空間があるし、ミツバチ雄の蚊柱?も そのちょっと低空あたりかと思うと、実は人間が見てる視野は狭くて、奥行きある それぞれの生活空間がある事を再認識。



蒸留

テーマ:


念願の蒸留体験へ…


3キロの乾燥ローズマリーから 取れるのは数ccの精油のみ…蒸留機械は10数万円だそう。ウィスキー 作れないかな。


蒸気を抽出するので、水面に浮いた油がオイル。

これでもまだ不純物が混じっているそうで、純度を高めるなら、更に作業が必要だそう。
有機溶媒で抽出する素材もあるんだとか。
個人で香りを楽しむには、ジンなどに漬けても良いそう。


左が蒸留水、右がオイル。真ん中は市販のローズマリーオイル。

何に使おう⁈

髪に良いそうで、育毛剤にもなるんだとか…手作りシャンプー作ってみようかな。
って、直接 塗らないと 勿体ないか。


なななななんと!

テーマ:

アーモンドが 実を膨らませてきたのです。

これは事件です。


{BBFF4463-605C-4FE4-8AC1-6B8B54AF460B}


桜の開花よりもちょっと前に、大輪の花を咲かせていたアーモンド。

冬は葉を落とし、枝だけになっていたので心配していましたが、まさか幹から直接、花をつけるなんて、まるでカカオ。


花もも科の花粉と受粉させないと実らないそうで、公園に行っては 落下した花びらを拾い集めましたが、職場のおじさまに見せると『それは桜だろう』と。


{DF87AB5C-2EED-4E50-9988-9B6822A1D347}


なんとおじさまが先輩にも当たってくれ、梅の花を持参してくれたので、それを自力で受粉させました。

{833F7973-7677-4D5F-B061-75062515AAA6}


これが意外に根気のいる作業。無言で地道に取り組みます。細かい花粉なので神経も使うし、筋肉も使うのです。これはたまらん…ベランダで養蜂したいな。

約3日後には、まるで桃とナッツ類の匂いを足して2で割ったような、甘ったるい芳香が。

そして約2週間後…びっくりするほど膨らんだ実を確認‼︎

今後の取り扱い事項など 調べなくては。


温室

テーマ:

長い付き合いなので、ちみの好みはよくわかっている。

世間は桜に夢中ですが、わき目もふらず、飼い主は温室に直行。

{CAD356C8-4633-4C48-8128-EB54708C1F44}


案の定、扉を開け1歩、中に入っただけで、凛子が うごめき始めます。

{C00AABE3-4058-450B-9DC8-EB9A38E4899F}


花粉に目がありません。脊髄反射的に、つかんで味見します。

{09DBC715-78D8-47DE-80C6-05690082CAA0}

なんだか頭の形が似てない⁈

{D4FD0D76-20CB-4C24-B02A-01DD39A7EF1A}

飼い主が大好きなブーゲンビリア。宮古島にはいっぱいあります。名古屋で越冬できた経験は無し。

{6694A498-6C29-4155-85BA-1F840EFA73B0}

とりあえず日本人ですから、桜も。凛子に焦点を当てると 桜がぼけるし、桜に焦点を当てると、凛子がボケます。


最近、蜂が気になります

テーマ:


蜜蝋&ラベンダーのハンドクリーム作りへ行ってきた。
単なる手作り講座と異なり、ミツバチの生態から教えてくれるので、テンション上がる。

蜜蜂を、敢えて働かせない環境に置くと、普通は1ヵ月の寿命が1年まで伸びるらしい。
ふと、ミツバチのQOLに思いを馳せる。

巣のハニカム構造は、板の両脇から、均等にミツバチたちが構成していくそう。両脇からミツバチ同士で、振動を与えたりしてコミニケーションをとっているみたい。
きれいなハニカム構造は、おそらく、それをうまく作れたミツバチのDNAがどんどん残されて、誰かが教えなくてもそれが体現できるようになったのでは、と。
ただ新米のミツバチは、最初はうまく作れないそうなので、見て盗む的な職人精神が息づいているのかも。
蜂蜜の抗菌作用は凄まじく、エジプトのファラオの墓からも、4,000年前の蜂蜜が出て、食べても平気だったそう。

