• 05 Sep
    • あのやま こえて どこいくの

           ひろかわ さえこ 作   アリス館 ありさんありさんどこいくの。あのやまこえてこめつぶかいに。こめつぶかってどうするの。ぐうぐうねんねのまくらにするの。 でんでんむしさんどこいくの。あのやまこえてボタンかいに。ボタンをかってどうするの。つんつんつのだしぼうしにするの。  はちさん かえるさん たこさん かめさんへびさん ぞうさん おばけさん みんな なにかをかいにいきます  なんか 安心します。ここちよいです。 忙しい時間がすぎると こんな絵本で癒してもらいます。   今日も絵本力に感謝です。    朝から 二教室合同のスタッフ研修を自宅教室で実施しました。   アイスブレークで 最近のグッドニュースを披露しあいました。   聞き手は全力の笑顔で すごいという表情をして聞きます。      私は M-1のお話をして 皆さん 目を丸くされましたよ。   おかげで初対面の人同士も すぐ 仲良くなれました。     そのあとの研修やミーティング ばっちりでした。     10時から 1時過ぎ。     その後の教室が10時まで。     今日も よう 頑張りました。            

      6
      テーマ:
  • 04 Sep
    • いらないねこ

          ヒグチユウコ 絵と文   白泉社    前作の『せかいいちのねこ』   そして この2作目がでました。   2017年9月6日初版って 出たばっかりです。   土曜日の書店巡りで サイン入りでゲットです。       ぼくは ニャンコ ぬいぐるみのねこです。    ぼくは せかいいちしあわせなぬいぐるみの1ぴきです。     ぼくはいろんなやさしいひとたちや    やさしいねこたちに出会って 心が少し成長したように思います。    なぜなら 前のぼくは 自分がどうしたら    もっともっと 大事にされるかということばかりを    かんがえていました。    ものごとの”ほんしつ”とは いつだって    かたほうだけからでは みえないものなのです。     本当にこのニャンコにいつも私は    教えてもらいます。    ニャンコは 体はそのままですが どんどん     心が成長していきます。    気づきがすばらしいです。     大人のための絵本かもしれません。。                     サイン入りで喜んで手に入れて    家であけてみると かわいいファイルまでついてました。    絵本との出会いも 一期一会です。    出会ってくれてありがとう。     そうそう、徳島からお菓子とその方のおうちの    無農薬のすだちが届いてうれしいです。    焼き魚、お刺身、そうめん、お豆腐、お鍋、何にでもあう、優れもの。    今年もありがたく 頂戴します。    秋をおいしく いただけます。                                        

      5
      テーマ:
  • 03 Sep
    • おしりびより

         酒巻恵 作   WAVE出版 日曜日の朝、「ほんじつは 10ねんぶりの たいへん すばらしい おしりびよりです」お天気のおじさんが言った。「おしりびよりってなんだろう?」けんくんはお外へ出かけて見ると、そらに大きなおしりが浮かんでいました。うまのおしり、うさぎのおしり、ぞうのおしり…次々とおしりが流れてきます。幼児さんや低学年の特に男の子が大好きなおしり絵本です。   秋の気配を感じる今日この頃ですね。  今日は 絶好のおしりびよりかもしれません。    私は 小さいころから 書店が大好きです。  そのころは 近所の小さい書店。  おじさんが店の奥で座っているあのレトロ感。  たまりませんでした。  今では 大型書店や郊外型書店にもよく行きます。  大好きな新刊絵本や文芸本、雑誌、話題の新刊  健康に関する本、何でもこの目で見たいです。   ありがたいことに書店でのお話会もさせていただきます。                    書店の系列全店で夏休み読書マラソンが実施されました              お話会終わりに友人とティータイム。     ケーキがめちゃくちゃおいしくて 今週の頑張りにご褒美です。      友人がお話会を最初から最後まで見てくれました。     今回は 40名のお子さんと10名以上のパパとママの参加でした。     どの子も反応もよく 楽しいんでくれました。     書店員さんも 用意していたスタンプカードも足らなくなり     嬉しい悲鳴でした。     店長さんもいつもにもまして 喜んでいただいて私も感謝でした。       地域に根付いた書店さんです、素晴らしいです。        

