選手とスタッフ

テーマ:


4回MGの辻咲愛です。


リーグ戦を終え新チーム体制に入ろうとしている今、これからのチームを担う後半の選手へ伝えたいことを書きたいと思います。


選手の多くの人が、スタッフのモチベーションがどこにあるのかわからないと思います。モチベーション有る無しではなく、何でスタッフに四年間を費やせるのか。

自分が好きなラクロスをして、試合に出て、自分の力でチームを勝利に導く。そのために毎朝練習に励む。そんな選手からしたら、わからないという気持ちもわからなくはありません。

今年のチームが始まった頃、「スタッフは何が楽しくてどこにモチベーションをおいてるのか教えてくれ」と同回の選手によく聞かれました。スタッフの気持ちを理解したいから教えて欲しいとのことでした。

聞かれるたび考えましたが、はっきりと言葉にすることは出来ませんでした。

喜ぶ顔が見たいから。同期やチームが好きだから。皆んながラクロスする姿が好きだから。ウィンターの感動が忘れられないから。

全部本音ではありますが、どれもしっくりきませんでした。

私が1回生の時に入部を決めた理由は、尊敬という気持ちに近かったように思います。

大学という自由で楽な環境の中で、痛い、眠い、しんどい、そういう全部に打ち勝ってひたすら目標に向かうチーム。すごいなぁと思いました。私にはないものがたくさん詰まっているように思いました。この人達の応援がしたい、力になりたい。一員になりたい。

そのような、尊敬のような気持ちでマネージャーを始めました。

それから三年と半年が経ってもその気持ちは変わりませんが、その間にもっともっとたくさんの気持ちが積み重なってきたのだと思います。


スタッフとしての喜び。それはもちろん1番は勝つことですが、それだけではありません。

そこにプラスαでもっと言葉にできない色々な感情があって、それが原動力となって日々私たちも練習に取り組みます。

きっと1人1人が持っています。そのことを知っておいて欲しい。何が楽しいのかよくわからないけどサポートしてくれてる。ではなくて、私達にも選手とおなじように目標、喜び、なりたい姿、挑戦したいこと、たくさん持っています。

同じチームの一員として、同じ目標を持つ者として、一緒に戦っていって欲しいなと思います。
f

でもぶつかる時はたくさんぶつかって下さい。グラウンドでN井君とよく言い合いになりました。その時はこの野郎と思ってましたが、後々思うとスタッフにも指摘や注意をしっかりしてくれる選手がいるということ、ありがたいなと感じました。

同回のスタッフがいない分その辺りがやりにくかったり負担はあると思いますが、これから8人で良いスタッフ作りをもっと進めていってくれると思います。




辻 咲愛
AD

伝えたいこと

テーマ:


リーグ戦を終えて結果は1勝5敗。1部6位で2部との入れ替え戦に勝利し、1部残留。
チームをこんな状況にしてしまって、正直自分が書くことなんて何もないし、何を書いても何言ってんねんて感じかもしれないけどブログを書く機会をもらったので引退して思っていることを書きます。



僕がこの4年間を通じて反省、後悔していること、感じたことは大きく2つあります。


1つは本気になるのが遅かったこと。

こんなことを言ったらいろんな人から反感をかうかもしれないけど、自分自身、3回生の時は自分の成長の遅さとかチームの雰囲気とかいろんなものが積み重なって高いモチベーションでラクロスをすることはできていなかったし、自分達の代になってから本気で関西制覇を目指しても遅くはないと思っていました。

今になるとそれがどれだけ甘い考えだったのかと思います。

他大学、特に1部強豪校は自分が何回生とか関係なく入部した時から日本一とか関西制覇とかトップを目指すのが当たり前で、常にそこを見て練習してると思います。
そんな環境で努力してる人たちと戦うのに最高学年になってから目指しだしたチームが敵うはずがありません。


2つ目は部員一人一人が当事者意識を持って活動できていなかったこと。

自分自身、4回で副将になってから、チームを客観的に見るようになりました。前回のブログでも書いたように、

先輩任せ、人任せにせず、一人一人が主体的に行動すること。チーム全体が当事者意識を持つこと。

それが関大に必要なことだと感じていました。
結局これができていなかったことが今年の結果にあらわれているんじゃないかと思います。

部員一人一人が当事者意識を持って目標に向けて自分なりにできるチーム貢献をする。

そうすればチームにとってはもちろんプラスになります。また、1つ目に書いたことにも繋がると思うけど、個人としても時間を無駄にしなくて済むし下級生のうちからでもチームの目標達成に向けて行動して、それが結果的に本気でトップを目指すことになるんじゃないかなと思います。
すごく難しいと思うけど、4回生はどうやってその環境、雰囲気をつくっていくのかを考えていくべきだと僕は思います。


最後に、OBGの皆様、コーチの方々、本年度は応援して頂き、支えて頂いてありがとうございました。これからもよろしくお願いします。



中井 俊介
AD

感謝。

テーマ:
新チーム発足時に偉そうなブログを書いた。

結果は…
昨年から順位を落としての入れ替え戦へ。

言い訳はできない。
これが自分の、そしてチームの「弱さ」だ。


そして迎える入れ替え戦。
周囲からのプレッシャーや怖さがあるだろう。しかし、そんなものは関係ない。
最後まで自分たちのラクロスをしよう。

最後に勝って終わることのできるチームなんてほとんどない。
その勝つ喜び、勝利の瞬間の為に今日は戦おう。

リーグ期間を通じて著しく成長してくれた2回生、3回生。いつもグラウンドメイクや応援をしてくれている1回生。全力でサポートしてくれるMG、TRのスタッフ。時には厳しいお声をかけてくださるOB、OGの皆様。同じ目線で物事を考えてくださるHC、AC、監督。

こんな4回生だけど、
最後の1試合力を貸してください。

4回生は、感謝の気持ちを忘れずに絶対に勝とう!


2017年度 ATリーダー
#11 大津加祐輝
AD