さよなら木星

テーマ:

本日11/8、木星が蠍座から射手座へ移動します。

今回は蠍座で新月も重なっていたので、とてもパワフル!

数日前からアタマが痛くておかしいな~と思っていたのですが、

昨晩いよいよピークを迎え、頭痛と吐き気で何も手につかず、

寝ようと思っても眠れない…これは新月のせいだな!?と思いました。

ピーク時間を調べてみると夜中の1時頃。

じゃあ1時過ぎるまではムリだな…と思いつつウトウトして、

目が覚めると少し良くなっていました。

時計を見ると1:15。やっぱり…ガーン

蠍座生まれの私ですが、そんな律義に反応しなくていいよ…(笑)

 

私含め蠍座生まれの方にとっては、「12年に1度の幸運期」が終了したワケですが、

そんなに「幸運期」というほどのことはありませんでした。

私は、同じ12年周期の占いで、いわゆる大殺界とか天沖殺とか裏運気とか言われる

時期と重なってしまうため、先が見えなくてモヤモヤする…という印象だったし、

12年前もそんなカンジでした。

星占いの本には、華やかで煌びやかなことばかり書いてありましたが、

本当にそんなに「幸運期」だと感じた方がいらっしゃったら教えてほしいです。

人によるかもしれませんので…

 

ただ、種蒔きの時期であるとは思います。

これから12年間のテーマとなる種を見つけたり、それを植えてみたりする時期で、

だから、先が見えないのは当然かもしれません。

12年前は「レンタルボックス」という形態のお店が出始めた頃で、

「自分の作品を売れる場所があるんだ!」とワクワクしました。

でも、自宅の近くにはまだなく、東京や仙台の店舗に置いてもらいましたが

全く売れず、それこそ先が見えませんでした。

あれから12年経つうちに、レンタルボックスの数も増え、

お客様にも*kuma-neko*として覚えて頂けるようになりました。

 

これから先の12年は…「好きなこと」だけで食べていけるようになりたい!

今はまだ売れない芸人並みで、扶養でなかったら生きていけませんがあせる

本当に、またもや先が見えない…(笑)汗

でも、好きなことに集中するために、外で働かないと決めたので、

何年かかっても、それは達成しないといけないでしょう。

12年後、どうなっているかな!?

 

射手座の木星は、遠く旅をして見聞を広げること、専門知識を学ぶこと

などに幸運があります。

私も来月、修行の旅に…と言っても、一泊だけ(笑)

狙ったワケでなく、流れでこのタイミングとなりました流れ星

旅ギライの家ネコですが、今回は楽しみです音譜

 

今年はナゼだか新作ラッシュ!

おサイフがついていけません~ガーン

 

 

Inner Child(インナーチャイルド:内なる子ども)

過去のトラウマや、インナーチャイルド(幼少期に負った心の傷)を癒す

苦しさを癒し、魂を落ち着かせ、楽にする

※インナーチャイルドは誰でも持っていると言われますが、潜在意識に押し込まれ、本人の記憶にはない場合もあります。

また、虐待や事故などの経験がなくても、親や周囲に言われた何気ない一言がインナーチャイルドを生み出すこともあります。出来事の大きさではなく、自分が「傷ついた」と感じた感覚の大きさによります。

癒されていないインナーチャイルドは、たとえ記憶になくても、自分の行動や思考に様々な制限をかけていることがあります(理由のない不安、思い込みのクセなど)。

 

Synchronicity(シンクロニシティ:共時性)

聖なるシンクロニシティ(共時性:意味のある偶然)を起こす

あらゆる世界(見える世界・見えない世界含め)と「ひとつ」である感覚を呼び起こす

スピリチュアリティの目覚め

 

Winner(勝利者)

人間力を高め、障害を克服し、成功と繁栄への道を引き寄せる

人生で達成したい全てのゴールへ、勝利に導く

 

私は、「Diet」とかの現実的なオイルより、こういった曖昧で

何に効くんだろ~的オイルのほうが神秘的でスキです()

「きっと、見えないところでサポートしてくれるんだろうな~」という、

マジカルで夢っぽい雰囲気が好きなのです。

「現実にハッキリわかる効果がなければ意味がない」という考えもあると

思いますが、それは、お薬とかはそうでないと困りますね()