      8
      テーマ:
  • 02 Sep
    • まっていたてがみ

             セルジオ・ルッツィア 作     福本友美子 訳  レオは小さな村で働くイタチの郵便屋さん。 毎日 元気に楽しく、村のみんなにお手紙を配っています。でも、出会いと別れ、そして待ちに待った「お手紙」が喜び。幸せな結末に、読んでいるこちらも幸せな気持ちになります。そして、お手紙を書きたくなりますね。          月初めに お給料明細とともに     スタッフ先生たちに手書きのメッセージを添えるように     なって 何年 経つでしょう。     先月は あんなこと こんなこと していただいたな     あれは助かった 嬉しかったと思い出します。     ただ、全員分書くとなると 結構 時間は必要です。     忙しいときは 今日はなしにしちゃいたいと一瞬思います。     友人に 2,3か月に一回くらいでもいいんじゃないかと言われます。     でも、やっぱり 、書きます。       時々 返信メッセージがくると すごくうれしいです。      それも 手書きだから 余計にうるっときます。       メール、ライン、いろいろきます。      でも、手書きの良さは 最高です。        ちっちゃな秋を感じる朝晩、誰かを思って       手紙をかいてみませんか? 

      8
      テーマ:
  • 01 Sep
    • ぜったいに おしちゃダメ?

          ビル・コッター 作 サンクチュアリ・パブリッシング  表紙をひらくと     ちゅうい おとうさん おかあさんへ  ボタンをおすと たいへんなことがおこります おこさまがボタンをおさないように じゅうぶん ちゅういしてください    もう、わくわくしちゃいますよね。。        参加型で ぜひ、 楽しんで下さい。       北朝鮮の●●には ぜひ、このタイトルを送りたいです。    さて、夏のお楽しみ会と表彰式も無事 終了。   こちらの第二教室では 1歳8か月さんから   高校生まで 楽しく集まってくれました。                 とにかく みんなではじけてくれました。        最後には みんなで後かたづけもしてばっちりです。        一人一人を手作り表彰状でこの夏のがんばりを大いに褒めて        みんなの笑顔をたくさん見れて 幸せでした。       さあ、9月1日 スタート 気持ちも新たに頑張りましょう。                    

      8
      テーマ:
  • 31 Aug
    • ぐるぐるまわろう ぐるぐるでんしゃ

            間瀬なおかた 作 ひさかたチャイルド  2つの電車が町中の駅を出発。それぞれが同時進行で山沿いと海沿いをめぐります。最後のいなかの駅では、2つの電車がすれ違いました。今度は山まわりの電車は海まわりに、海まわりの電車は山まわりとなって、元の駅へ戻っていきます。 電車に乗った気持ちでページをめくっていけます。エンドレスで一冊をずっと読み続けてられますね。   この夏もいろいろな思い出を残して次の季節に移り変わって  いくのでしょうね。   昨日のびっくりのこと。  朝 財布がない。    早い時間の電車に乗っていかないといけないのに。。   前日の教室に忘れてきたかもしれないと 急遽  車で寄ることにしました。  やっぱり ない。えーーーーーっ。  でも、ラッキーなことに換気扇をつけっぱなしがわかりました。  今まで、こんな時は (なくしものなどをしている場合ですが)、  気持ちが落ち込み 今の状況に集中できなくなり あちゃーと焦りまくりでした。  でも、何か知らないですが 根拠なく 大丈夫とおもえるのです。   で、スケジュールをこなして 2時間目の担当されたお友達と  タクシーを呼んでもらって 小学校から駅に向かいました。  電車に乗ってすぐ 私が携帯を鞄からごそごそ取り出すと  それをみて お友達が 「あ、携帯をタクシーの中で忘れた」と叫びました。    すぐに次の駅でもらっていたレシートのタクシー会社に電話しました。   運転手さんが会社にすぐ届けてくれていました。   その事務所の場所は 駅前でなく 土地勘のないものには   行きにくいところです。   で、私 自分だったら その事務所に 電車で戻って   また タクシーを使って取りにいくところです。   でも、友人のことなら   「 すみません。 もし、お願いできるのなら●●駅まで届けていただくのって      無理ですか?」   と、言えるのですね。   会社の方 すぐに手配してくれました。 ありがたいです。   京都の伏見タクシーさん ありがとうございます。    で、家に帰って ゆっくり 探すとお財布 ありました。   財布の独り言が聞こえるようです。     「 あの方 いつもバタバタして こんなとこに私をおいていって    『財布 あらへん あらへん』って大騒ぎして  朝 はようにでていかはった。     もう ちょっと 落ち着いていかなあかんと思うな。43歳やないのに。」                         消すことができました。 よかったわ。  で、    そうちょ      

