本日もご覧いただき、

ありがとうございますキラキラ

Fossil | フォッシルの腕時計通販店舗【Fossilスタイル】

店主の川原です。
まだまだ、
寒い季節ですが、
平昌オリンピックの熱戦は、
ワクワクしますねルンルン
FOSSIL フォッシル時計を探していると、
いろんな素材のベルトがあって
悩み・わからなかったりしますよねキラキラ
素材によって、
特徴や魅力が違ってきます!!
 
そこで今回、

FOSSIL フォッシルの

ベルト素材について

紹介させていただきます音譜

 
ベルト素材の種類
レザー(皮革)
カーフ(牛革)
生後6ヶ月以内の子牛の革
柔軟で、
キメが細かく柔らかく、薄い素材
リーズナブルな価格から高級時計まで、
幅広い腕時計で採用されていますルンルン
合成皮革
ビニルレザー(擬革)を改良、発展させた素材
表面層のみを天然の革に似させて作られているキラキラ
織布、編布、不織布などを基布とし、
基布上に
塩化ビニル(PVC)、ナイロンスポンジ(PA)、ポリウレタン(PU)など
多孔性の合成樹脂を塗布したあと、
さらに仕上げ層として
変性ナイロン、ポリウレタン、ポリアクリル樹脂などを塗布して
ひな(雛)型紙を使用したり、
エンボス加工で皮革に似た外観を与えた素材キラキラ
 
人工皮革
表面だけでなく内部構造も
天然皮革に似せて製造された素材キラキラ
極細繊維(ナイロン、ポリエステル、レーヨンなどのマイクロファイバー)の立体構造を持つベース(通常は不織布)に
合成樹脂を含浸させたものを
そのまま使うか、
それをベースとし、
さらに合成樹脂を塗布し
銀面模様を付けて
微細な連続気泡のある構造のタイプがある!
合成皮革も、人口皮革も
フェイクレザーと呼ばれる!!
見かけの比重が小さく軽量であるが、
強度や透湿性は、天然素材に劣る!!
 
クロコダイル
腕時計の革ベルトの中では
最高品質として位置づけされています
使用する部位によって、
スクエア型から丸みを帯びた柄など
独特なウロコ模様が人気キラキラ
金属
ステンレス
炭素を 1.2 % 以下、クロムを 10.5 % 以上含み、
耐食性を向上させた合金鋼
加工しやすく、頑丈、リーズナブルで
定番素材キラキラ
セラミック
もとは陶磁器を、
最近は耐火物・ガラス・セメントなどを含む
非金属や無機材料で製造過程において
高温処理を受けたものキラキラ
硬度が極めて高い為、傷つきにくいが
強い衝撃で割れる可能性がある!
チタン
原子番号22の元素!
元素記号は Ti!
第4族元素(チタン族元素)の一つで、
金属光沢を持つ遷移元素キラキラ
ステンレススチールよりも
約6割という軽量で、
サビに強く、
ダイバーズウォッチなどによく採用される
金属アレルギーを起こさない性質
人気の秘密ルンルン
カーボン
アクリル繊維
または
ピッチ(石油、石炭、コールタールなどの副生成物)を
原料に高温で炭化して作った繊維キラキラ
鉄の約10倍の強度、約1/4の重さ!
コストも高く、加工も難しい!!
ラバー
弾力性と撥水性に優れていて
ダイバーズウォッチに重宝され、
カジュアルウォッチによく使われていますキラキラ
 
天然ラバー
ゴムノキの樹液に含まれる
ポリイソプレン (C5H8)を主成分とする物質であり、生体内での付加重合で生成した素材
合成ラバー
天然ゴムと類似した
物理的性質と化学的性質を持った
合成高分子化合物キラキラ
耐油・耐熱・耐候性などが
天然ゴムより優れていますキラキラ
キャンパス(リボン)(NATO)
グログラン(グログレーンともいう)
きめが粗い
という意味のフランス語から由来する
横うねが太くてはっきり見える平織物の種類の一つ!
横うねの生地のなかでは風合いが最も硬いキラキラ
ミリタリーウォッチなどと相性抜群腕時計
 
時計選びの参考にラブラブ
 
些細なことでも、雑談でも歓迎です。

お気に入りの1本を見つけるために

全力でサポートいたします
!!


ぜひお気軽にお問合せくださいませルンルン


お問い合わせはこちら → お問合せ
 
引き続きフォッシルスタイルをよろしくお願いしますキラキラ