楽しむの果てに

テーマ:
こんにちは。
新4回生MFの河合良太です。

前回、新歓のブログも書かしていただきました。そこからのスパンは短いですが、今回は、「個人とチーム」でブログを書かせていただきます。

岡本が良い文章を書いてくれたので、
私は、自分らしい文章を書かしていただこうと思います。
読んでる最中に吐き気や体調不良を訴える方
がいらっしゃるかもしれません。
どうかご了承ください。

では、始めます。



私は、楽しい事が大好きです。


えっ、普通でしょって思った方。
いや、違います。私は、楽しい事の為には、寝る間も惜しんで活動するタイプの人間でした。


三回生まで私は、ラクロスを含めて楽しい事、やりたい事を無茶苦茶に入れて分刻みの行動をしていました。
睡眠時間は、毎日平均3時間くらいだったと思います。

そんな私ですが、ある事をきっかけにラクロスに対しての考え方が変わりました。

それは、集客試合の阪大戦です。
初めて、スタメンに選ばれ、感じた事のない緊張感の中で試合を行いました。
運良く、点も決める事もできました。

しかし、結果は試合終了間際の逆転負け、
頭が真っ白になったのを覚えています。

始めてラクロスで泣きました。

いつも自分が活躍する事しか考えていなかった自分が、始めてチームの敗北で悔しくなりました。

そして、4回生になりました。

幹部にはなりませんでしたが、責任がより重くなりました。

そして、何度も回生ミーティングが行われました。

あの雰囲気はもう二度と味わいたくないほど、詰めました。

みきとを中心にチームが変わっていく為に色々取り組みが行われました。

しかし、それでもプレリーグは点差以上に圧倒的に負けました。

何が原因なのか、、
技術、メンタル、、?
正直、正解はわかりませんでした。

強いチームは、勝ち方を知っている。
負けてる時も立て直しが早い。
3年間ラクロスをしてそう感じました。

そして、今チームは練習試合にも勝ち始め、
少しずつ流れがきています。

offense、defense共にコミュニケーションも取れてきれており、チーム内の雰囲気も良くなってきていると感じます。



個人としても、こんな自分を信じてくれる人の為にも、結果で応えたいと思っています。






さあ、

関関戦は、目の前、
まずは、最高の環境、最強の相手との対戦を楽しもう。

そして、
勝ちきろう。
最高の瞬間の為に、

end


まとまりのない文章となってしまいましたが、読んでいただきありがとうございました。

次は、ITリーダーでブログを支配している
柏樹君です。
どうぞご期待ください。