      3
      テーマ:
  • 30 Aug
    • おふろでなんでやねん

                鈴木翼 文  あおきひろえ 絵  世界文化社  『 なんでやねん 』 の2作目です。 今回は 家族でお風呂屋さんに行くのお話です。 前回を上回る面白さです。    なんでやねん この突っ込みがすごいです。     ぜひ、ぜひ、お読みください。    笑って 笑って なんでやねん そして もうええわ      もう 最高です。      今日 とある 京都市内の小学校の2年生の3時間目を     をJPIC読書アドバイザーとして受け持ちました。     毎年 このコンクールに参加している学校だそうです。                  7冊のあらかじめ選書されている絵本や児童書を          ブックトークしたり 読み聞かせしたりして          楽しみました。          今度の図工の時間に 絵を描いてくださるそうです。            45分間の授業の組み立ては 自由にしていいので           冒頭 この「 おふろでなんでやねん 」 でスタートしました。           選書されている7冊には 入っていません。           でも、おかげでつかみはOKです。          あとの ブックトークが俄然  やりやすくなりました。           45分の授業は あっという間に 終わりました。            休憩時間になりましたが たくさんの生徒さんが          本を見に来てくれました。          その前に 本のこと なんでも聞いてねと言っておきました。          すると。そのうちの一人の男の子が          こう 聞いてきました。                    「 何歳? 」           私は いくつだと思うと聞き返しました。           すると、なんと、「 43歳 」 というじゃありませんか。           いい子でしょ。           頭なでさせてもらいました。           担任の若い女の先生に 思わず           「 いい子たち。素晴らしい。先生の指導がいいからですね。」            と 調子のっちゃった次第です。                     このブログを今 読まれた方の         「 なんでやねん 」 が聞こえるようです。          さあ、今日の報告書も頑張って仕上げましょう。         そして 明日の準備もいたしましょう。                      

      8
      テーマ:
  • 29 Aug
    • パオちゃんのなつまつり

               なかがわみやこ 作   PHP研究所夏祭りの会場にパオちゃんたちがやってきました。やきそば、やきとうもろこし、風船、ヨーヨーなど、いろいろなものを売っています。パオちゃんは、お母さんにわたがしを買ってもらいました。わたがしを食べていたら、みんなの顔にわたがしがくっついて、白い髭のおじいさんになってしまいました。次に、みんなで金魚すくいに挑戦しました。パオちゃんは一番大きな金魚を狙いました。うまくすくい上げられたと思ったら…金魚すくいの紙がやぶけてしまいました。金魚は地面に落ちて泥だらけ。バケツのお水で金魚をきれいに洗ってあげました。どんどんどん どどんが どん 太鼓の音が聞こえてきました。パオちゃんたちは、みんなで楽しく盆踊りを踊りました。    いいですね、夏祭り。   さて、今日は 教室のお楽しみ会です。               表彰式もして この夏を締めくくりました。    準備に時間がかかりますが、みんなの喜ぶ顔とか    助け合う姿が見れて感動します。      そして、今日でいったん お別れの生徒さんから     手紙もいただきました。                  寂しいけれど 嬉しい気持になりました。       自ら学ぶ力がついて 集中力や粘り強さがあれば       それは立派な卒業ですから。                     

