2017kulaxラストスパート

テーマ:
関西大学ラクロス同好会男子部4回生 西村拓人です。


先日、ウィンターの予選が始まりました。
1回生の試合を見ていると、自分たちが1回生だった頃を思い出します。6on6の練習なのに、パスキャミスばかりで全然練習にならない。下手すぎて練習の前に1回生全員で練習してました。練習試合でも負けてばかり。正直、ウィンター前は試合に勝てるビジョンが全く見えませんでした。


そんな自分たちでしたが、結果は関大ラクロス史上初のウィンター優勝。


自分たちより実力のあるチームが数多くある中で、なぜ優勝できたのか。

今振り返ってみると、パッションだけはどのチームにも負けていなかった、そう感じます。勝ちたいという気持ちがどのチームよりも強かった。だから優勝できた。

今の1回生に一番足りていない部分はまさにこの気持ちの部分だと思います。



1回生、もっと感情を表に出して、もっと熱く、もっと激しくプレーして欲しい。
今年1年間の関大ラクロスとしての最後の目標。チーム一丸となって優勝狙いに行く。

だから1回生、そろそろ本気出して。


おわります。

(写真:右端)

AD

引退して、、、

テーマ:
4回生橋本です。

今回は引退し、この4年間を振り返って感じたことを簡単に書かさしてもらいます。

気付けば最終学年。とても遅いですがリーグ戦が始まり特にそれを実感しました。そして、試合を進めていくと、結果的に自分たちの目標とは程遠いものとなってしまいました。悔いがとても残っています。

完璧というものは難しいと思います。しかし、自分で何が足りてないか、ということを考えそれに向き合う時間がまだまだ足りなかったと強く思いました。
後輩たちには、分かっていることかも知れませんが時間は有限であることを再認識しながら、自分のなりたい姿なるべき姿というのを想像し取り組んでいってもらいたいと思います。
来年、後悔のないよう自信を持って臨めるよう頑張ってください。
試合、練習に来てくださった方々、SNSなどで応援してくださっていた方々ありがとうございました。
来年、良いチームで頑張ってくれると思いますのでこれからも応援よろしくお願いします。
AD

選手とスタッフ

テーマ:


4回MGの辻咲愛です。


リーグ戦を終え新チーム体制に入ろうとしている今、これからのチームを担う後半の選手へ伝えたいことを書きたいと思います。


選手の多くの人が、スタッフのモチベーションがどこにあるのかわからないと思います。モチベーション有る無しではなく、何でスタッフに四年間を費やせるのか。

自分が好きなラクロスをして、試合に出て、自分の力でチームを勝利に導く。そのために毎朝練習に励む。そんな選手からしたら、わからないという気持ちもわからなくはありません。

今年のチームが始まった頃、「スタッフは何が楽しくてどこにモチベーションをおいてるのか教えてくれ」と同回の選手によく聞かれました。スタッフの気持ちを理解したいから教えて欲しいとのことでした。

聞かれるたび考えましたが、はっきりと言葉にすることは出来ませんでした。

喜ぶ顔が見たいから。同期やチームが好きだから。皆んながラクロスする姿が好きだから。ウィンターの感動が忘れられないから。

全部本音ではありますが、どれもしっくりきませんでした。

私が1回生の時に入部を決めた理由は、尊敬という気持ちに近かったように思います。

大学という自由で楽な環境の中で、痛い、眠い、しんどい、そういう全部に打ち勝ってひたすら目標に向かうチーム。すごいなぁと思いました。私にはないものがたくさん詰まっているように思いました。この人達の応援がしたい、力になりたい。一員になりたい。

そのような、尊敬のような気持ちでマネージャーを始めました。

それから三年と半年が経ってもその気持ちは変わりませんが、その間にもっともっとたくさんの気持ちが積み重なってきたのだと思います。


スタッフとしての喜び。それはもちろん1番は勝つことですが、それだけではありません。

そこにプラスαでもっと言葉にできない色々な感情があって、それが原動力となって日々私たちも練習に取り組みます。

きっと1人1人が持っています。そのことを知っておいて欲しい。何が楽しいのかよくわからないけどサポートしてくれてる。ではなくて、私達にも選手とおなじように目標、喜び、なりたい姿、挑戦したいこと、たくさん持っています。

同じチームの一員として、同じ目標を持つ者として、一緒に戦っていって欲しいなと思います。
f

でもぶつかる時はたくさんぶつかって下さい。グラウンドでN井君とよく言い合いになりました。その時はこの野郎と思ってましたが、後々思うとスタッフにも指摘や注意をしっかりしてくれる選手がいるということ、ありがたいなと感じました。

同回のスタッフがいない分その辺りがやりにくかったり負担はあると思いますが、これから8人で良いスタッフ作りをもっと進めていってくれると思います。




辻 咲愛
AD