AV女優桃井望変死事件 他殺か無理心中か、謎多き焼死体 | a.k.a.“工藤明男” プロデュース「不良の花道 ~ワルバナ~」運営事務局

■のどかな町で起きた変死事件、被害者は有名AV女優だった

2002年10月12日、長野県の中央部に位置する塩尻市で二人の若い男女の焼死体が発見され町は騒然となった。のどかな田園風景に囲まれた場所での事件である。

市内に流れる奈良井川の河川敷で車ごと焼かれ無残な遺体で発見されたのは、塩尻市に住む電気工見習い酒井宏樹さん(当時24歳)と東京中野区本町の会社員渡辺芳美さん(当時24歳)と判明した。渡辺芳美さんは「桃井望」という芸名で年間100本以上のAVに出演し、アイドル的な展開も始めようとしていたのでAVファンなら知らない人がいないほどの人気女優だった。それが事件を全国規模の話題へと発展させた。

事件は12年の年月を経った現在、多くの謎を残したまま、数ある未解決事件のひとつとして人々の記憶から薄れてしまっている。しかし、長い時間が経過して驚くべき事実が明らかになってきた。

事件当日の午後8時55分。通行人から奈良井川の河川敷で「乗用車が燃えている」と通報あった。駆けつけた消防車が火を消し止めたが、焼け朽ちた遺体が車内から発見された。死体は酒井さんだったが焼け方が激しく死因は不明。渡辺さんは車から10メートルほど離れた場所で、わき腹や背中など数箇所刺され焼かれた状態で見つかった。

この状況から、酒井さんが渡辺さんを殺害し焼身自殺を図った無理心中だと推測する人は多いだろう。警察も当初そのような見方だった。しかし、当時の二人の状況から遺族や周囲の友人たちは「絶対に自殺はありえない」と警察の捜査に疑問を持つようになる…。

桃井望①



■複雑に絡み合う二人の運命

まずは二人の歩みと出会いから説明していこう。二人は同じ駒ヶ根市(長野県)の赤穂高校の出身で酒井さんが一学年先輩であった。当時渡辺さんは酒井さんのことを知っていたが、酒井さんは渡辺さんのことを知らなかった。

渡辺さんは高校を卒業後、東京の短大に進学し父親の仕事の都合で家族も埼玉県に引っ越した。そこで栄養士の資格を取得すると、さらに上の資格を取るために専 門学校に進学する。同じ専門学校の男性と交際を始め、彼のアパートで半同棲生活をするようになる。専門学校卒業後は病院の食事を作る仕事に就き、今度は都 内に住む伊那市(長野県)出身の男性とつきあった。

その男性と別れてからは、駅でナンパされた男性についていくような女性になっていく。このころに性に対して奔放になっていったのではないだろうか。想像以上に病院での業務は厳しかったようで、1年で仕事を辞めてしまう。そんなときに新宿アルタ前でスカウトされAV業界入った。

酒井さんは高校を卒業後、伊那市内の大手家電メーカーの工場に職工として就職したが、2001年に会社の上司が独立すると、その上司が経営する塩尻市内の施工会社に転職する。同年、仕事の関係で実家のある伊那市より北に位置する塩尻市に引っ越した。

2001年の5月に共通の知人を通して二人は知り合い、交際が始まる。事件の2ヶ月ほど前から、東京に住む渡辺さんは頻繁に酒井さんの塩尻のアパートに通うようになった。しかし二人をめぐる人間関係は複雑で、渡辺さんには東京で同棲生活をしている別の男性がいたのだ。渡辺さんは友人に「東京で一緒に住んでいる人にバレたら怖いな」と語っていた。一方、酒井さんには3年程つきあっていた彼女がいたが、そのころに「お互いやりたいことがあるなら別れようよ」と言われ別れたところだった。

渡辺さんの同棲相手の男性は、「渡辺さんの家族とそういう話になっている」と事件については何も語っていない。渡辺さんの家族は、娘がAV女優だった引け目からか、事件から現在まで沈黙したままである。

桃井望②

<悲惨な事件が起きたすぐ横を流れる奈良井川(長野県松本市)>

■他殺なのか心中なのか初動捜査を誤った警察

「警察が宏樹の自殺の動機を捜しているとしか思えなかった」

酒井さんの親族はそう語っている。事情聴取に数回呼ばれた酒井さんの元彼女(前述)も、警察が心中だと考えているのがわかったと言う。その結果、塩尻署は無理心中と殺人事件の両方の可能性があると捜査していたが殺人事件としての捜査本部が設置される事はなかった。

酒井さんの両親はこれまで長野県警に殺人事件としての捜査本部設置を求める行政訴訟を起こすなど、真相解明を望んだが申請を却下された。担当弁護士は「警察は当初の発表にあるように男女の無理心中ということで現場保存がされていない。事件から1ヶ月経って酒井君のアパートを実況見分した形だけで、初動捜査をやらなかった事がここへ来て大きな問題になっていると思います」と主張している。依然捜査が進まないまま警察は無理心中と殺人の両面での 捜査を主張していた。