      4
      テーマ:
  • 28 Aug
    • ぼくのおじいちゃん

            カタリーナ・ソブラル 作     松浦弥太郎 訳     アノニマ・スタジオ  「ぼくの おじいちゃんの いちにちは、とっても たのしそう! 」「ぼく」はおじいちゃんが大好き。いつも忙しそうなお隣さんとはちがって、ゆったりしているおじいちゃんの暮らしがあります。ピラティスを習っていたり おしゃれな会話をしたりこれまでの頑張りを余裕に変えての暮らしぶりです。  ゆったり時間を過ごしているおじいちゃんの日常を孫の感じたままに描く絵本。私のようにいそがしく毎日を送る人や、普段絵本を読まない男性にも贈りたくなる絵本。ポルトガル人作家、カタリーナ・ソブラルの描く魅力的な色彩の版画調のイラストと、松浦弥太郎さんのやさしくユーモラスな訳がぴったりです。ポルトガル語の原書をはじめとして現在11言語で翻訳されているそうです。2014年ボローニャ国際児童図書展、国際イラストレーション賞受賞。       憧れますね。 でも、今週の私も超 忙しくて 頑張ります。 そのことに感謝しながら。     

      8
      テーマ:
  • 27 Aug
    • ぴよちゃんのありがとう

           いりやまさとし 作   学研 可愛い主人公のぴよちゃんがいろいろなお友達に助けてもらいます。そのたびに『ありがとう』と素直に言葉を言います。この本を読むと 自分の周りの素直にありがとうが 言いたくなりますね。  ありがとう その言葉を何回も言わせてください。昨日 M-1挑戦の長年の夢をかなえてくれた ほめちゃん。応援に駆けつけてくれた 講師のお仲間、石川さん。今中さん。そして 私の高校の同級生、男女4名。コメントが 私の身内のようでした。ほめちゃんに 「 ありがとう 」 を真っ先に言ってくれたのには感動でした。  もう、うれしくて 嬉しくて。 練習も昨日の舞台も何もかも 楽しくて 舞台の裏でも キッズやプロの方と話せて・・・。 おまけにゆりあんさんと写真を撮ってもらい、お話して 手紙も渡せて ラッキーでした。   会場にはこれなくても 応援していただいた皆さん。  本当にありがとうございました。    きょうから また やるべきことを気持ちを切り替えて   やっていきます。         相方さんのほめちゃんのブログも見てくださいませ。  https://ameblo.jp/tumiki22?frm_id=v.mypage-checklist--profile------tumiki22 

      8
      1
      テーマ:
  • 26 Aug
    • ありがとう ともだち

          内田麟太郎 作   降矢なな 絵   偕成社   きつねとオオカミのコンビ。  二人のやり取りも お互いを思う気持ちも素敵です。    もしかして このシリーズで 一番のお気に入りかもしれません。    珍しく 早朝から記事を書いています。  今日をワクワク 迎えて  ともだちっていいなを痛感する朝です。  遠足の日の小学生のようです。     お友達 お知り合い お仲間には もちろん    ここまでこれた幸運に感謝しています。      お天道様 ありがとうございます。

