1.日時:2020年7月24日(祭日)午前7時30分~午後1時30分
 2.集合場所:江南行政センター正面駐車場
 3.調査人数:7名(3班に分かれて、車両3台に2~3名ずつ分乗)
 4.調査地点:①荒川本流、②大里用水、③和田吉野川、④星川・忍川、⑤元荒川

       ⑥利根川・福川 ①~⑥の流域で4地点ずつ 計24か所で定点計測
 5.調査用物品:採水用ひも付きバケツ、温度計、PH測定器(試験紙)、記入用

         COD(科学的酸素消費量)調査キッド、EC計(電気伝導率)
 6.調査方法:
    指定場所でバケツに採水→気温と水温を測る→試水のPH、EC計を測る
    →パックテストでCODを測る(3回調べて平均を出す)
 7.結果概要 *詳細データは別紙参照
    例年6月に調査していたが、コロナの影響と7月記録的降雨後の8月になっ
たため、調査結果が単純比較出来ないがCODデータについては、増水の影

によりいづれも区域で数値が低かった。又、ECデータは各調査地点共例年

同様な傾向が確認された。
 8.成果
    今回調査実施月日が異なったことや大学から測定機器が借りられず、新たに

    入した測定器で行ったことなどで詳細な調査分析は不可能と考えております

    今までの調査を継続させることを優先としました。前年の課題に調査地点の

直しについては、今回問題とならかったので来年以降も今まで通り実施を行
う予定です。また、今回経験を生かした緊急事態に対する対応についても、
事前
にスタッフ間で十分な準備と打合せの場をより持つことに力点を置きます。
  9.添付資料
   1)調査風景
2)調査結果の観測データ一覧表