苦悩の末、両親は酒井さんが加入していた生命保険会社に対して保険金の支払いを求める民事裁判を起こした。2007年、「二人は第三者である何者かに殺されたと考えるのが自然」として、<自殺>と主張して保険金を払っていない保険会社に支払いを命じる判決を下した。司法の場で2人の死は紛れもない<他殺>と 認定された。

判決の通り、殺害現場の状況や二人の事件前の行動から見ても、無理心中とは思えない不自然な状況があまりに多い。次の項ではそれについて説明したい。

■右利きなのに凶器は左手に…あまりに多い不審点

第1に、遺体現場の車内の焼け跡からは、かろうじて焼け残った酒井さんの遺体の左手のあたりに凶器と見られる柄のない包丁が発見され、灯油タンクが現場に残っていた。警察はこの現場写真を酒井さんの元彼女に見せ、普段もその包丁を使っていたか聞いたが「それはわからないけれども、彼は右利きなので左手のあたりにあるのはおかしい」と答えたと言う。

酒井さんの部屋には彼が日常使用していた2本の包丁が残っており、車内にあった凶器と思われる包丁は外部から持ち込まれたものだった。灯油タンクはアパートに4個置いてあった。二人とも死亡時は裸足で、靴は酒井さんの自宅に残されていた。また酒井さんの自宅のパソコンがそのままつけっぱなしであった。

第2に、警察は事件から1年後に二人の死体解剖の結果を遺族に語った。警察は二人の肺の中からタバコ1服分(8ミリグラム)の煙が検出された、と告げる。ここからわかるのは死亡してから火をつけられた可能性の高さだ。多くの死体解剖を経験した著名な法医学者上野正彦氏も「データ上から二人は死後に焼かれた可能性が高い」という。

第3に、遺族の証言によると酒井さんの遺体の頭蓋骨にヘコミがあったと言う。また燃えた車のドアは全てロックされており、鍵は車内にあった。現場には血痕・指紋などが残っていなかった。

以上、無理心中ではありえそうにない事実が明るみに出る。

■死亡直前に撮られた無邪気に笑う二人の写真

次に事件当日(10月12日)の二人の行動を見ても、無理心中をするにしては不可解な点が多い。

当日酒井さんは体調不良で会社を休み、3日ほど前から訪れていた渡辺さんとともに自宅アパートで過ごしている。午後6時30分、酒井さんの親族との電話でも実家に帰ってくるか尋ねられると、普段と変わらない様子で「今日明日は忙しいから来週帰る」と話したという。

警察の報告によると車が出火した時刻が午後8時20分。その30分ほど前に酒井さんと電話で話した友人の下平氏は以下のように語った。

「午後7時53分に宏樹(酒井)君から電話があり、電話に出たがそのとき私が取り込んでいたのでまたかけなおす、と言って切ったんです、その後8時3分に電話をしたら通話中の音がしていた。別に取り乱している様子もなかった」

そして、死亡直前、二人で無邪気に笑う写真も残っている。

■不気味なメモ書きによって深まる謎

事件の1ヶ月後酒井さんのアパートの一室から不可解なメモや契約書が発見された。4枚のメモには意味不明な走り書きが残されていた。

三角形を作る丸で囲まれた「サ」「車」「客」の文字。

「サ」 は酒井さんの頭文字を連想させるが、矢印の横には値段らしき数字が書かれている。複数の友人の証言から、酒井さんは電気工見習いという本業以外に中古車を扱うサイドビジネスをしていたことが明らかになった。そしてこの中古車を巡るサイドビジネスで金銭トラブルがあったという。

「その仕事を一緒にやっている人が失敗して大きなお金を損したと聞きました。150万円も損したと言っていました」(友人A)

「宏樹(酒井)君の名義で会社がお金を借りていて返す期限が過ぎても会社が払ってくれないから催促の電話が掛かってくると話していた」(友人B)

そして事件後発見された借用書には、両親も友人も知らない人物の名前が書かれており80万円ものお金を貸していた。返済期限は酒井さんが亡くなる10日ほど前だった。酒井さんの親族は「誰に貸したか分からない、聞いたこともないし初めて証書を見て、どこにそんなお金があったのか、いつもお金が無くてピー ピー言っていたのに」と驚いていたという。

酒井さんの周囲で相次ぐ金銭トラブル、謎のメモは事件とは無関係なのだろうか。

■事件の重要なカギを握る酒井さんの隣人M氏

事件から5年後、部屋から発見された「謎のメモ」について新たな事実が明らかになっている。ある酒井さんの親族の情報によると、例のメモ書きは酒井さんのアパートの隣の部屋に住んでいた人物の筆跡と一致すると警察が言っていたそうだ。