      9
      テーマ:
  • 25 Aug
    • お笑い一番星

        牧野節子 著  櫻井砂冬美 イラスト  くもん出版   「ほんでおれ、パンツ一丁で校庭に飛びだしたんですワ」「なにしてるんだよー!」「ほんま、アホです。やめさせてもらうワ」「って、それ、ぼくがいうんだっつーの」「もうええわ」お笑い学校に入学し、芸人をめざす小学生4年生のトシオ&トビ太。本当はおとなしかったトシオ 笑いにめざめていきます。ときにはスベったり、コンビ解散の危機もありました。 夢に向かってひた走る男子二人組みの物語。    お笑いが小さいころから 大好きです。  吉本新喜劇や漫才番組、松竹新喜劇をいつも楽しみにみて  近所の人も普通に面白いことを言い合う環境の中で  育ってきました。  人間として 言葉という宝物を神様から授かって それを生活の中に笑いとして取り入れて 明るく 人間関係もスムーズにさせてくれるって最高じゃないですか。   落語、ピン芸、漫才、素晴らしいですよね。  特に 漫才では 相方とのネタ合わせや  息のあったコンビネーションが命ですよね。  飛び道具なしの話芸で勝負です。  それに憧れています。    お笑い芸人を目指す若者を見ていると   頑張ってほしいと心から応援したくなります。   日々 真剣にお笑いに人生をかけている人たちがいます。   キラキラしていて そして 緊張感も伝わってきます。   若い人もそうでない人も 売れている人もそうでない人も   切磋琢磨しているお笑いの世界の方たちに大きな敬意を表します。      私もただの思い出作りにしたいがためでなく   限られた時間とエネルギーを最大限に出し切りたいと   思います。     素敵な相方に巡り合えて    その場に立てるその喜びは 大きいです。    感謝しかないですね。    出ようと言ってくれてからここにいたるまで    早かったです。もう あれよあれよと。    素人名人会にでたかったあのころから    こんな風に 夢はかなうのですね。    どんなことになるのか ワクワクですね。    何をやらかすのかとご心配をおかけしている皆様にも    結果も大事ですが やりきったとお伝えできるようにいたします。       

      11
      2
      テーマ:
  • 24 Aug
    • いちばんのなかよしさん

           エリック・カール 作   アーサー・ビナード 絵   偕成社   いつもいっしょに遊んでいたなかよしの友達が、突然遠くへ行ってしまいました。男の子は寂しくなって、探しにでかけます。川を泳いで渡ったあと、星空の下で眠り、山や草原をこえて、森をとおりぬけ……ついに会えます。 旅の途中の風景が、抽象画のような絵でとてもあざやかで会いたい気持ちを見事に表現しています。男の子と女の子の友情が 素敵でそして 二人は結婚をちかいます。   あとがきにあるお話で 実際 エリックにも  ずっと会いたいお友達がいたことがわかります。 エリックのお母さんがエリックとそのお友達の写真を撮ってくれていて 長年 その子もその写真をもっていただなんて 素敵ですね。    昨日 京都で自主研があったので いきたかった   エリック・カール展に行ってきました。      いいですね。     エリックさんの世界 楽しんできました。    会いたい やりたい それがある幸せ。  できたら その気持ちをかなえたいですね。  思いは大事です。  きっと 叶いますね。         

      5
      テーマ:
  • 23 Aug
    • とりこしふくろう

             滑川まい 作     白泉社   ある雨の降る夜のこと、ひよこの鳴き声がきこえてきました。かぜで とばされてきたのでしょうか?  こまった こまった ふくろうじいちゃんは ひよこにあたたかいのみものをあげて おふろにいれて ガーゼのお布団で 寝かせてあげました。  でも、明日から どうしょう。 早起きは苦手なふくろうじいさん あれこれ とりこしくろうをはじめます。。   ひよこのごはんは よるのうちにつくっておこう  そうじもして ふくは 自分の子どものふくを。  もう、夜中に考えつくかぎり いろいろ がんばりました。   朝になると、ひよこのお母さんが 家族を連れて迎えにきました。  どっさり 用意されていた朝ご飯を みんなで食べました。       MOE創作絵本グランプリ入賞作で この度出版されました。       とりこしくろう わかります。     母もよく そんなことを言ってました。     8月23日は その母の生まれた日です。     生きていてくれたら 87歳ですね。       母が23日 私が12日 娘が9日      暑い時期に生んでもらったことを感謝して 自分も体験して      8月にはご縁が深いようです。        みんな 頑張りました。 💮       そして ありがとうございます。              

