美肌ダイニング 自家製ツナ(まぐろのコンフィ) | くいしんぼうの美肌ダイニング 美肌と健康のための おいしい レシピ
新型コロナウイルスに関する情報について

こんばんは

あんざいけいこです

東京都小平市の一橋学園で個人レッスンのお料理教室
「ほっこりダイニング」を主催しています。

今日は「自家製ツナ」をご紹介します。

塩漬けにした肉や魚を低温の油で煮る調理法をコンフィといいます。

果物や野菜を保存加工したものにもコンフィと呼ぶものがあります。

ツナもコンフィの一種です。

温度管理に少し注意が必要ですが、

難しい工程はありません。

缶詰とは違うおいしさを、是非お試しください。

まぐろは血合いでなければ何でも結構です。

今回はびん長まぐろを使いました。


自家製ツナ(まぐろのコンフィ)

材料

まぐろ       250g
塩         5g(まぐろの重量の2%)
ローリエ      2枚
粒こしょう     10粒
オリーブオイル  200cc
(サラダオイルでも可、または半々も可)
作り方
 まぐろに塩をすりこみ、冷蔵庫でひと晩ねかせる

 まぐろの水分をふき取り、その他の材料とともに鍋に入れ火にかける

※できるだけ小さい鍋に重ならないように並べる

まぐろにオイルがかぶるようにする(足りなければオイルをたす)

 ごく弱火で60度~70度に保ち25分~35分煮る


まぐろの厚みや大きさで変わるが、(焼き魚用の薄いものなら15分程度で煮える)

真ん中をお箸などで押してみて弾力が感じられたら煮えている

※調理用温度計が無い場合の目安

まぐろの周りから細かい泡がゆっくり上がってくる状態が70度くらい


 オイルに漬けたまま冷蔵庫にひと晩おく

※オリーブオイルで作った場合、冷蔵庫で固まったようになるが、常温で戻る

 あらくほぐしてから、オイルをからめて食べる


※オイルはドレッシングなどに利用するとおいいしい



まぐろには、脳細胞を活性化させるDHA(ドコサヘキサエン酸)をはじめ、豊富な栄養があります。

ビタミンDは骨粗鬆症予防に効果があります。

さらにリンと微量ですがカルシウムも含みます。

リンはカルシウムと結合してリン酸カルシウムになります。

これは骨の主成分です。骨の健康にはまぐろがとても有効だということですね。

カルシウム豊富な乳製品などと一緒に食べるとさらに良いですね


また、若返りのビタミンとも言われるビタミンEも豊富です。

さらに、とても多く含まれるセレンは、ビタミンEと一緒にとると強い抗酸化力を発揮します。


アンチエイジングですね~


疲労回復に効果のあるビタミンB群も多く、

その中でもビタミンB6はたんぱく質を分解して、皮膚や爪、髪の毛を作ります。

免疫力を上げる効果もある上、

ナイアシンやビオチンとともにお肌を健康に保ち、抜け毛や白髪を予防します。(まぐろは、ナイアシン・ビオチンともに豊富に含みます)

そのほかのミネラル分も多く含み、

代謝を助け、肥満や高血圧、むくみに効果があります。

まぐろバンザイ


おまけ