酒井さんの隣人は現在、40代前半の男性でM氏という。当時4人家族だったM氏は酒井さんと親しくしていて、お互いの家を行き来するほどだった。そしてM氏はインターネットを使ったネットワークビジネスにも酒井さんを誘った事があり、どうやらそこでトラブルがあったという。

事件のわずか10日前に酒井さんとお金をめぐってもめていたというM氏。そして事件から4年後、M氏から酒井さんの親族の元に1通の手紙が届く。その内容は非常に不可解なものだったという。

「13日に警察署に私が伺い、警察が私にしか分からない事を聞き全てを終わりにしたいと言ったそうですが、彼の事で言いたくないようなことも全て話してありますし、私自身も全てを話してあるのに、今になって私にしか分からない事がある、それを質疑応答することで終わりにするという事にも納得がいきません」(M氏 の手紙)。

M氏はさらに事件を混乱させる不可解な行動を取っていた事がわかる。事件当日のアリバイ偽装をしていたのだという。

「そうですね、事細かく言われましたね、7時だか8時だかに帰ってきたことにして、9時ごろに一緒に店に行った事にしてくれと言われて、途中なんだっけなー、 財布だか何だか忘れて俺は1回帰ったことにしてそれで後で落ち合ったことにしてくれと言ってましたね」(M氏の知人)。

M 氏は友人に嘘の証言を頼み当日のアリバイを作った。この知人が実際にM氏と店で会った時刻は午後10時半すぎなので、警察が酒井さんの車が出火した時刻と している午後8時20分時点でのM氏のアリバイは不明だ。加えて印象的で不審な点があったと、知人はこの日M氏について語る。

「服装が朝は白のポロシャツに白いカーディガンだったが夜会った時は緑のTシャツに変わっていた」

さらにM氏と事件後に同居していたという人物ともコンタクトが取れた。M氏は事件についてある告白をされていたという。

「どうしても話しておきたいことがある『事件のことで警察から容疑者扱いされている。15年ぐらいは身を隠せばもう安心だからとも言っていた』といっていた。アリバイはあるが身内の証言なので立証できないと」(同居していた人物)

M氏はこの元同居人に多額の借金を背負わせると行方をくらましてしまった。借金の大半を占めているのが、やはり中古車がらみの売買によるものらしいのだ。M 氏の周辺で浮上する中古車売買を巡る証言の数々、亡くなった酒井さんとの不気味な関係、警察は事件の重要なカギを握る存在としてM氏の行方を追っていた。

「(警察は)これだけ逃げているから容疑者としての扱いをしなくてはいけない、でも証拠が無いから公開捜査できない、だから私の方から被害届を出してくれと言われて、私の被害届は補助的なものでどうしてもその件で本人を確保できない時に、私の方を名目にして身柄を確保すると…」(同上)

M氏が身を隠す本当の理由とは何か。ある情報を元にM氏の行方を追った。そしてついに彼とコンタクトを取る事ができた。

■M氏のアリバイ偽装と逃亡生活

頑なに取材を拒んでいたM氏だったが、自らの言い分を主張することを理由にこれまでの疑念について語り始めた。事件当日、M氏は朝から松本市のパチンコ店に行き、午後1時ごろから移動して長野市内の風俗店に行ったという。9時半ころには塩尻の自宅に戻ったが、M氏は当時結婚していたので、風俗店に行った事が 妻にばれるのを恐れてアリバイ偽装をしたと主張している。

これだけの理由で現在まで偽名を使ってまで逃げるように生活をしなければならないのかは疑問が残る。さらに亡くなった酒井さんとのサイドビジネスについてM氏は意外な証言をした。謎のメモについてM氏は自ら書いたことを告白し上で、中古車をめぐるサイドビジネスについてM氏は「酒井君は関わりがなかった」と 完全に否定。

しかし、多くの友人・知人が中古車販売のサイドビジネスについての仕事内容を酒井さん本人の口から聞いている。車の売買で収入があった話のみならず、インターネットを使ったサイドビジネスにも関わって結局はたち切れになってしまった話も出た。酒井さんがそのような嘘をつく理由は今のところ想像できない。

金銭のトラブルなどなかったとM氏は主張したが、この仕事をM氏や酒井さんと共に行う予定だった人物は当時の状況について次のように語っている。

「酒井君は、最初は信頼している隣のお兄ちゃんと呼んでいた。でもだんだん信用できない様子に変わっていった。」

M氏の主張は数々の証言とあまりに食い違う。そこにどのような思惑があるのかは本人にしかわからない。

「わかることがあれば当然取り調べで僕から話していると思うし、僕からこれ以上、話すことはない」

事件の発生から12年経った今も謎は散らかったままで全貌はいまだに見えてこない。それどころか新事実が発覚するたびに謎は深まっていく。このまま風化してしまう前に警察には解決をしてもらいたい。それが友人や遺族、何よりも亡くなった二人の願いだろう。

(取材・文 「桃井望事件を忘れない」特別取材チーム)



破戒の連鎖 ~いびつな絆が生まれた時代





いびつな絆 関東連合の真実