強豪校に学べ

テーマ:

関西完全制覇という目標を掲げたとき、具体的に何をすれば達成できるのか見当がつかなかった。

シーズンが終わって結果が出た今でもどうすれば達成出来ていたのか、答えを見つけることはできなかった。

おそらく自分以外の4回生もこれをやれば関西完全制覇ができるよと答えられないだろうし、OBに聞いても明確な答えは出ないと思う。

過去の関大の歴史に詳しくはないが、1部で優勝した経験はないのではないか。
そんな関大が来年度以降リーグ戦をどう戦い、いかにしてファイナル4の舞台に立ち、関西で1位を獲るのか。

自分たちがそうだったように、残された後輩たちはその問題に嫌という程悩むことだろう。

結果がでなければ満足する引退はできない。
結果を出す過程をどのように踏めばいいのか教えられないのが歯がゆくて仕方がないが、私から言いたいのは、優勝することのできるチームと関大は何が違うのか本気で考えてみてほしい。

今年度のリーグ戦を振り返ってみると、優勝した阪大は試合での勝ち方を知っているように思えた。試合運びに余裕があったし、自分たちの立てた作戦を最後まで貫き通していた。

ウチだってスカウティングをして攻め方も決めて試合に挑んでいたはず。

何が違うのか。

それぞれで考えてみてほしいと思うが、1つは試合を決めることができる選手がきっちりと仕事を果たしチームを勝利に導いている。
その選手はおそらく自分が決めるという強い気持ちとそれに伴う実力がつくほどの練習をこなしている。

最後は個人の力で勝つしかないと言いたいのではない。
むしろ全員が試合を決めてやるという気持ちで戦ってほしい。全員がその試合のスターになるつもりで練習して欲しいし、強い精神力を鍛えてほしい。



今の自分の夢は強い関大を見に行くこと。リーグ戦を難なく終え、ファイナル4の常連校として常に関西のトップをかけて戦っているようなチーム。そんな時代を夢見ている。
OBとしてできる限りの支援をするつもりでいるが戦うのは後輩たち。

君たちならやれる。
そう信じている。
ひたむきにラクロスと向き合ってほしい。


あえて一回生のウィンターを抜きにして書いた。
この文章をみて今の一回生は何を思うか。
リーグ戦のことは来年から考えればいいのではない。
スターになる選手は一回生の頃からスターだし、常に先を見据えている。
現状がどうとか、周囲の評判とか一切関係ない。
試合に対してできる限りの準備をして最高のパフォーマンスをしてほしい。
そして最後は気持ち。
どれだけ勝ちたいと思うかにかかっていると思う。
ウィンター優勝の喜びは一回生にしか経験できない。
同期のみんなのために、そして守のために死ぬ気で戦ってほしい。

心から応援している。





ブログを書けばいつも長文になってしまって申し訳ないです。
4回生主務 #88 上垣達也です。
引退を間近に迎え、最後に伝えたいことを書いたつもりです。

どれだけ伝えられてるか全くわかりませんが少しでも考えるきっかけにしてくれたらありがたいです。

今年度、組織の向上を常に考えて、自分が組織にとって大切だと思うことに取り組んでみたつもりですが、やはり結果が欲しかった。
その気持ちはいつまでたっても消えません。
残された後輩たちにはこんな思いをして欲しくない。

楽しくて始めたラクロスが最後の最後まで楽しかったと胸を張って言える、そんなチーム作りができることを期待して、見守っています。



最後に、ラクロスを通じて自分に関わってくれた全ての皆様、本当にありがとうございました。
大学生活の中で一生の財産となる思い出がたくさんできたのは皆様のおかげです。
今後もお付き合いよろしくお願いします。



最後まで読んでいただきありがとうございました。





AD