全員で考える

テーマ:
お疲れ様です。

今年度、DFリーダーを務めさせて頂きます#1谷内優祐です。

昨年度、先輩方が引退されてから正直、不安しかありませんでした。あんなに頼もしかった先輩方がいてもリーグ戦は1部6位という結果に終わり、今年度どのようにすれば良いのか全くビジョンが見えないスタートを迎えました。

そこで、正しいことは分かりませんが模索しながら、なにか変えないといけないと思い、チーム全体で色々変えてきています。そうすることで変化が起きていると僕自身、感じています。

一緒になって考えてきた仲間と勝ちたいです。一戦ずつの勝利を全員で噛み締めたいです。全員で勝ちましょう。

忘れかけていたのですが、そろそろDFの話をします。

今年のDFに選抜に選ばれるようなスター選手はいません。それでもリーグ戦では他大のスター選手を相手にゴールを守らないといけません。

そのためには、考え続けるしかないと思います。どうすればゴールを守ることができるか考えて細かい場面までを突き詰め続けるしかありません。

今年はDF全体で考え続けたいと思います。

お互いに思ったことを必ずぶつけあうことで一つの問題について全体で考えることができるのが、この回生の良いところだと僕は思います。

全員の考えを統一しておくことで、当たり前のことなのですが、6人全員で試合終了まで守り続けるDFを作りたいと考えます。

派手なプレーで観客を沸かすことができるようなDFではないかもしれませんが、応援のほどよろしくお願いします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


#1 谷内優祐
AD

チームの支柱に

テーマ:

お疲れ様です。

今年度Gリーダーを務めさせて頂きます、
新4回#6岡 優大です。

まず初めにOBの皆様、昨年は多大なるご指導、ご声援ありがとうございました。
今年も皆様の期待に添えるよう精進して参りますので、応援の程よろしくお願い致します。


ここからは、Gリーダーとしての今年の意気込みを書かせて頂こうと思います。


「強いチームには強いゴーリーがいる」

ラクロス界ではよく言われることですが、本当にその通りだと思います。

昨年のリーグ戦、自チームの試合も他チームの試合も、勝利した側のチームのゴーリーは必ずといっていい程スーパーセーブを連発しています。

ゴーリーの調子はその日の試合の勝敗を分けるといっても過言ではありません。

それだけゴーリーというポジションには責任があり、逆にそれこそがこのポジションのやりがいなのだと考えています。



昨年は勝利に貢献出来ず、不甲斐ない結果に終わってしまいました。

今年こそは関西制覇を成し遂げるためにも、ゴーリーから試合の流れを作り、「ゴーリーのおかげで勝てた」と言ってもらえるようなゴーリー陣を作っていきます。


拙い文章ですが、最後まで読んで頂きありがとうございました。

#6 岡 優大
AD

負けるもんか

テーマ:
お疲れ様です。新三回生の吉岡大輔です。

今回は今年の抱負ということで自分なりに書かせてもらいます。


今年は自分として最後の年のつもりで臨むつもりです。みきとさんのこのチームで勝ちたいです。ファイナルに行きたいです。関大は弱いと思われてるかもしれません。でもそんなの関係ないです。リーグ戦で勝てばいいです。試合が終わった時に相手より1点多くとっていればいい話です。そう僕は思います。

今、春チームでチームを仕切らせてもらっている中で正直難しさ、大変さを感じています。でもこの一年で二、三回生が成長してくれると信じています。

個人としては最近は自分の下手さを実感しています。もしかしたら今年は下手と言われるかもしれません。でも何を言われようが僕にはなにも関係ないと思います。他のAT陣とともに点をとりまくりたいです。どんな形でもいいです。泥臭く点をとりにいきます。でも、チームの勝利が最優先です。チームが勝つこと。それが一番です。

勝ちましょう。必ず。個人的な意見かもしれませんが、4回生にわかってもらいたいことは3回生は今年にかなりかけているやつが多いと思います。もしかしたら違うかもしれませんが…なので本気になって相手にぶつかりましょう。今年は派手な勝ち方は出来ないかもしれません。でも、負けないチームを作りましょう。

今年も温かい目で関大ラクロスを応援していただけると幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

昨日までの関大を超えろ。
負けるもんか。
#7吉岡大輔

AD