ミツバチが減った原因は、主に農薬みたい。
後は西洋ミツバチの運動量が凄まじく、ニホンミツバチが1年かけて集める作業を、3ヶ月ほどで済ましてしまうそう。
品種改良の最たるもの。
唯一、家畜のような昆虫として、人間はミツバチと蚕を改良してきたみたい。
ただ、1年かけて集めるからこそ、1年を通した草花の蜜がブレンドされる品質。
私が懸念していた雄性不稔の種も、原因の1つではあるそう。
農家さんは、ミツバチの巣箱をいちご畑などには1箱、置いているそう。
蜜が近所にあればそこで事足りるけど、10キロは平気で飛んで、また巣に戻っていくみたい。

巣箱で飼えるのは西洋ミツバチ。ニホンミツバチの巣は、山奥にあるそうで、講座の先生は去年まで、静岡と山梨の間にある早川町の山奥にいたそう。
もし養蜂をニホンミツバチでするなら、その巣の一部を山へ取りに行かなきゃいけないみたい。
女王蜂が、新しい女王蜂を迎える際は、巣を分割するらしいので、その時がチャンス。

トックリバチやら、黄色アシナガバチ、スズメバチも見たけど、やっぱりニホンミツバチは表情が可愛らしい。
海水の熱帯魚もそうだけど、表情にその性格が出るんだよね。

ヒアリ問題も、アリの存在意義についてちゃんと思いを馳せる必要がある。
人間にとって都合が悪いからと駆除していたら、思わぬ弊害が。
アリしか運ばないカタクリの種のような植物もあり、アリを駆逐すると、思わぬところで育たない植物が出てくる。
生態系に無駄なんてない。

ちなみに鹿児島のアリは大きいのだけど、湿気のあるところでアリが多く育つみたい。後は餌があるかとか。自然環境が良いのが条件なのかな。

個人的には、蝶の写真を撮りたいです。講座を催した施設には蝶マニアがいて、根尾のあたりによく行くそう。標本にするマニアさんらしいですが、私は所有するよりも、自然の中で自由に舞う姿がいいな。
岐阜の自然遺産の森にも蝶がいっぱい。

何やら串原では、ヘボ祭りと言う蜂のお祭りがあるみたい。
行きたい。と言うのも、職場のおじさま曰く、スズメバチを漬けたお酒を傷口に塗ると、驚異的に回復するそう。
何やらお酒に溶け出した蜂の毒が、人間にとっては薬効があるみたい。
なんだか漢方を彷彿とします。
実はスズメバチのお酒を漬け込みたくて、蜂を探していたのだけど、そんなに簡単には、殺虫剤のついてないスズメバチなんて手に入らない。
串原のお祭りでは、1匹入りで1,100円のボトルで売っていました。
いいじゃない、欲しいじゃない ♪
そもそも健康なので、薬効と言うより、純粋に その味に興味があるのです。


日本人で良かった、の瞬間。

テーマ:

先日、空海を観に行ったら、唐にたどり着いた空海が「倭国から来た空海と申す」と話していたのを、ふと新鮮に感じた今日この頃。

和菓子教室もいよいよ第3弾。出来立てホヤホヤを食べれるのが、教室の醍醐味。

次第に難易度も上がっていきます。
今日は薯蕷を用いて作る寒牡丹。
この奥行き感が、なんとも味わい深い。

{64AE6045-0BD6-4B5B-8B2B-AD957A87E0C0}

伊勢芋を蒸します。

{AE5165F4-08FF-4DD8-8936-A2B8E6D4E251}

三重県多気町でとれたものを伊勢いもと呼びます。

{5EB19C75-6A5E-4221-A7B6-951648EF619B}

同じみ、毛通しで 濾します。
職人の数が減り、もはや業者でないと一般人では手に入れることができないそう。
祖父の存命当時、サラブレッドの毛ならいっぱいあったし、幼少時の私の前髪を切るハサミは、馬のしっぽをカットするハサミだった…母がハサミを持って私を呼ぶたびに、そのデカさに恐怖した思い出が。