      2
      テーマ:
  • 22 Aug
    • はなちゃんのわらいのたね

           akko  文 Arai Ryoji 絵  幻冬舎    ケラケラ、コロコロ、クスクスよく笑うはなちゃん。はなちゃんの笑いで周りにいるみんなも楽しくなって笑ってしまいます。男の子は パパとママがけんかすると  どっちもいやになります。 でも、はなちゃんは 随分前に お母さんが亡くなっていて  パパとママがいるからけんかできるといいます。 かけっこが苦手でも、いじめっ子にいたずらされた時も  男の子は、はなちゃんの笑いにいつも助けられてました。しかし、成長とともに 少し はなちゃんの笑いがわずわらしくなってきます。 でも、再びはなちゃんの笑いの素晴らしさに気づく日がやってきます。はなちゃんはどうしていつも笑っているのか、“わらいのたね”とは・・・・・。   父のお世話になっている施設で同じ利用者 さんで 私がいくと 手を挙げて 笑顔で迎えてくださる方がいます。 食事や 車いすも片手で上手に 食べたり移動されます。 私が父のことを探していると 手であそこだよと教えてくださいます。 あんまり その笑顔が素敵なので 「 笑顔がいいですね。いつもありがとうございます。」と言わせてもらいます。   日曜日には 施設の夏祭りがありました。  いろいろ準備していただき 利用者さんとその家族の笑顔が  たくさんありました。   手作りうちわ 魚釣り ダーツ 1円玉水中落とし おいしい食事  デザート スイカ割 くじ引き大会  楽しませていただきました。                    

      1
      テーマ:
  • 21 Aug
    • わらう

         浜田桂子 作    福音館書店   けんちゃんは にらめっこでお兄ちゃんにまけるので 夜寝る前に 鏡に向かって「あしたはぜったいにわらわないように」 とおまじないをした。 そして、次の日、けんちゃんはお兄ちゃんが どんな変な顔をしてもまったく笑わなかった。 学校に行く途中、みんなに「おなかでも痛いの?」と聞かれた。 ななみちゃんから花をもらったけんちゃんはうれしかったが、 ななみちゃんから「よろこぶと思ったのに」と言われた。 こんな調子で、けんちゃんはうれしいことや楽しいことに、 十分その感情を感じているのに、周囲からは 「楽しくないの?」「元気がないね」「笑っていいんだよ」と言われる。 家に帰ったけんちゃんは鏡に映る自分の顔を見てみたら 悲しそうで、つまらなそうで、怒っているような自分の顔があった。 けんちゃんは自分の顔を見て、こんな表情だからみんなに 自分の気持ちがまったく伝わらなかったのだとわかった。 そこで、けんちゃんは鏡に向かって 「あしたはぜったいにわらえますように」 とおまじないをした。 次の朝、お兄ちゃんとにらめっこをしたけんちゃんは大笑いした。 その様子を見て、ママもパパもお兄ちゃんもみんなが大笑いした。 みんなで笑って、けんちゃんもうれしくなった。   笑うって  とても素敵なことです。   今 その笑いにあらためて チャレンジします。  その世界に 真剣に挑む若者たちと同じ気持ちです。     全力で 笑かしたいです。                

