私が整理収納アドバイザーになったワケ その1 | ごきげんな気分になる暮らし~青森で整理収納~

ごきげんな気分になる暮らし~青森で整理収納~

キレイに片づいた家がゴールではなく
自分と家族が笑顔で生活をするための手段として
片づいた家づくりを目指しています。

青森・整理収納アドバイザー

加藤ゆかです。




今週は

出会いや打ち合わせで

たくさんの学びや気づきがあり

更に今日は勇気とパワーをもらい

霧が晴れた気分なので

この勢いで

2ヶ月前から下書きが完成しながらも

ビビってポチッと出来なかった

私の本音を書いた記事をアップします。




私が整理収納アドバイザーになったワケ




私が整理収納という片づけに出会ったのは

とあるブログ。




「へえ~こんな片づけ方があるんだ。」

見よう見まねで

寝室のクローゼットを片づけたら

実は要らないものだらけだったと気づき

ほとんどのモノを手離しました。




狭いと思っていた部屋は広くなるし

何だか楽しくなって

次はリビング、キッチンと

家中を片づけ始めたんです。




散らかってもすぐ片づくようになったし

探し物は減るし

時間には余裕ができるし

どこに何があるのか把握できるように

なったので無駄な買い物が減ったり

いいことづくめでビックリ!




そして何よりビックリだったのが

気持ちが軽くなり

考え方が前向きに変わってきたこと。

ごきげんでいられる時間が増えたんです。




その時 

私は子育ての悩みをかかえていました。




表向きは笑顔でいましたが

心の中は焦りと不安でいっぱい。




子どもが同じことをしても

きげんがよかったら

「まあ、いいか」と、思えることも

気持ちに余裕がなかったり

きげんが悪いときは

イラッとして叱ってしまったという

体験はありませんか?




まさにこの頃は

心に余裕がないぶん

「支度が遅い」「忘れ物をする」…

思うように1日が進まない全てに

イライラしていました。




子どもには伸び伸び育ってほしい。

失敗も経験して成長してほしい。

そう願っていながらも

「あれはダメ」「こうしなさい」と

ガミガミ言ってしまう自分に

母親としての自信も失っていました。




「子育ての悩み」と「片づけ」




全く別物だと思っていた2つですが

家が整うごとに

子どもたちに対して

イライラしなくなってきたんです。




片づけって見た目は 

モノと向き合うことですが

実は自分と向き合うことだったんです。




まだ訪れてもいないこれからを不安に思い

今は使わなくても

いずれ使うかもしれないし

無いと困るかも…と、

とっておいているモノ。

そして過去の良い時代を思い出せるモノ。

ひとつひとつ仕分けていくことで

こんなことに執着してたんだ~

あ~私ホントはこれが心地いいんだ~




「今」の自分が何を必要としているか

何を不要としているか

感じられるようになります。




すると今、使わないモノたちに

部屋も心も支配され

イライラしたり狭い思いをしていることに

「あれ?何かおかしくない?

今の自分、居心地よくないよね?

今の自分、粗末になっているよね?」と

気がついちゃいました。




そして

1冊につき何品作った定かではない

(おそらく多くて2~3品(^^;)

ずらーと並んだ料理本。

昔、凝っていて揃えたけど

今は出番のほとんどない

ケーキ作りの道具たち。

➡料理上手で家族のために

一生懸命作っているって

周りに思われたかったんだな~




クローゼットにたくさんの服。

もう着ないのもあるけど

婦人服の仕事をしているから(当時)

しかたないのよ~

➡おしゃれって思われたかったんだな~




たくさんの「子どもが良い子」になる系の本

➡これが今は一番無駄だと笑っちゃうけど

当時は私が何とかしなくては!と

必死だったよね~




もっとあるけどキリがないからこの辺で💦




「今」の自分を感じられるようになると

人にどう見られたいかより

自分がどうしたいかに

変わってきて…


 
そうやって

自分を客観的に見ることが

できるようになって分かったことは

私の子育ては

今、子どもが何をしたいか、ではなく

何をさせたいか、ばかりを考えていたと

いうこと。




そしていいお母さんと

周りに思われたかったんだという気持ち。




そのために

「~すべき」「~でなければ」の思いが強く

本来の自分とは違う方向に

頑張っていたんだね、私。

(そりゃ~疲れてイライラするよ…)




もう他人軸と

未来の不安丸出しの

自分の姿でした。




続く…





アジサイも秋色

鮮やかな色もいいが

シックに変身した姿もいいd(^-^)




お片づけサービスの詳しい内容はこちら

 Facebookの

 コメント・メッセージからも

 申し込みできます。

 気軽にお問い合わせ下さい。