Mon, November 20, 2017

アメリカで重度認知症 義母 在宅介護

テーマ:雑記
アメリカ人の認知症の義母の在宅介護をして 数ヶ月経過です。
正直、本当に介護している私と旦那の精神がかなりいかれてきてます。
義兄とお嫁さん(医者)が複雑事情により面倒を見れなく、私たち夫婦が100%ケアしてました。

日々24時間一緒にいると、進行状態がイマイチわからないというか 慣れてしまうというか、麻痺するというか、、、、

先日ようやく 義兄、お嫁さんが我が家に来て、変わり果てた別人の義母を見て すぐに色々と手を打ってくれることに。

医者でもある義姉が認知症テストなどいろいろ再確認し、

「最悪レベル。二人で面倒を見ていたのが信じられないレベル。お互いにとって安全じゃない。」

我が家に滞在が始まった当時の義母は 調子のいい時は会話が通じるレベルだったけれど、

現在は 記憶力ゼロ、指示の意味がわからないので 従わない。
旦那(息子)を自分の弟と呼び、しかも義兄の名前で呼ぶ。
私の事をだれかわからなく、名前覚えてない。「あの女の人」と答えるだけ。
失禁 失便があるのに 紙パンツを拒み、朝晩洗濯。(洋服は捨てざるえないことも)
下着を暴言(もちろん英語)言いながら私に投げつける。
使用済みのフォークなどしらないうちに引き出しに戻してた(ショックすぎ!)
目のつくところ、手の届く所に食べ物を置くと食べられる。(旦那の弁当などワザワザ開けられて、、)
調理中 食べ物に反応するので、鍋の生の肉魚に手を出し、まな板で切ってる最中の野菜も勝手に食べる。
キッチンでは、触れそうなぐらい至近距離で立ってじっと見つめて、意味不明の話を聞かされ、同じ質問を一日中される。
十五人の人が家に入ってきたとか三人の男の子が裏庭から入ってきたなどの幻視 妄想、、?

毎日 アナログで、義母観察日記を書いて、食事内容など書いてましたが、途中から 私の心情爆発記録になってました。

あまりにもひどい現状なので急展開がある予定。
弁護士さん、専門家に頼っているところです。

認知症患者 重度の場合、とくに、メモリーケアという施設に行く選択肢があります。一ヶ月80万かかるので、高齢者保険に低所得者用保険を追加して 少しでも費用をなんとかしないとなりません。当然、こちらにも負担がきます。

ちょっと色々あり過ぎて書ききれません。
時間が出来たら、もう少し記録したいと思ってます。

ということで 今年は、サンクスギビングどころではなくなってしまいます。

日本だったら もっといろんな行政サポートなど利用できたんだろうな、、
ショートステイ、デイケアなしで 100%休み無しでの介護。うーん。辛すぎ。
まさかここまで短期で。(短期ではない、、)

当ブログの主旨とはかけ離れますね。
お許しを。
{5EDE3718-9047-45DA-8EDB-3390FE7A326A}

{6B7032EB-9FFD-41B2-B0D8-6FC39DD3CE6C}

{57FD248B-33A3-4F24-ACD4-E251FEFDD06D}



『遠い目の食いしん坊』kuishinbouUSさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。