『ノーサイド』のキモチ | くじらいいく子 オフィシャルブログ 「クジラのキモチ」 Powered by Ameba
2013-11-12

『ノーサイド』のキモチ

テーマ:ラグビー

12月1日国立競技場で行われる早明戦で


ユーミンがあの名曲「ノーサイド」を歌うことを小耳に挟んで、


すっかり試合前のことだと思い込んでいました。





でも良く考えてみたら『ノーサイド』だったワ。





試合後に決まってますね。





この曲、ユーミンが観た試合を歌にしたと聞いたけど、


歌詞の中に「リーグ戦」と出てくる。





あれ?


ユーミンが観たのは対抗戦試合?



でも歌の中ではリーグ戦になっている・・・・・なんて、

あ~でもない、こ~でもないと、

当時そのことが『対抗戦』か『リーグ戦』の試合かと

ラグビー好きの間で、チロっと話題になったのでした。







いい曲を作ると何年も人の心の中に生きることが出来る。





実感させてもらえます。





「亀の恩返し」で有名な「カメダセイジ」さんが


なぜユーミンやタツロウの曲は何年経っても古くならないのかの


疑問に答えてくれていました。





それは「流行りのコードを使わないから」だそうです。





おもいっきり時代を生きようとすると、


その時自分が影響されていることに大きく左右される。





でもこの時代に乗っからない創り方にはきっとゆるぎない


凛としたなにかがあるのでしょうね。





その”なにか”を手に入れるために創り手は今日も必死に


あがくわけです。








わたしはとっても毎日、あがいております。





それも楽しいと思えるようになって来ましたかたつむり








まあ、そんなことはどうでもよいですね~(汗)。





ラグビー場でユーミンの「ノーサイド」を生歌で聞くことが出来るなんて、


シアワセですね!
















・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






■おはようございます( ^ω^ )


あはっ( ^ω^ )

楽しみです♪

編集者の方は

お元気になられたのでしょうか。。