豊年エビの幼生をメダカの稚魚にブライン代わりにあげようとしてみたら
なんか口に入らないサイズみたいで
稚魚を収容したプラケースに豊年エビがいっぱい育ってしまいましたorz
幼魚くらいからじゃないとダメですね。ざんねーん。




この1年ばかりリターンした子たちの💩を見回っても収穫が無い。
排泄時に穴を掘って埋めてしまうからなんだろうな。
徒歩数分圏に一か所だけ、以前から「これは猫トイレに違いない」と見受けられる
花壇の一角にひっそりと作られたミステリーサークル的なものがあります。


我が家の庭はプランタートイレとか、カバーつきトイレを置いた時期もあったけど
使われた痕跡もないので
そろそろ違う事を試行しようかと。
 

庭を無数の猫が徘徊している、と気づいた頃、
私はミミズを飼育していて

腐葉土や野菜屑を餌にして分解されて土になった部分を鉢植えに使ったり庭に埋めていました。

それを猫が掘り返して排泄していた事を思い出したので
再びそんな事を試行してみようかと思っています。
でもそれって、コンポスト的なものなのか猫トイレなのか、自分でもよくわからないし

寄生虫が混ざった猫糞の腐葉土で野菜は育てたくないよね笑い泣き
使うのは観葉植物くらいにしておくわ。



薄井ちゃんとブーちゃんが使っているこの猫ベッドと同じものが
人間の寝室のベッドの上にもあって
豆ちゃんが毎晩そこに入って私と一緒に就寝します。

猫ベッドが無くても一緒に寝ようとするけど
寝返り等の時に危ない気がするので、猫ベッドを置いて
豆ちゃんはその中で寝てもらいます。

毎晩寝室に行くと、豆ちゃんも何処からともなくやって来て
とても大きな声で、わーーーーーーーーん爆笑 と鳴きます。

昼間は猫ベッドに自分で入って寝ているくせに
夜になると毎晩  わーーーーーーーん爆笑 と叫んで

抱っこで猫ベッドに入れてもらおうとする儀式が執り行われるのです。
猫ベッドに入った後は、喉をゴロゴロ鳴らしたり踏み踏みしたり
ブーと同じく、ちゅーチューを要求してきたりと、とっても可愛らしい豆ちゃんなのです。

ブーと薄井ちゃんはゴロゴロすることがないんだよね。
野良生活が長いとそうなってしまうのかな。

 

 

クリック 魚の病気と治療法 

クリック カラムナリス菌は塩水浴では死にません

にほんブログ村 観賞魚ブログ ベタへ
にほんブログ村