でも、目に見える現実は、そもそも見えない意識が作り出しているもので、

現実を変えるためには、意識のほうから変えていく必要があります。

目に見えない意識に働きかけるお薬として、目に見えない香りや波動を使うのは、

ある意味で理に適っているのでは…?という気もします。

 

これまでは、年初に新作オイルと限定オイルが発売されるだけだったのですが、

今年は年の途中にも、限定オイルが次々とリリースされています。

本当は、夏前に「Summer Love」というオイルも発表されたのですが、

私には必要ないのでお迎えしませんでした。

今回の3本は「特別カスタム版」ということで、業者さんが作者の方に

特別に依頼して作ってもらったオイルだそうです。

 

いろんなレベルで、大きな節目に来ていることは間違いありません。

誰もが、「自己実現」の方向に向かっていけるように…

幸せで満ち足りた人生であれば、余計なものには惑わされないでしょう。

それは、「貯金があるから安心」「持ち家があるから幸せ」といった類ではありません。

必要最低限の暮らしでも、どんな状況にあっても、

その時々に感謝して満足できる意識を持つこと。

「願いを叶える」という表層的なことだけでなく、意識そのものを高めるために、

全てのマジカルなアイテムは存在しているのだと思います。

 

だから、例えば「これを買えば恋人ができますよ」と言って売るのも違うし、

「買ったのに全然できないじゃん!」と怒るのも違う。

その意識を「恋人がいてもいなくても、今の自分に満足できる」状態にすること、

ひいては「その高い意識でステキな恋人を引き寄せる」ことが、パワーストーンや

マジカルアイテムの役目であり、本来の使い方だと思います。

 

それから、12星座オイルも発売になったので、自分の星座だけ買ってみました。

予想はしていたけど、やはりイイ匂いではない…あせる

第一印象は「宇津救命丸!?」でした()(ご存知でしょうか?今もあるみたいですが…)

おそらく、クローブ(丁子)の香りなんだと思います。

星座オイルの使い方としては、

「他のオイルに自分の星座をブレンドすれば、自分だけの特別なオイルになる」

とのことでしたが、せっかくイイ匂いのところに、救命丸を加えるのはどうかな~?と

思ってしまいます()

 

【お知らせ】ベル

「*kuma-neko*版12星座オイル」もよろしくです!

牡羊座~蟹座  獅子座~蠍座  射手座~魚座  (リンク先は旧ブログです)

ちなみに、コチラの蠍座オイルはローズ系の香りとなっております照れ

 

*kuma-neko*12星座オイルのご購入、または「自分だけのブレンドオイルが欲しい!」という方も、Creema販売ページよりご注文下さい。

本家の12星座オイル、およびその他オイルの単品販売はしておりませんので、ご了承下さいませ。

 

 

栗駒山

昨年、思いつきで月山に登ったところ、山の魅力に気づいてしまい、

今年は栗駒山に登ろうと思っていました…が!

みんなで予定を合わせたのに、またもや台風襲来ガーン

何とか過ぎ去った朝に出発しましたが、お天気は微妙…

 

「自然と触れ合いたい」と思っているのに、

予定を立てるといつも雨に降られるワタクシ…あせる

イヤ、雨だって大事な自然の一部なんですけど、

いつも狙ったようにピンポイントで雨なんですよね…

それでもめげずに出かけて、強引に触れ合ってきた9月のとある日()

登山口に着いたとき、山頂は雲に隠れて見えませんでしたが、

とりあえず登り始めました。

 

一番短い、中央の登山道。石を並べた道が延々と続きます。

不揃いな石がゴロゴロしているので、歩きやすいとは言えず、

距離が短い=急坂なので、結構しんどい…

しかも、景色も足場も変化がなく、休める場所もないため、

ただひたすら登る、修行のような状態が続きます。

(なので、ほぼ写真なし…)

 

森林限界を過ぎると、急に視界が開けて、足元の岩も少なくなり、

花を見る余裕も出てきました照れ

 

 

 

雲が晴れて、山頂が見えてきた!!