{C42E672C-BF7E-4F9D-B54C-E6186EAB905B}

芋に 白双をきちんと溶かします。白いザラメ。IHヒーターなら保温設定。

{F8A27FD8-6D84-4EA0-BA48-5F64EDFBC7DE}

まずは外側の生地を真ん中の部分だけ、薄く透けるように伸ばし、
そこにピンクの生地を少しのせ、さらに白い生地で蓋をして、3層構造でピンクのぼかし生地をつくります。

{EC288EA1-C2E8-4EBB-8471-14F5FEFF5BC4}

芸術的。三枚重ねで、食べたときの断面も色彩が多層に。

{D9AA02E3-F12E-4E91-B912-36E86FFC5667}

先生手作りの道具、丸い部分を団子に刺し、
てるてる坊主のように逆さにしたら、下部の淵を布巾で絞る。

{C701D5A3-2B42-4479-8E5D-38EB645FADF4}

カルデラ!

{410300A6-1487-427F-B6E1-B3205A43F53D}

カルデラ部分に、黄色の花粉を乗せます。

{E7F6047D-8D21-4E69-8DFC-5146B78ADEA6}

綺麗な色合い。

お次は、蒸し器で蒸す和菓子。
これまた伊勢いも、良い粘りです。

{2F3D3A23-8439-412F-BEE8-31F3EBB11A2D}

ぼかしの要領は、上記と同じやり方。

{47AADBE7-E691-413A-96A0-1C1F734F2865}

小籠包や!

{BB031A1F-8B7B-4A56-9081-2ABD1F0759DF}

まだ粉っぽいのが、蒸し器で10分もすると…

{4E39A02E-AC86-4FE7-9121-34648208838C}

なんとも言えない、キラキラした艶のある表面に。
蒸す前に、割れないようにお酢を吹きかけます。冷めたものも、再度 蒸すなら、10分で良いそう。そうやって温度をしっかり ベストにした状態のものをお客様に出すと、オッ✨と なるそう。
2度目に蒸す際は、割れる心配は無用。

古来の作法では、楊枝など使わず、手で食べるのが正当。

{F2C057DD-F376-4A6B-BD05-BFF922F28A28}

お茶の香りがなんとも素敵。
これまた、和菓子を食してから、お茶でその甘みをすっきりさせるのもお作法。

日本人に生まれてよかったと思う瞬間!
日本の文化・伝統、きちんと紡がなければ。


剣舞を習いたい

テーマ:


ひょんなことから、お教室の見学へ行ってまいりました。
そう、巫女舞です。
社務所の窓には、紙垂が連なり 風が吹くと、さざめく音が なんとも心地よい。
浦安の舞、豊栄の舞を見学したのですが、日光が差すと、なんとも神事と言う感じ。
和歌の調べにのせて舞うので、その意味や抑揚などが頭に入っていないと、舞自体を覚えられない、と。ここは鏡もないので自分の動きを見ることもできないしね、と。
これは私の中でも、核心に迫るものでした。
幼い頃から習っていたピアノも、初見でそれなりに弾けてしまう。なのでそれほど、練習量を積まなくても、それなりの完成度にはなる。
だけど、自分のものにするほど掘り下げていない。だから、発表会等は、自分の順番が近づくと、緊張を超えて恐怖感を抱いた時も。だけど体は覚えているので、自分の作業記憶に任せれば、勝手に指が動く。ただ緊張で頭は真っ白・心で唄う余裕すらないので、それでは表現力と言う意味では ハテナ。
もちろん無心に弾いていると言う次元であれば、さらなる表現力が伴うのでしょうが。
と言うわけで、舞の先生曰く、練習用の音源と、歌っている人が異なったり、
伴奏の楽器が変わったりすると、一気に戸惑いが生じることもあると。
自分の中で歌えていれば、動じないと。
そうでないと、教室以外で練習する際に、どうやって舞うのか?と。
動画で見ながらと言うこともできる時代ですが、それだとある箇所からの流れを通しで舞うことになる。
ここの箇所が…と言う局所的な再現をしづらい。
見よう見まねで人を真似ながら練習…と言うやり方の癖がつくと、自分で再現できなくなる、と。
これは私の中で、カンフーを習っている際も、常々感じていたことでした。見よう見まねではできる、けれど、それでしかできない。
けど、ブランクがあっても、体が覚えているので、周囲に同調してこなすことはできる。果たして、それで良いのか?
その点、巫女舞なら、歌の歌詞があるので、その意味を踏まえながら実践できる。
1音の歌詞で4小節ほど続いたとしても、何とかなりそう。
これがカンフーの場合だと、歌というか、本来ならBGMは無いはずだし。
とりあえず和歌の意味から勉強しなくちゃ。
調べてみると、どうやら昭和に入ってから作られた舞らしい。
古来のものって、あのお面をかぶった舞になるのかな?
鈴については、邪気払いや皆の幸福を願う意味があるそう。五色絹については、五大陸と言う意味合いや、風水でも五色の概念があるので、それぞれ人によって意見が異なる、と。
私自身が有意味な運動に志向性があるので、意味があるのはありがたい。燃焼系のジムのプログラムなどは、これをやってどんな意味が?元気の無駄遣いでは?と、思ってしまうため。
ただ、意味がありすぎても、やや窮屈な気もする。
いずれは自由な解釈を欲するようになるのでは?
そう思うと、コンテンポラリー系…ジャイロキネシスは、頭上と手の間に、確かに熱い気が流れるのをひしひしと感じた。
だけど、その所作を続けるだけでは、積み上げて完成させるような統合感を得づらいかもしれない。
机上のお勉強なら、覚え方はわかるし、スムーズに取り組める。だけど、いざダンスや体を使ったもので覚えるって非常に難しい。
知能には、言語性と動作性が定義されてるけど、自分の体の部位の、それぞれの可動域を知って、統制感を持って動くって、すごい。
そう考えると、演劇役者などは、それらを駆使しつつ、膨大なセリフを覚えた末、表現までやってのけている。少なくとも私にとっては、至極 高等な人類に思える。
昨今のAI脅威論が飛び交う中、芸術ばかりを特別視しては公平性にもとるのかもしれないが、やはり表現者ってすごい。
そして、やはり本音は、舞うという女性的な芸術性よりも、武闘と芸術が統合されたような 剣舞をやってみたいな。検索すると、居合のようなものが出てくる…武士っぽい袴…むむむ。
やはり中華的な剣舞にしようか…むむむ。
コンテンポラリー剣舞みたいな教室、ないかな。




和菓子教室 胸いっぱい

テーマ:

カルカンの山芋の生地の美味しさに感動。
鹿児島 土産のカルカンとは、
使ってる粉も違うので、全く別物だそう。

{95CD66D5-1BB2-4B2C-9A12-368D911992FF}

職人は、こんな紙なんか使わず、木ベラで ぺっと 生地を引くそう。そりゃそうだわな。生徒の為にやり易い方法を準備してみえる。

{79215D5E-DDC9-4BBE-85F7-B4CAD4F2F480}

それにしても、時計回りに曲線を入れる、最初の線と三つ目の線が扇型になるように、四つめの線が 一つめの線と繋がり、五つめが2本目と…しかも、線を入れたら、くるくると生地を回転させて…。
方向音痴の私は、字面で理解するとこんがらがる。私が実地でやってる時に マンツーで教えてもらう必要が生じる。

{B266510C-9817-4FF7-B577-CCE7B8D17157}


そいえば、大学の授業で、先生に 住宅の路地を曲がりまくって「さぁ、最後の方角は 今どっち?」って研究の被験者にされ、悲鳴をあげた思い出が。
方向音痴って、何でなるの?と聞かれた事もある。
「父もそうだから…遺伝⁇」に、ぶははっと笑われた思い出も。

{0AC2A5E0-C639-4B3D-8602-FE57F284F608}

餡を生地に丸め入れる手さばきも、先生は一瞬。
「これで子供2人育てましたから」(キリっ)。

生地の柔らかさなどの塩梅は、データには出来ない職人の感覚だそう。
メカニカルな製品の現場でも、それは聞く。
言葉や数字という尺度でなく、職人の五感の感覚なのだそう。
奥深い。
「最近は、手先を使うことが少ないでしょ?ゴルフボールや、胡桃二個を片手で回すトレーニングをすると良いよ。その胡桃が割れるまでやったら一人前」と。