      7
      2
      テーマ:
  • 20 Aug
    • シンデレラが語るシンデレラ

         クゲユウジ 文  柴田ケイコ 絵  高陵社書店 シンデレラが お母さまをなくしてから継母と新しい姉妹が家にきました。 仲良くしたいという気持ちをもって 迎えたあの日から・・・・。  色々な立場にたって、その人が体験することができます。一人称にすること、とても考えやすくなるような感じがします。こういう切り口の絵本が出たんですね。新しい家族とはじめてであったときどう思った?ガラスのくつがぬげたとき、あなたならどう思った、どうしたかな? 『桃太郎が語る桃太郎』がすでにでていて 秋には 「 浦島太郎が語る浦島太郎」が出るそうです。 いろいろなことを考えれる年齢になってから 読むのがいいかもしれません。  まずは シンデレラの世界をじっくり 堪能してからだと すごく 楽しめますね。     

      6
      1
      テーマ:
  • 19 Aug
    • とうだい

          斉藤 倫 文   小池 アミイゴ 絵   福音館書店         みさきに いっぽんの とうだいが たった。 うまれたての とうだいだ。 よるになったら あかりを くる くる うみを ぴか ぴか ひかりは ふねの めじるしになった うみを ながめていると はじめて であうことばかり あれは ぎょせん  ぴちぴち はねる さかなを つかまえては はこんでいく きらきら あれは さかなの むれ ぬるっと おおきい あれは くじら みんな しらない どこかから きて しらない どこかへ いくんだな どこにも行けない灯台は、 世界中を飛び回る渡り鳥に憧れていましたが、 ある嵐の夜、自分の役割に気づきます。 斉藤さんの、 優しく、リズミカルな文章と 画家の小池アミイゴさんの美しい海の絵。 この灯台のモデルは、福島の塩屋埼灯台なのだそうです。 1ページ1ページ、時間ごとに色あいを変える絵が本当にきれいで、 ゆっくりと味わいたくなる絵本です。       塩屋岬のとうだいって 美空ひばりさんの  「塩屋岬」の舞台にもなっていますよね。  あの歌もいいですね。    灯台の役割ってすごいですよね。  渡り鳥のように じっとしていない性分の私は  安心感を与えるどっしりとした  とうだいの存在に憧れます。                   

      3
      テーマ:
  • 18 Aug
    • たのしいいちにち 

             わかやまけん さく     こぐま社  「朝ごはん」から、「おやすみなさい」まで、こぐまちゃんの一日がわかります。  なんて かわいいのでしょう。  赤ちゃん絵本です。 小さいサイズで持ち運びに便利です。 ちっちゃい子のママさんにおすすめです。   作者のわかやまけんさんが 2年前に亡くなられていたそうです。 『 しろくまちゃんのほっとけーき』をはじめとして  たくさんの絵本を残していただいたことに大きな感謝です。    「たのしいいちにち」 にするかどうかは   どう 考えても 自分次第ですね。   今日は 教室です。   みんなを笑顔で迎えたいです。   楽しい一日にしていきましょう。   

      4
      テーマ:
  • 17 Aug
    • おべんとうばこのなかから

            中川ひろたか 文   おかだよしたか 絵   世界文化社     お弁当箱の中から 飛び出してきたのは・・・・。     しりとりになっているので 子どもたちも考えてくれます。         最初はウインナーです。    おかださんなら ここは 納豆で続けるところと予想しますが    中川さんは なす です。     楽しいしりとりで 絵もダイナミックで    こどもたち 喜んでくれること間違いなしです。    歌もついています。     お弁当はいつも 嬉しいテーマです。     昨日は 朝から お寺さんがお参りに来てくださり    夜は こちらから お寺さんに行きました。     朝も 夜もお経を唱えておりました。         さあ、今日は充実の日にしないといけないので     がんばっていってきます。      なんのためか それはまた 追々 お知らせいたします。(^_-)-☆            

      3
      テーマ:

プロフィール

kumachan

性別:
女性
血液型:
A型
お住まいの地域:
奈良県
自己紹介:
いつでも 遊びに来てね。 一週間に十日来てね。

続きを見る >

読者になる

AD

月別

一覧を見る

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。