急にやる気が出てきて、一気に登りました音譜

 

到着~キラキラ

 

山頂からの景色は、見渡す限りの藪…汗

あの中を歩いて来たんだから、そりゃあ変化もないよなぁ~と納得()

同じ登山口から始まる、東栗駒山を経由するルートのほうが、

眺望は良いそうです。

 

月山は山頂に神社があるのでお参りできますが、普通の山は

着いたら下りるだけ…()

私たちがいたときは、見晴らしが良くて気持ちよかったのですが、

下りている間に雲が出てきて、辺りは真っ白。

駐車場に戻って来たときには、山全体が雲に覆われていました。

 

ちなみに、この日は「大安」「天赦日」「一粒万倍日」の3つの吉日が重なる

珍しい日だったそうです(帰ってから知りました)。

だから晴れさせてくれたのかな?…と思ったりして晴れ

 

夏休みと台風と

夏休み、お盆休み…いかがお過ごしでしょうか?

私は山登りに行こうと思っていて、1ヵ月前から、みんなで合わせて

3連休にしたのに、まるで狙ったかのように台風に直撃され…

3日間見事に雨続きでしたガーン

直前までずっと晴れていたのに、その後も晴れているのに…なんで!?

そんなワケで近場で過ごしましたが、最終日には何とか雨は上がったので、

ちょっと遠出をして花巻に行ってきました。

昨年から見たいと思っていた「宮沢賢治童話村」の期間限定ライトアップキラキラ

それから、その近くにある「丹内山神社」。

七不思議伝説のある、ちょっと変わった神社です流れ星

 

童話村のライトアップは夜なので、明るいうちに丹内山神社にお参りしました。

思ったより大きな神社で、山奥というほど離れているわけでもないのに、

宮司さんも参拝者も、誰もいなくて、不思議な空間でした。

 

ご神体の胎内石

 

 

石の周りを一周してみましたが、どう見ても岩の上に木が生えている…()

木の形も、何やらシンボリックに思えます。

(盛岡にも石割桜がありますし、何らかの意図があるんでしょうかね?)

 

岩の割れ目を、壁面に触れずに通り抜けることができたら、

大願成就のご利益があるそうですが、中に岩が出っ張って狭い個所があり、難しそうでした。

私も小学生並みに小粒の体形ですが、もっと小さな子どもでないとムリそうです。

人間が産まれてくるときも、そのくらい狭い産道を通ってくる…

ということなのかな?と思いました。

 

 

境内には、四つ葉のクローバーがたくさんありました。

すぐに「あっちも!こっちも!」と見つかって、

あるところには固まってあるものなんですよね。

子どもの頃は道端にもたくさんあったけど、大人になってからは

四つ葉を見たことがありませんでした。

虫が減っているのと同じように、四つ葉のクローバーも減ってしまったのかな…と思います。

(クマは見つけることができず、「オレも自分の四つ葉見つけたかった…」と言っていました()

 

南部屋敷でご飯を食べつつ暗くなるのを待ち、いよいよ童話村のライトアップ音譜

とはいえ、こういったものを見たままの美しさで写真に撮るのは難しいんですよね…

一応載せてみますが()

 

 

 

森の中に幻想的な世界が広がっていたのですが、引きで撮ると光量が足りないのか、

全てがボンヤリ…何だかわからない写真に()

なので、発光オブジェに寄った写真のみでございます。

 

“インスタ映え”が流行り、みんな写真を撮ることに夢中で、

目で見て美しさを感じることが、少しおろそかになっている気がしました。

写真は、あくまでも記録で、肉眼で見た感動が一番のお土産だと思います。

 

宮沢賢治の作品は、あまり知らないけれど、

今回、少しだけその一節に触れて、昨今スピ業界で言われているようなことを、

童話という形であの時代に広めようとしていた人だったんだな~と感じました。

 

「本統(本当)のさいわい(幸い)」って、ワンネス(Oneness)だと思います。

人間、動物、植物、鉱物…地球上に存在するすべてものと、

地球も宇宙も、全てがひとつ(統)であること。

言うのは簡単でも、それがどういった感覚なのかは、

本当の意味では私もわかりません。

 

どんな暮らしでも、日常の些細なことに幸せを感じる。

競争したり比べる気持ちを手放し、ムダな感情を持たない。

自分にできること、才能を生かして、誰かのさいわいを創り出す…

身体が弱く、決して裕福でもなかった宮沢賢治が、

生活の中で気づいていった大切なこと。

 

賢治の物語が、生きている間に認められることはほぼなかったけれど、

若くして亡くなっても、ちゃんと魂の目的を果たして還ったのだろうと思います。

亡くなった後に、これだけの影響を残しているのも逆にスゴイ()