職人になるには、最初からセンスのある子もいるけど、やはり根気よく向上心を持つ子は 伸び代が大きいので、センスの有無はさほど重視しないそう。

箸の持ち方が違う子は難しいんだとか。
私はどれだけ鉛筆や箸の持ち方を矯正されても直らず、初対面の方からは不意に「左利きだね。私もなのよ」と 親和性 抱かれて声かけられる事もしばしば。
「ちゃんと右で箸 持てるように私なら教えられますよ。ただ、左が持ちやすいという方もいるし…両利きが役に立つのは茶道の時。茶道ばかりは、右手でないと、お菓子を持つのが大変だよ」と先生。
がーん。確かに学園前の邸宅で茶道を教えていた大叔母の形見は、実家で箪笥の肥やし。

和菓子作り、日本の伝統、守るぞ。
そして、物作りって やはり空間把握能力がないと、完成形の造形に影響する。どう鍛えればいいんだろ。


みかん酒

テーマ:

帰省前に、大量の蜜柑が‥。

そうだ、私にはお酒という保存方法があった。

まずは屋久島のポンカンで。

{D45B465E-9188-4968-9158-013819289A24}


なんだか、もったいない‥いずれはジューサーを買おう。ジュースにすれば、いろんな野菜も、大量摂取できるし。

{F9BC34B6-9478-47DC-9653-6F144354864F}

完成。

次は、職場でいただいた、葉付きの長崎のみかん。

{3672E348-04B4-43C4-A825-2F146CC58DD3}

容器が足りなかったので、帰省中は使わないであろう鍋に投入。

そして、10日後‥

みかんの皮を取り出すべく、蓋を開けると‥ツーンとアルコールの刺激臭が。

{3140A9C5-FCE0-4C82-B011-6E23A0EB2FAB}

なんだかアロマのような良い香り。

{69E280FB-1B41-453E-97F7-E7D8C43E59DE}

これは期待できそうだ。

2ヶ月後には、実を絞って取り出し、7ヶ月後には飲み頃に‥なる予定。

錫山

テーマ:


今日は 科学館へ‥友人のお子ちゃま達は、大興奮。

{00A366FF-B396-4E28-80EA-9E54B0E2AB5D}

米国から 日本に転職した友人夫婦、むしろ 瞑想や東洋哲学に理解があるので、
垣根なく、自己開示。

友人によると、
桜島や 屋久島は 良いエネルギーみたい。
大自然でも、良いエネルギーと、なぜか 早く立ち去りたいような雰囲気の場所とがあるそう。

{3C582C7D-0B4C-4B56-A609-A278AC378DB4}


友人からは、カリフォルニアのシャスタ山を勧められた。
瑞々しい大自然に、湯治場のように、癌患者の治療施設などもあるそう。
ググってみると、標高4300メートル。
大丈夫か、高山病。
やはり富士山に登っておくべきだろうか。

そんな話をしつつ、友人のお子ちゃま軍団は、企画展の鉱物コーナーへ。

{14D6F5E6-4B45-41F2-883B-96013523519A}


実は、去年のミネラルショーにも、単独突入していた私。躊躇なく、そのコーナーへ吸い込まれます。

{F1EF1DEF-4FD7-4F5F-B2E3-3FA41B6DC37E}


薬草栽培教室にて、錫の急須でないと、純粋な薬効ではなくなる と聞いていたので、
鹿児島の錫山の鉱石たちが並ぶ展示には、息を呑む。

{16D34A45-E732-4AD1-B8BA-0635637FCA99}


饒舌に 品良く説明してくれる 仙人のようなご老人‥やけに詳しいな、と思ったら 研究者。
展示物の一部は 教授のコレクション!

{F2FF057A-7A33-4151-8ACB-E60C657E07A5}

鹿児島では、水晶なども、山に転がっているそう。見つけに行きたい。