賢治といえば、童話作家のイメージが強いかもしれませんが、

農学部の講師として、災害に強い稲の品種改良を行うなど、

農民の生活向上のために、実際的な仕事もしていました。

 

---

台風が過ぎ去った後のこの日も、お天気は不安定で、

あちこちで突然雨が降ったりしていたのですが、運よく外にいる間は降られませんでした。

ただ、渋滞にハマっているときや、帰り道で「洗車か!」と思うほどの雨に遭い、

おかげで車がキレイになりました()

当初予定していた山には行けなかったけど、何だか導かれたような花巻の旅…

これも水星逆行の仕業かな!?口笛

 

 

石と暮らす。

テーマ:

私は、今さら言うまでもなく、とんでもなく石が好きです()

それは、高級なジュエリーでも道端の石ころでも変わりません。

子どもの頃は、砂利でも畑でも海でも、気に入る石を探して拾っていました。

 

写真の石は、大きなものから時計回りに、

オーシャンジャスパー、アクアマリン、ステラビームカルサイト、ハーキマーダイヤモンド。

やっぱり、透明感のある石はうまく写らないですね…

 

「これが好き!これが欲しい!」と思えば、高くても安くても買いますし、

買うときに、「これは何に効く石」なんて考えたことはありません。

パワーストーン店では、「恋愛」「金運」などカテゴライズして売られていますが、

そのほうが、石に興味のないヒトにでも売りやすい(訴求しやすい)からです。

(興味のないヒトにも売らなきゃ成り立たない、商売のツラさ…。私にはムリ)

 

石を買っただけで運命が変わるなら、あらゆる種類の石を持っている私は、

もっとスゴイことになっているはずです()

でも…

傍から見れば平凡でも、毎日「幸せだなぁ~」と思いながら暮らせているのは、

誰にも会わなくても、仲間がいる気がするのは(性格もあるけど…)、

いつも見守ってくれている石たちのおかげかもしれないと思っています。

 

「どの石が何に効く」という考え方ではなく、

石それぞれの特性(性格や得意分野)と思って頂くといいかな~と思います。

石が願いを叶えてくれるのではなく、叶えるのは自分。

でも、石(の意識)が、それぞれの得意分野から、気づきを与えてサポートしてくれます。

何億年という年月を過ごしている石にとっては、人間など赤ん坊のようなもの。

人間が何を思おうと、何をしようと、

「赤ちゃんの成長を微笑ましく見守っている気持ち()

なのだそうです。

赤ちゃんや子どもが失敗して泣いても、ちょっとイタズラをしても、

「あらあら、どうしたの~?大丈夫だからね~」って笑って、

成長中だなぁって感慨深く思いますが、それに近いらしいです()

私がちょっと落ち込んだ時に、石が教えてくれました照れラブラブ

 

石は物質であり、意識(エネルギー)でもあります。

意識が、三次元の世界で目に見える形をとって現れた姿とも言えます(※)。

(それは、人間もそうなのですが…)

石を、単なる「モノ」としてではなく、意識を持ったエネルギー体だと考えれば、

交流することも可能です。

石とお話ができる方(!に、私の石を視てもらったとき、

「『大切にしてくれて嬉しい。いつもコミュニケーションを取っているよ!』と

言っていますが…何か感じる方なのですか?」

と逆に聞かれてしまいました。

イヤイヤ…私は単なる石好きで、一方的に構っているだけで、何も特殊能力はないのです…あせる

視えなくても、聞こえなくても、エネルギーレベルで交流できていれば、

石は、様々な形で気づきやサポートを与えてくれます。

それを感じ取れるアンテナを立てておくこと(意識すること)と、

感じたものを信頼すること…ができればよいのだと思います。

 

気に入った石(アクセサリーの形でもOK)がある方は、

そんなふうに、石と仲良くしてみて下さいね音譜

 

※水に例えると、低いエネルギー状態では氷ですが、熱(エネルギー)を加えてエネルギー状態を高くすると水蒸気になります。目には見えなくなりますが、存在そのものが消滅したわけではありません。

氷の状態では、その場から動くことはできませんが、水蒸気の状態なら空間を移動したり、別の場所に(エネルギー状態を下げて氷となって)現れることもできます。

正しい例えではないかもしれませんが、そういうイメージをすると、不思議に見える現象も、不思議ではないと思えるのではないでしょうか。